消毒や確認の過剰行為で困ったらあえて気持ち悪い状態のまま進んでみるのもひとつの方法

・あなたは過剰な行動嗜癖に悩まされていませんか?

あなたは手指の消毒や鍵の施錠確認などを過剰に繰り返して時間とエネルギーを消耗
して疲労困憊していませんか?

 

ご自身の意志のみの力でコントロールしてなんとな日常生活を送りたいというあなた
様に対処方法をこの記事でまとめていきたいと思います。

 

逆に自らの意志でコントロールするのが辛く、何度も失敗していてる場合の方はお読
みいただかない方がいいでしょう。この記事を参考にしてみていただければと思いま
す。

 

・結局のところ何回消毒しても確認しても変わらないし安心感なんて得られない!

過剰なまでの手指の消毒行為や鍵の施錠確認などを何回繰り返してもキレイになった
気がしない、きちんと閉まってる気がしないと安心感を得られないのでこれらの行為
に膨大な時間とエネルギーを費やして極度の疲労に陥るのですが…

 

何度やっても安心感が得られないのはキレイにするという目的と鍵を閉めるという目的
がすり替わっているからです。

 

何度も過剰に行動することで安心感を得るという目的に無意識のうち擦り込まれてしま
っているからです。

 

そして、手指を消毒している時や鍵のかけてドアノブをガチャガチャと引っ張って確認
している時間にあなたは何を考えていますでしょうか?

 

この間は恐らく、

 

私はHIVや肝炎ウイルスに侵されてしまったかも?!、さっき道に落ちていた絆創膏は
私の皮膚に付着したかも知れない?!…

 

空き巣にに入られるのではないか?!、隣の人は怪しい泥棒するかも知れない?!、
マンションの管理人は何かいい陰湿な感じで私が外出中に部屋に侵入するかも知れない?!、
さっきのガスの点検業者はバールのようなものを持っていたのでこれで鍵をこじ開けら
れるたらどうしよう…

 

さまざまな不安と心配という思考の嵐に襲われてしまいます。

 

なので消毒や確認をしている間はこのような種の思考や感情で常にオーバーフローして
いることでしょう。

 

だから感情のバランスととるために過剰なまでに同じ行動をを繰り替えてしてしまうの
と思います。

 

そして、肝心の手指をキレイにするということと、鍵が閉まっているということは
なおざりになってしまっているでしょう。それは思考や感情に気を取られてしまっ
ていてリアルの世界から切り離されてしまっているからです。

 

消毒や確認の最中に一瞬我に返ったとしてもものすごい勢いで次々とイヤな感情と思考
が襲ってきてしまうので事実確認することが難しくなると思います。

 

そして一瞬我に返ったときにはスッと消毒やドアノブという確認をするための感覚を
瞬間的に感じることもあるかも知れませんが、すぐに思考や感情モードに切り替わる
ってしまうことでしょう。

 

そしてこのスパイラルに嵌るので手指がキレイになった、鍵が施錠できたということ
を正常に認識できないとおみます。

 

でも同じ行動をすればするほど頭はぼんやりとしてきてしまいますね。

 

ぼんやりする前にすでに手指はガサガサになり皮がむけていたり、ドアノブが壊れか
かっていたりということもあるでしょう。

 

人間には感情のピークと終わりのことしか覚えていないという経済学的な文献があり
ます。

 

なので、過剰に行動を繰り返せば繰り返すほどに行動を抑制することが難しくなり
ます。

 

気持ちの上での付き合い方としては襲ってくる思考や感情に対して如何に意味を持た
せない
ことです。

 

 

もうすでに、思考の歪みから間違った認識を自分自身で潜在意識に植え付けて洗脳
させてしまっている場合であってもどこかでおかしいと感じているはずなので、思
い切って行動をしないと決めることもときに必要だと思います。

 

・あなたに合ってるのはどっち?2つの方法!自分に合った方法を選ぶといい

前述したようにこの記事では自らの意志で過剰な行動をコントロールする方法をご案内
すると書きました。

 

この頁では具体的な方法を2つ挙げていきます。

 

この記事では手指の消毒と鍵の施錠確認ついてい挙げているのでこれらを扱った
具体的なコントロール方法を取り上げます。

 

※手指が汚れている気がする、鍵がかかっているのか不安だという場合


 

後者は外出するときですが、前者はどのようなときに感じますでしょうか?

 

各々置かれてる状況が違うのでご自身を振り返ってみていただきたと思いますが
例としてひとつ挙げると、

 

仕事で書類の整理中にわずかな紙粉のような物が手についた気がするからという
ことで消毒行為が過剰になった場合は今は書類整理だからこれが終わったら消毒
しようという気持ちの持ち方です。

 

我慢するのではなく、今すべきことに意識を向けて取り敢えずすべきことをする
というスタンスです。

 

後者の外出時の鍵の施錠確認に関しては少し難しいですが、敢えて確認できない
ような状況を作ります。

 

これを逃したら遅刻するという最後の電車に合わせて家を出ます。
なので鍵の確認はしたけど不安だけど、遅刻するから行こうとい
うふに出発するのです。

 

 

  
次は消毒行為や鍵の施錠確認を強制的に断ち切る方法です。

 

すごくきついですが、例えば極端な話ですがトイレに行って手を洗わないという
ことを課したり、鍵をかけるけど確認しないなどを決めて挑むという方法です。

 

相当な苦痛を生じるので向き不向きがありますが、トイレに行って手を洗わない
ということができるとおそらくほとんどの汚れが気にならなくなるはずです。

 

あなたのできる範囲で一度試してみてもいいと思いますが、相当な覚悟が必要
です。

 

・私は消毒や確認をせずそのまま放っておくというスタンスが向いている

私が消毒や確認壁の対応に関してはなるべくその状況で使い分けています。

 

消毒に関して例えばコンビニで買い物をするのに、コンビニスタッフがレジ
カウンター付近を掃除していたときなどです。

 

スタッフにもよると思うのですが、この程度ではほとんどの人は客とのやり取り
で消毒しません。

 

しかし、金銭の授受をして何となく気持ちが悪いと思うのですがこういうときには
抽象的な思考なのでとりあえず後であそこのビルに設置してあるエタノールで消毒
しようというふうに考えます。

 

逆に強制的に消毒しないと決めると、したくなるので私の場合は強制する方法は
向いていません。

 

人間〇〇してはいけないという強制力があると〇〇したくなるという性質もある
ので抗ったやり方は本来向いていないのでしょう?!

 

また私の場合気分で動くということもあるので、調子のいい日悪いで大きく左右
されます。人間誰でも常に合理的に動けるものではありませんが、気分に左右さ
れずに行動するというのは私の目標でもあります。