過剰な確認行為、不潔に対する恐怖、縁起を担ぐためにするための行為や感情を持って疲労と戦いながら仕事と両立することはできるのか?

・神経過敏な敏感タイプのあなたは仕事でご自身の特性を生かせずに悩んでいませんか?

朝から取引先に渡す資料の確認や縁起を担ぐために4、9、13階でのエレベーター
での乗降ができない、トイレに行くと手洗いで時間がかかりすぎる…

 

 

また、これらが複合しているこれら以外にも様々なことにエネルギーを消耗してしまい、
いつも朝からぐたぐたになって、朝というより慢性化していて極度の疲労でずっと悩ま
されているということはないでしょうか?

 

 

もちろん個々によって反応するものがまったく違うのですが。

 

神経質気質の傾向が強いと就労はハードルが高いのは確かですが、働いている人もいる
のは真実です。

 

 

また極度の神経質であっても職種によっては支障がない物のありますが、結局のところ何
にあなたが反応して生活に支障があるのかをよく把握してその上でどんな職種なら出来そ
うかを精査すれば探しやすくなるでしょう。

 

 

例えば、営業職に就こうと思っているけど、車で轢いてしまったのではないかという危害
を他者に加えてしまったのではないかという観念が強いタイプの人は今の段階では、車を
使っての営業は不可能と言えると思います。

 

ただ、最終的には本人の問題であり危害を加えたのではないか?という観念がありながら
も轢いたり、事故を起こしてないかの確認の行為をしないようにトレーニングして働いて
いる人もいます。

 

 

これには自分の目的や目標があり、今後どうなりたいのかというイメージをしっかり描か
れなければ挫折する人も多いです。

 

 

仕事と自分の気質とをうまく折り合いをつけることが仕事と両立ができると言えるでしょう!

事項からはこれらの神経質における仕事の付き合い方を詳しく述べます。

 

・なんで?神経過敏タイプで生きづさを抱えていても働ける人と休職する人がいるのか?

神経質な気質があり働ける人と働くことができない人がいるのは個々の抱えてる症状と
職種が合うか合わないかによるからです。

 

 

前項では車での例をあげましたので、イメージしていただけたかと思いますが、
よりわかりやすくするために更にこの例を掘り下げてみましょう。

 

 

営業職で車の運転で轢いたのではないかという観念で悩まされている場合は基本的
にはこの車を使った営業は向きませんが、不潔に対する恐れの人だと会社の車で自
分が乗るときはハンドルを消毒したり、シートをファブリーズすることがあるかも
知れませんがその一連の行為をすれば車での営業は成立するでしょう。

 

 

逆も然りです。

 

 

不潔に嫌悪感のある場合トイレの清掃員はできないですが、車での轢いてしっまた
のではという観念のみ人だとこの職種は適応になるはずです。

 

 

しかし、今陥ってる状態で抗って今抱えてる問題をなおざりにしてる場合、つまり
自分の状態と職種が求めているもがマッチしない場合は休職、療養が必要になると
思います。

・第三者の客観的な視点と各々の状態の程度で労働適応の可否は決まってくる

いくら自分自身が働けると思っていても職場が求めてるスキルに自分の神経質が
起因することで業務に支障が出る場合は本人がマッチしていると思っていても第
三者の視点によっては不適応になるケースもありますね。

 

 

これは自分の特性をしっかりと理解して社会と自分の交じ合いすり合わせできる
ところを探すことで思い違いを解決することはある程度できます。

 

 

自己探求の意味も込めて紙に好きなことや嫌いなことなどを書き留めてみて
トレーニングしてみると出てくると思います。

・神経過敏な私がPCテクニカルのコールセンターオペレーターで感じたこと

私は物事の確認、汚いと思う物への嫌悪感などはじめいろんなところで神経質
な気質を発揮してしまいます。そういう意味で神経質の総合商社?とでも言っ
たところだと思います。

 

昔PCテクニカルサポートのオペレーターをしていたのですが、朝出勤すれば
キーボード、マウスの消毒からはじまり、オペレターなので顧客とのやりとり
の履歴をPCで入力する際にちゃんと書けたのかという確認に結構時間を費や
していました。

 

 

結局6カ月働きましたが、振り返るとストレスで悪化したのではないかと感じ
ています。

 

