記憶は常に曖昧な物と認識するのがいい!急いでるときだけ行動に目的と意味を持たせひとつ一つの営みを意識して行う

・頭の中はいつもモヤモヤで霧がかかっていてスッキリとしないことに自分を責めていませんか?

人の記憶というのは常に曖昧なものです。しかも時間の経過とともにどんどん不確かな
情報となります。頭の断片になんとなくこんなイメージだったと残っているぐらいなの
が一般的だと思います。

 

頭の中での確認や鍵の施錠などの確認行動で悩まれていたら、このような認識を持つこ
とも大事だと思います。

 

何度も浮かぶ抽象的なイヤ感情や思考は刹那的に襲ってくるものでもそのときの詳細まで
は時間とともに忘れていきます。そして最終的に行きつくのは自身がもっとも恐れている
感情やや考えとその周辺情報に派生する思考に帰結するはずです。

 

あなたは、瞬間、瞬間で襲ってくる刹那的な1日に6~7万回襲ってくる思考を逐一覚えて
いますでしょうか?

 

そんな人は恐らくいないはずです!

 

ましては意味を持たすことができない、次々に襲ってくるものを生きてる限りそのまま頭
にインストールするようなものですから。フリーズしてしまいます。

 

この記事では結局のところ時間とエネルギーを使い最後は堂々巡りになり疲労するのが
オチであるから、少しラク生きる心構えをお伝えいたします。

 

・日常のリアルなことは目的と意味をもたらすことが重要、イヤな思考や感情は意味を持たせず不安を抑制するための行動を行わない

日常生活でガスの元栓を閉める、電気やエアコンの電源を切る、鍵の施錠などの意味が
あり目的のある営みです。

 

ここはシンプルに五感を使って確認する、精神の安定のためではなく事実に基づいた
行動を意識して着手するということ意識していただければ時間はかかっても繰り返し
の確認行動は減っていくはずです。

 

しかし、日常生活で次々に襲ってくる頭の中だけで起こる妄想のような感情や思考に
関しては抽象的なことが多いはずです。

 

しかし、困ったことに抽象的なことを具体的に意味を持たせて解釈する傾向がある
私を含める神経質気質な人はこの時点で無意識に反復を行っていることが多いと思
います。

 

なので、抽象的に不安や心配はじめイヤな感情や思考の嵐に襲われたら無理に具体的
なことに帰結しようとせず、不安を打ち消すような行動は行わない方がいいはずです。

 

下手に意味を持たせるとそのまま記憶に定着しやすくなてしまうからです。

 

・エビングハウスの忘却曲線を敢えて使うと記憶は薄くなる!

エビングハウスの忘却曲線というのをあなたも一度は聴いたことがあると思います。

 

簡単に概要を紹介すると人は記憶したものは時間の経過とともに忘れていくことを
%で示したものです。

 

ヘルマンエビングハウスという心理学者が自ら意味の持たない 
「子音」「母音」「子音」の組み合わせてどのぐらいの覚
えているかということをやったそうです。

 

20分後には42%、1時間後には56%は忘れてるという結果が出たようです。

先述したようにこれは意味のない子音と母音の組み合わせで、
「kar」「tis」「foh」このような物を覚えたようです。

 

私たちを襲ってくる抽象的なイヤ思考も最初はなんとなくこのような意味を持た
ない羅列なはずです。

 

しかし、ここで意味を持たせて具体的なことに結び付けて自分の恐れてることに帰結
して具体的なことに導いてしまう傾向があるので抽象的なままにしておくことが大事
だと思います。

 

そして、このヒントになるのがエビングハウスの忘却曲線というわけです。

 

何か不安や心配という種のイヤな思考モードに入り始めたら、あらかじめ決めておいた
「子音」「母音」「子音」の羅列だけでを思い浮かべて意識をリアルな世界に戻す
というトレーニングするのもひとつの方法だと思います。

 

・私がエビングハウスの忘却曲線を意識してみて感じたこと

私も常々悩んでいます。どんな方法も万能ではありませんが、イヤ思考に入ったときに
意味を持たせずに今自分のすべきことに着手するようにこころがけていると確かに1時
間が過ぎたころにはほとんど忘れている気がします。

 

逆に覚えているときは、モヤモヤ悶々として日常生活がスムーズに回ってないときです。
それだけすべきことに集中できてないというこです。

 

そういうときは仕事の流れが悪かったり捗らなかったりすることが非常に多いものです。
本来なら10分でできることが1時間やそれ以上の時間を費やし且つエネルギーも消耗
してしまっているのです。

 

このエネルギーも建設的な営みによる消耗で疲労するならいいのですが、悶々とわかない
ことに悩んでる時間が多いのでエネルギーの消耗もフワフワと浮遊している感じで中途半
端なことが多いので睡眠にも影響が出てしまいます。

 

もちろんいやな感情に反応して精神の安定を図ろうという営みをしないと気持ち
悪いのはわかります。

 

しかし、思い出していただきたいのですが、意味を持たせなければ工夫さえすれば
(子音、母音、子音に置き換える)1時間後には56%忘れるのです。さらに時間が
経てばこの%は高くなります。

 

ということはイヤな思考モードによる不安や心配という感情も何かほかのすべきことに
着手すると緩和されるということです。

 

逆に言うと何かすべき必要な事をやり続ける方が、イヤな思考モードに襲われる時間を
減らすことができます。

 

もちろん、家の環境を整えたり着手しやるい環境にしていく工夫は必要ですが。

 

あなたのケースで使える状況ではエビングハウスの逆説的な方法を取り入れてみるのも
いいと思います。