放屁をすると漏れたのではないか?という観念にかられることはないですか?漏れてなくても放屁だけでも大腸菌が数万種も放出されている!

・あなたは放屁で漏れてたのではないかという不安に囚われることはないでしょうか?

放屁をして大便が漏れたのではないかという放屁がトリガーになる漏れてしまった
のではないかという恐怖に陥ってしまうとことはありませんか?

 

 

あれ、プゥ~、プス~という場合のときって実も一緒に出てしまうような感覚に陥り
やすいですね。

 

 

神経質気質で潔癖傾向が強い人だとこれを見抜くことは大変です!
実際に放屁するときの感覚が排便するときと似ているからです。

 

 

意識的に放屁(出てしまうときもありますが)してるので失便してしまったという
感覚の判断が難しいのです。

 

 

さらにここに感覚過敏があると余計にわからなくなります。

 

大変汚い話で恐縮ですが、服の上から肛門付近を触って確認しても、温度や湿度が
高いと汗もかいていたりすると観念を暴走させ、またそこから更に色んな観念を派
生させる原因になります。

 

 

特に梅雨時で外出中に人と一緒に過ごす予定があると、服の上から漏れ確認をする
ことことなんてできませんから。自分の家で漏れの確認するときは人に見られない
のはいいのですが、潔癖があると気持ち悪いです。

 

 

もちろん、漏れの確認をしたら手を洗い、これは替えた方がいいという気分のとき
は下着とそのときに履いていたパンツを洗いますが。

 

しかし、外出中だと気持ちの悪いまま仕事だったり、学校だったり過ごさな
ければいけなくなります。

 

 

営業先や取引先の人に「コイツ屁こきあがったな…」なんて思われてるんじゃな
いかと思い込んでしまい話も上の空になってしまいかねませんね。

 

 

でも最低限人といるときは、フランクな関係じゃない限りトイレに行ってきます
とも言えずにやはりその場を乗り切らなければいけなくなります。

 

こういうときは結局この時間を存分に感じて過ごすしかないでしょう!!!

 

でも、この時間を少しでもラクに過ごすために知っておいても損がないことお知ら
せします。

 

放屁して失便しなくても数千~数万種類の大腸菌が排泄されているという事実です!
大便の微粒子も一緒に排泄されています。

 

 

大便の微粒子ということはこれが増えれば肌着に大便がべっとりついている
という状態にならないでしょうか?

 

 

もちろん気分の問題なので失便の有無に関わらず、漏れていなくても気になるし、
漏れているとさらにパニックに陥ると思います。

 

 

その上でパニックに陥ったときに放屁で数千~数万種類の大腸菌が排泄されていて
大便の微粒子も一緒に出てるというイメージしてみていただきたいです。

 

 

気持ちが悪い話ですが、このようにとらえれば少しは気持ちも紛れるかもしれません。

 

 

この記事では下品で汚い表現を含みますので、気持ち悪くなると思う方はこれより先
は読んでいただかない方がいいでしょう。そしてすでにこの章だけで気持ち悪いと感
じられたらお許しください。

・放屁は生理現象!器質的異常がないのに腹痛が慢性化したり下痢をよくするなら心理的なものが影響してる可能性が高い

放屁は誰でも出るものなのですが、いつも異常にお腹が張っていて重い、腹痛がある
場合は心理的な物が影響している可能性が高いですが。

 

 

そういう場合には一度胃腸科などで検査をしてみるのが無難です。
そして、ここから先は特に胃腸に問題がないという前提で話を進めていきます。

 

ストレス、イライラ、不眠などが続くと自律神経という原則自らの意志でコントロール
できない体温等を調整するような精密なエリアで交感神経という神経が優位にはたらき
やすくなります。

 

交感神経とはアドレナリンのイメージを持っていただければいいでしょう。
闘争ホルモンなどと言われていると思います。

 

朝起きて、仕事や学校に行くときは活動的なモードになり交感神経が優位になります。
しかし、ストレスがあり体に負荷がかかりすぎていると夜寝る前でもほとんど交感神経
が優位になりっぱなしの状態のこともあります。

 

 

通常夕方から夜にかけてはだんだん副交感神経というリラックスモードの神経
が優位になります。

 

 

こういう状態が続くと自律神経失調症というのにかかりやすくなったりします。

 

 

少し話がずれましたが。放屁の問題に関連するので書かせていただきました。

 

 

胃腸に問題がなく腹痛や下痢、放屁もひどいとなればメンタル的な問題から腸が刺激され
て下痢という症状が起こってるかも知れません。

 

 

負荷のかかりやすい性格だったり、仕事のストレスやプレッシャーが多かったり
するとかかりやすくなります。

 

 

現代人はストレスを抱えていますのでこういう方が増えているようです。

 

 

胃腸科や消化器内科で異常がなく、食事や睡眠等生活習慣を見直した上でも改善が
なければ。精神科や心療内科で相談されるのもひとつの方法だと思います。

 

 

しっかりとメンタル面をセルフケアしたり職場での人付き合いなどの考え方を学ぶ
などすれば軽減されて悩まなくなるかも知れません?!

 

 

神経質傾向のない人でも放屁をすることで漏れたのではという恐怖が長引けば思考の
クセで生きづらくなる可能性もあるので気をつけたいところです。

・放屁とおならには違いがある、くだらないけどどうせならおならをした方がいいワケ?

放屁は音のでない屁で、スカしっ屁

おならとは音が出る屁

 

と言われています。

 

 

感覚的な問題もあると思いますが、放屁をしたときに漏れてなくても漏れたの
ではと思うことがほとんどではないでしょうか?

 

 

そしておならだと漏れたという感覚はあまりないと思います。

 

 

先述したように放屁でもおならでも結局数千~数万種類の大腸菌が排泄される。
つまり、微粒子が下着につくので放屁で漏れていなくても厳密には漏れている
ということになるとイメージすることで少しだけラクになるはずです。

 

 

あとは可能な限り食事、睡眠などの生活習慣を整えてことで腸の調子も期待で
きます。