 

先述したことに強く反応するあまりに生きずらさを抱えてさらに電話対応のた
めストレスを抱えやすいという環境が神経質気質全般を助長したと思います。

 

 

因みに膨大な数の顧客情報を扱っているような通信会社だとセキュリティは厳
しくカードキーで入退室はもちろん、財布などの貴重品はクリアケースに入れ
て入退室時に委託の警備員にチェックされます。

 

 

このような環境なので、マイキーボードやマイマウス何てのはここの職場では
持ち込むことはできませんでした。

・自分の気質をどのように捉えられるかの素地を養う方がいいワケとは?

自分がどのような種の観念、気質が派生することで何に囚われているのかは客
観的に観るトレーニングも必要です。

 

 

しかし、観念などの渦中にいる本人にとってはそんな余裕はないのである種の不安
とパニックに陥り神経質モードに入ってることを見抜けないことが多いと思います。

 

そして見抜くことが非常に難しく、見抜けても確認などの行動を止めるということも
未だに難しく感じています。

 

 

しかし、このような状況でもなんかおかしいと頭の片隅では感じているはずです。
このわずかな感じを感じ取って行動をしないということを意識することはできる
はずです。もちろんイヤな思いはしますが。

 

 

でも続けていくと自分自身が現在抱えてることにフォーカスしてトライ&エラーを
重ねて行くことで時間はかかりますが、自分の本質をわかってくるでしょう。

 

 

そうすることで自分がどんな仕事に向いているか分析することもできるよう
になると思っています。

イヤな観念から派生する心配や不安は思い込みの方が多く不都合なことは起こらない可能性が高い気がして、ふと思うときの直観などは現実に起こることが多い気がする。

・あなたは勝手思い浮かぶイヤな観念とふと思うときのことを区別していますか?

抽象的且つ各々の感受性や捉え方によるので難しいのですが、私も最近少しこの区別が
できようになった?気がします。といってもほんと少しだけで、観念なのかどうか不安
におののくことは未だに変わりませんが。

 

 

筆舌に尽くし難いですが、観念から派生する種の感情は恐怖が凄まじいですよね!
ふと思うときは何となく恐怖というのはあまりないような感じがするのです。
あまりないというより恐怖という感情はないと思います。

 

 

何となくそう思うとしか書けないのですが…

 

 

先への不安や心配事は枚挙に暇がないのですが、直観を信じてみるのも生きるヒントに
なるかも知れません!?

 

 

こんなことを書くとスピリチュアル寄りの人間に思われそうですが私は無神論者です。

 

 

あなたも私と同じようなことで、悩むことがあれば参考にしていただければと思います。
事項からはさらにオカルト?と思うよう内容も出てきますので、この手の話が嫌いは方
はこれより先はお読みいただかない方がいいかも知れません。

・物事をどう捉えるのか?最後は自分自身を信じるしかない!

不安や心配、イヤなイメージから派生する観念でも自分自身にとって不都合なことは
とにかく抗えば抗うほど勢力を増して、私たちに恐ろしいことを囁いてきます。

 

 

そして、それに反応した私たちは縁起を担ぐために、この囁きのときはここの道の
このタイルを左右同時に踏んで打ち消すという行為をすることで一時の不安を消し
たり、消毒したり、繰り返し行動をして安心を得ようとします。

 

 

しかし、これらをいくらやっても一時の安心感しか得ることができませんね。
そして、安心してもすぐにまた別の形でイヤな囁きが聞こえてくるのでやはり
きりがないのです。

 

 

また、ご存じのように何か行動をすればするほどひどくなりますね。

 

 

当たり前の話ですが最終的に、守ってくれるのも助けてくれるのも自分自身なのです。
変な言い方ですが、自分の魂を信じるしかないということだと思います。

 

なので、たまには直観で物事を感じ取るということも必要なのかとも思うのです。

・シンクロニシティというのは本当にあるのか?

あなたも一度はシンクロニシティという言葉を聞いたことがあると思いますが…
心理学者のカールグスタフユングが提唱した概念で、「意味のある偶然の一致」など
と言われています。

 

 

例えば、何年も会ってないある人のことを考えていたら偶然で遭遇した、自分が思い出せ
なくて考えたり悩んでいたりしたときに、あるカフェに入ったときに偶然他の客同士がそ
の内容のことを話していて、思い出すことができた、これが食べたいと思っていたら偶然
に知人にお土産として貰った…etc

 

 

いろんケースがあると思いますが、シンクロニシティ理論をを研究してる人も世の中にた
くさんいますが、一般の人は言語では説明ができずこれを超越して起こる何か不思議なこ
とと捉えることが多いと思います。

 

 

そして、一般の多くの人はこれを心理的な事柄と物理的な事柄を超神秘的な事柄として
結びつけるようです。

 

 

前述のように私は無神論者なのでこのようなことはわかならいのです。

 

 

ただ、このような現象を体験してモヤモヤと囚われたり、不安や心配、恐怖などから派生
する様々なイヤなイメージや観念などに支配されなければこのような言語で説明できない
ことは何か生きる上でヒントがあるのかも知れない?と思います。

・前の週にあるホテルのHPを何気に見ているとその次の週にそのホテル泊まることになった件について

私には目標にしているあることがありまして、その繋がりで私は近い将来(来年か再来年)
あたりにはこのホテルに泊まるのかなということを思ってHPを見ていました。

 

 

これは先月のある週でしたが、なんとその次の週にそのホテルに泊まることになったの
です。

 

 

それは日本国内なのですが、私の場合東京に住んでいるのでそこへ行くにはほとんどの場合
飛行機で移動しなければ行かない場所です。

 

 

偶然と言えば偶然なのかも知れませんが、事前にHPで見たホテルの客室紹介動画の眺望も
だいたい同じような位置だったのでん?と思ったのです。

 

 

これは言語化できませんが前述したシンクロニシティ?のようなものなのかな?
と捉えることもできますが…

 

 

あなたもこのような体験はないでしょうか?私はこの件について普段の不安や心配、恐怖、
イヤなイメージや観念というのにもあまり感じなかったのですが。

 

 

ただやはり不思議だなという感じはあります。何か生きていくためのヒントが隠させている
かはどうかはわかりませんが。

 

 

最後は自分でどう解釈するのかということに尽きるのだと思いますが…

 

 

この記事は自分自身書いていてもまとまりがなく不思議な感じで、何を書きたいのかも私
自身もよくわかってません。様々なことに支配させていたり、悩まされている神経質気質
のあなたの参考になるのかわかりませんが、参考になれば幸いです。

放屁をすると漏れたのではないか?という観念にかられることはないですか?漏れてなくても放屁だけでも大腸菌が数万種も放出されている!

・あなたは放屁で漏れてたのではないかという不安に囚われることはないでしょうか?

放屁をして大便が漏れたのではないかという放屁がトリガーになる漏れてしまった
のではないかという恐怖に陥ってしまうとことはありませんか?

 

 

あれ、プゥ~、プス~という場合のときって実も一緒に出てしまうような感覚に陥り
やすいですね。

 

 

神経質気質で潔癖傾向が強い人だとこれを見抜くことは大変です!
実際に放屁するときの感覚が排便するときと似ているからです。

 

 

意識的に放屁(出てしまうときもありますが)してるので失便してしまったという
感覚の判断が難しいのです。

 

 

さらにここに感覚過敏があると余計にわからなくなります。

 

大変汚い話で恐縮ですが、服の上から肛門付近を触って確認しても、温度や湿度が
高いと汗もかいていたりすると観念を暴走させ、またそこから更に色んな観念を派
生させる原因になります。

 

 

特に梅雨時で外出中に人と一緒に過ごす予定があると、服の上から漏れ確認をする
ことことなんてできませんから。自分の家で漏れの確認するときは人に見られない
のはいいのですが、潔癖があると気持ち悪いです。

 

 

もちろん、漏れの確認をしたら手を洗い、これは替えた方がいいという気分のとき
は下着とそのときに履いていたパンツを洗いますが。

 

しかし、外出中だと気持ちの悪いまま仕事だったり、学校だったり過ごさな
ければいけなくなります。

 

 

営業先や取引先の人に「コイツ屁こきあがったな…」なんて思われてるんじゃな
いかと思い込んでしまい話も上の空になってしまいかねませんね。

 

 

でも最低限人といるときは、フランクな関係じゃない限りトイレに行ってきます
とも言えずにやはりその場を乗り切らなければいけなくなります。

 

こういうときは結局この時間を存分に感じて過ごすしかないでしょう!!!

 

でも、この時間を少しでもラクに過ごすために知っておいても損がないことお知ら
せします。

 

放屁して失便しなくても数千~数万種類の大腸菌が排泄されているという事実です!
大便の微粒子も一緒に排泄されています。

 

 

大便の微粒子ということはこれが増えれば肌着に大便がべっとりついている
という状態にならないでしょうか?

 

 

もちろん気分の問題なので失便の有無に関わらず、漏れていなくても気になるし、
漏れているとさらにパニックに陥ると思います。

 

 

その上でパニックに陥ったときに放屁で数千~数万種類の大腸菌が排泄されていて
大便の微粒子も一緒に出てるというイメージしてみていただきたいです。

 

 

気持ちが悪い話ですが、このようにとらえれば少しは気持ちも紛れるかもしれません。

 

 

この記事では下品で汚い表現を含みますので、気持ち悪くなると思う方はこれより先
は読んでいただかない方がいいでしょう。そしてすでにこの章だけで気持ち悪いと感
じられたらお許しください。

・放屁は生理現象!器質的異常がないのに腹痛が慢性化したり下痢をよくするなら心理的なものが影響してる可能性が高い

放屁は誰でも出るものなのですが、いつも異常にお腹が張っていて重い、腹痛がある
場合は心理的な物が影響している可能性が高いですが。

 

 

そういう場合には一度胃腸科などで検査をしてみるのが無難です。
そして、ここから先は特に胃腸に問題がないという前提で話を進めていきます。

 

ストレス、イライラ、不眠などが続くと自律神経という原則自らの意志でコントロール
できない体温等を調整するような精密なエリアで交感神経という神経が優位にはたらき
やすくなります。

 

交感神経とはアドレナリンのイメージを持っていただければいいでしょう。
闘争ホルモンなどと言われていると思います。

 

朝起きて、仕事や学校に行くときは活動的なモードになり交感神経が優位になります。
しかし、ストレスがあり体に負荷がかかりすぎていると夜寝る前でもほとんど交感神経
が優位になりっぱなしの状態のこともあります。

 

 

通常夕方から夜にかけてはだんだん副交感神経というリラックスモードの神経
が優位になります。

 

 

こういう状態が続くと自律神経失調症というのにかかりやすくなったりします。

 

 

少し話がずれましたが。放屁の問題に関連するので書かせていただきました。

 

 

胃腸に問題がなく腹痛や下痢、放屁もひどいとなればメンタル的な問題から腸が刺激され
て下痢という症状が起こってるかも知れません。

 

 

負荷のかかりやすい性格だったり、仕事のストレスやプレッシャーが多かったり
するとかかりやすくなります。

 

 

現代人はストレスを抱えていますのでこういう方が増えているようです。

 

 

胃腸科や消化器内科で異常がなく、食事や睡眠等生活習慣を見直した上でも改善が
なければ。精神科や心療内科で相談されるのもひとつの方法だと思います。

 

 

しっかりとメンタル面をセルフケアしたり職場での人付き合いなどの考え方を学ぶ
などすれば軽減されて悩まなくなるかも知れません?!

 

 

神経質傾向のない人でも放屁をすることで漏れたのではという恐怖が長引けば思考の
クセで生きづらくなる可能性もあるので気をつけたいところです。

・放屁とおならには違いがある、くだらないけどどうせならおならをした方がいいワケ?

放屁は音のでない屁で、スカしっ屁

おならとは音が出る屁

 

と言われています。

 

 

感覚的な問題もあると思いますが、放屁をしたときに漏れてなくても漏れたの
ではと思うことがほとんどではないでしょうか?

 

 

そしておならだと漏れたという感覚はあまりないと思います。

 

 

先述したように放屁でもおならでも結局数千~数万種類の大腸菌が排泄される。
つまり、微粒子が下着につくので放屁で漏れていなくても厳密には漏れている
ということになるとイメージすることで少しだけラクになるはずです。

 

 

あとは可能な限り食事、睡眠などの生活習慣を整えてことで腸の調子も期待で
きます。

建設的な営みで没頭、執着できるものがない神経質気質の人は何を生業にすればいいのか?

・あなたは自分に合うような仕事に巡り合わなくて諦めていませんか?

日々次々に思い浮かぶイヤなイメージや観念、さらにそこからイヤ観念に派生することで
不安や心配が多くなり自分の特性も把握することも難しいということもあると思います。

 

 

しかし、このような感受性が高くて生きづらさを抱えてる場合でも経済活動は多くの場合
せざる得ないということになると思います。今のところは資本主義で生活をしているから
です。

 

 

多くの場合競争社会で生きているので、高い感受性を持ち合わせていると人間社会や組織
で他者との共存うまくできない場合が多々あると思います。

 

 

一見うまくやっているように見えても、ほとんど他者に迎合している状態だと思うので
心身共に疲弊してきてしまいます。

 

 

この記事では感受性が高く、組織で仕事をするのが難しく職を転々としてる方をメインに
まとめていきたいと思います。

・自分の適性と社会が求める物をすり合わせるとそれは仕事に成り得るかも知れない

職場の環境、職場での人間関係のストレス、仕事の内容など組織の歯車の一部になって
働いているとさまざまな問題がつきまといます。

 

 

それでも文句を言いながらでも大半の人は継続できているようです。鈍感なタイプの
人は気にも留めないので、心身の疲労なんてほとんどないと思います。

 

 

しかし、繊細な敏感タイプの人はほんの少しのことでもクヨクヨしてそこにエネルギー
を消耗させてしまいます。非常に疲れるのでもったいなのですが、それをコントロール
できないから苦しむこととなります。

 

 

それは例えば挨拶したけど返してもらえなかった、嫌われてるのか?逆に自分も朝挨拶
をされたけど仕事のことでいっぱいになっていて挨拶がおろそかになっていたのではな
いか?ちゃんと挨拶したかははっきりと覚えてない…

 

 

今後の人間関係が不安になるというようなことに、悶々と悩むのでそれだけで疲れて
しまいます。

この場合主観的に見てしまうので、客観的に捉える癖をつけるたいところですが。

 

 

こういうことを繰り返していると、仕事もなかなか続かないで自尊心を下げてしまい、
自分に自信をもつことも難しくなります。

 

 

だったら、自分の特性を見極めてフリーランスなどでも生計を立てれるようにするこ
もひとつの方法です。

 

 

じゃあ、どうやってフリーランスになるか?

 

それはあなたがなるべく好きなことを探して、社会が求める物にすり合わせて変換
することで仕事として成り立つでしょう。

フリーランスになるための予行練習として副業にするためのタネを撒いてみるのに
最適なのがココナラです。

 

ここで、あなたに好きな事、向いていることをトライ&エラーで試してみると
何らかの傾向が見えてくると思います。

・ストレスに対する免疫機能は長くても3カ月ぐらい

今は世界中コロナ禍ですから、自粛のストレスというので多くの人が不安や心配を
抱えて生活していると思います。

 

 

そして、ストレスを感じやすいタイプの人はだいたい3カ月ぐらいたった頃から
うつのような状態がずっとつづいて慢性化していると思います。

 

 

今この文章を書いてる時点でとっくに自粛期間から3カ月以上経っていますので、
うつっぽくなってる人は今年は例年より多いと思います。

 

 

ストレスに対抗するためのホルモンが枯渇するといつもストレスから守られてない
状態になるので自律神経が乱れたり昼夜逆転したりするようになって生活が乱れて
苦しんでる人が多いのではとおもいます。

 

 

私たち神経質気質の人も脳と心のマネジメントがうまくできなければ、いつでもこの
ような状況に追いやられてしまいますので注意が必要です。

 

 

敏感タイプで職を転々とするのも、3カ月周期ならやはり自分自身の問題を洗い出
して見つめなおす作業も重要だと思います。

・仕事や人間関係のストレスを減らすのにも運動がいい!

神経質で敏感タイプで気が滅入りやすいという場合でもストレスを下げる方法もあり
ます。

 

 

運動です!週1回でも2回でも30~1時間ぐらい運動をするという習慣を生活の
中に組み込めば脳と心のマネジメントをすることができます。

 

 

最初はウォーキングをすことから初めてみたりして、少しづつご自身に合わせて負荷
をかけていくのがいいと思います。3カ月ウォーキングを習慣にしたら、ジムに通っ
てスタジオプログラムでダンスやエアロビクスなどを受けてもいいと思います。

 

 

運動することで、夜は入眠しやすくなりますし、リズムが整ってくると朝も起きやす
くなるはずです。

・やはり動物は何かにすがりたい、依存したい、信じたい生き物なのだと思う

私たちのように神経質気質の人たちは何もないところから神経が昂っていることが
多いので、何かやりたいことや好きなことがあっても疲労が蓄積しやすくさらにそ
の疲労が慢性化しやすいのでなかなか自分自身と向き合うのが難しいですね。

 

 

で何か心の拠り所になるようなものがないから不安や心配におののきそれを打ち消し
て安心するために確認や繰り返しなどの行動をとることでしょう。

 

 

そしてそれが過剰になります。

「過ぎたるは猶及ばざるが如し」

という諺がありますが、不安、心配、恐れ、焦りなどが拍車をかけているんだと
と思います。ほどほどにすることは非常に難しですから。

 

 

結局人間はすがるものがなければ生きていけないんだと思います。

 

 

多くの人は神経が昂る前に何かすがれるものや息抜きになるものを探せるのだと
思います。

 

 

なぜ神経が昂るか昂らないかは脳の神経伝達物質などの化学反応によるものだと思い
ます。

 

 

神経質気質の人たちはこれがなかなか難しいからすがるものが探しにくいと思うの
ですが、自分自身モヤモヤしたときはなんとなくでも直観を信じることに意識を向
けるのもマイルールから離脱する方法でもあると考えています。

先のことが不安でしょうがない!足が竦んで身動きとれないときは松明を照らすように一歩一歩進もう。

・未来のへの不安や心配ばかりに気を捕らわれていませんか?

私もよくあることなのですが、あなたは未来への不安や心配ばかりに思考が執着して
しまい恐怖でおののくということはないでしょうか?

 

 

未来のことは誰にもわかりません。それは私もあなたもわかっているはずなのですが、
やはり不安や心配が強いとこの種の感情に捕らわれてしまい、思考も凝り固まったも
のになります。

 

 

それが慢性化しているため、過去の自分が今の自分作り出したという面もあると
思います。

 

「じゃあどうしろというのだ?今を生きれないから困ってるんじゃないか!」
と仰るのは痛いほどわかります。

 

もともと神経質気質の私もこの面がありますから。

 

この記事ではなるべく今にフォーカスして生きづらさを少しでも減らせるような思考
方法などをお伝えします。

・今この瞬間にフォーカスするのは難しい!が、過去の自分が今の自分を作り出しているなら今を積み重ねればいいのではないか。

他の記事では再三書いていると思いますが、「今ここ」、「今この瞬間」、「刹那的」、
などに全神経に意識を集中するのははっきり言って難しいです。

 

なぜ?

 

それは、長年かけて作り出した自分自身の思考の癖が身体に染み付いてしまっているか
らです。

 

 

これは2日や3日でどうにかできるほど簡単な問題ではありません。

 

先のことを考えて悩むという思考を肚で理解してしまっている状態なのでこれを解放
されてあげなければいけないからです。

 

 

そして、解放するにはそれなりに新しい思考の癖を身につけていかなければいけません。
それには時間がかかります。私たちはホメオスタシスという機能があるために変化を好
みません。

 

 

ホメオスタシスは体温を調整するために暑いときは汗をかいて熱を放出させたり、
寒くなれば血管を収縮させて熱を逃さないようにさせたり、血液の流れを一定に
保ったりしてくれています。いってみればホメオスタシスは生命維持機能という
ろころでしょうか。

 

 

なので、いきなり今この瞬間にフォーカスしてくださいといってもほぼ99%ぐらいは
できないはずです。

 

このようなことから先への心配が出たら、何度も何度も繰り返して身体に染み付ける
のです。「今ここ」、「今ここ」と条件反射的に染み付けるのです。

・先への不安や心配に捕らわれたら先ずはそれに気づけるようにしましょう

不安や心配で悩む癖がついていると、そのことで脳のリソースを消耗して疲れているこ
とに気づけない場合もあります。

 

 

しかし、このようなときにも身体には何らかのサインが出ているはずです。

 

 

発汗があったり、動機がしたり、こめかみがピリピリしたり、人それぞれ違うと思い
ますが、これすら気づけなくても何かモヤモヤしてるものがあると思います。

 

 

気が抜けたときに何かふっと思うことだったり、何か直観的なものでも意識を向けて
みることも捕らわれに限らず何かに気づくヒントがあると私は思っています。

 

 

なので、気づこうとする意識を持つことも重要だと思っています。

 

 

私も人に言われて初めて気づくこともあります。美容師さんにカットして洗髪して
軽く頭のマッサージをしてもらいます。

「かなり凝ってますね。」って言われます。

 

 

神経質気質の人はいつも無意識化でもピリピリと神経を張り巡らせていて、思考も
過剰にしやすい傾向があるので私もかなり脳のリソースを消耗しているんだと思い
ます。

・神経質気質の人はやせ型が多いというのはあながちウソではない?!

よく体型による性格傾向などがありますが、体格が良かったり、太っている人は
あまり細かいことに気を取られなかったりする人が多いのかも知れません?!
(もちろんそうじゃない人もいるでしょう。)

 

 

そして、やせ型の人は神経質の人が多い気がします。それは飲食店の店員を見ていて
もそう感じます。

 

 

やせ型の店員は表情はあまり豊とは言えませんが、テーブルを拭くのにかなり丁寧だ
ったり、レジでの金銭の授受に関しても丁寧に確認してる人が多いような気がするの
です。

 

 

紙幣は一度自分で数えて確認してから札の向きが反対の物があれば向きを揃えた上で
私の前でもう一度数えて渡してくれる人もいます。

 

 

一方で体型ががっちりしてる人は大雑把な人が多いような気がします。
(失礼ですが私の感覚値です。しかし皆が皆そうではないです。)

 

 

テーブルを拭くのに関しても、前に座っていた客に出したグラスの水の水滴がテーブル
についていてもテーブルを拭いているのに気づいてない人すらいるのです。
指摘してようやく拭いてくれますが…

 

 

金銭授受に関しても自分だけ確認して客に手渡すという人がけっこういます。

 

 

すこし、失礼な表現も含みましたが結局何が言いたいのかというと神経質気質の人は
細かいところに捕らわれやすいので、致命傷さえなければ大雑把さもときには必要で
はないかということです。

 

 

いろんな人を観察してみると、ここまでしっかり確認したりしなくてもいいのかとでも
ヒントになることもあるかも知れないということです。

・誰でも不安や心配はある!足が竦むなら松明が灯が見えるところだけ意識する

先のことで不安や心配は先述のように私も未だこのような感情に振り回せて、脳のリソ
ースも消耗しているのですが。

 

 

つい先日、都内のある駅と商業施設をつなぐ屋外のコンコースを歩いていると
「誰でも不安があって当たり前だよ」と電話で話している女性がいました。

 

 

通りすがりだったのですが、電話口の向こうの相手に何を相談をされたのかわかりませ
んが、閉塞的な世界で人間は生きていて各々不安を抱えているということです。

 

 

この記事でもかいてきましたが、渋々でも今この瞬間に意識を向ける癖をつけるのは
未来を少しでも生きやすくするためのひとつの方法だと思います。

 

そして、何か行動する際にも不安や心配が先行してしまうことも多々あります。

 

 

私はこんなときはこめかみ辺りがピリピリしたり、そのときよって状態は違うのですが
足が竦んでしまいます。

 

 

なので「足が竦んだときは松明の灯が見える」ところだけをイメージしています。何か
目標を持って一歩歩み出したときには「今この瞬間」と少し広い範囲の「松明の灯」
イメージしてみるのもひとつの方法だと思います。

確認や繰り返しなどの行為は自尊心を無意識に下げている!自信を持つにはどうしたらいいのか?

・あなたは確認行為や繰り返し行為をした後、脱力感と虚しさに苛まれませんか?

確認行為や繰り返し行為をするとそのときには確かにスッキリしますね。それと同時に
「あぁ、またやってる…」というような虚しさと脱力感に苛まれてしまうこともあると
思います。

 

 

そして、気分や体調によっても波があるためにこれらの行為が落ち着いているときと
過剰のときの差も大きい場合もありこれもまた負担になる要因だと思います。

 

 

特に、気温や気圧に変化があったりすると敏感に感じてしまう人が神経質気質の人には
多いように思います。私も天気には相当左右されています。

 

 

この記事では、確認や繰り返しの嗜癖行動を自分の興味のあることにフォーカスすること
で自信をつけて相対的にこれらの行為を減らすというアプローチで書いていきたいと思い
ます。

・あなたの興味や関心のあること、更に言えば好きなことをすれば嗜癖行動を減らせるとかも知れない?!

いつも不安や心配、観念や悩みが多くこれらに捕らわれてる時間を長くなると何もしてな
くても脳は疲弊してしまいます。

 

 

このような中であなた自身の興味や関心あること、好きなことを探すのはなかなか難しい
と思いますが、少しづつでも体調のいい日にご自身で対話していただきたいのです。

 

・幼少期を振り返って何かワクワクするようなことはありませんでしたか?

・幼少期のときどういうときにワクワクを感じましたか?

・幼少期にの楽しかった思い出は何ですか?

・幼少期の頃はあなたはどういう大人になりたいと思っていましたか?

・幼少期の頃何をしているときが一番楽しかったですか?

このようなことをご自身に問いかけていただきたいのです。
ここにあなたの本質があると思います。

 

このときには「できる」、「できない」などの思考を入れず純粋の子供心
考えてみてください。

 

 

幼少期にこだわる必要はありませんが、まだ教育などの洗脳が浅い小学校低学年の思い出
からでもいいです。

・確認や繰り返し行為が過剰で負のスパイラルになるのは自信がないからか?

確認行動や繰り返し行動が過剰になるのは、目の前の不安や心配事、イヤな観念、勝手に
浮かび上がるイヤなイメージなど様々な事柄を打ち消すためにやっていますね。

 

 

つまり安心するためにやっているのです。そのマイルールによって定められた特定の行動
を不安の度にするとその不安は一瞬安心に代わります。でもまたすぐに出てきます。

 

 

そして、その不安を打ち消すための行為はしたからといって確実に将来起こる可能性の
ある不安や心配を打ち消すことはできないです。そして私たちはそれを理解しています。

 

 

理解していても、いろんなイヤな感情に支配されている最中ではそれに気づくこともでき
ないものです。気づけても行動を抑制することは非常に難しいものです。

 

 

でどんどんと負のスパイラルに陥りドミノのような状態になってしまいます。

 

 

結局主には将来について確実性や自信を持つことができないので同じことを繰り返さざる
経ないという状況です。

・何かやりたいことをしているとその間は適当になれる?!自信を持つきっかになる

前々項でもお伝えしたようにやりたいことなどを見つめなおして、子供心で何の思考も入
れずにやってみることをご提案しました。

 

 

子供の頃にワクワクしているときには細かいことに捕らわれて身動きが取れなくなるとい
うようなこと一瞬でもありませんでしたか?

 

 

いつも一生懸命で全力で生きていると「まぁ、いいか。」というように気持ちないと思い
ます。

 

 

しかし、肩の力が抜けてリラックスできるぐらい打ち込めるものがあれば結構適当になれ
るものです。

 

 

気になることでも、今は取り敢えずこれをしておきたいから後でという風になれると気持
ちにも余裕がある状態だと思います。

 

 

で、自分をリラックスさせたりしていると自信を持つきっかけにもなると思っています。

・少しでも没頭している時間があると細かいことに捕らわれている時間が少ないと感じる

私は飛行機が好きでして、離陸する瞬間などはいつもワクワクしています。もちろん
航行中、着陸も好きですが、やっぱり離陸が一番好きです。

 

 

動画撮影などよくしていますが、離着陸のときに油断していると物が床に落ちることが
ありますが、そういうときでも「まぁ、いいか。あと消毒すれば」というぐらいゆった
りとしています。普段ならすぐに消毒行為ですが。

 

 

何が好きなのか?

 

 

それは、「Gを感じる」、「エンジン音」が好きです。そのときの機内の雰囲気も好きです。

 

 

また、空港で一日中過ごすこともできます。展望デッキで朝から日が暮れるまでという
こともできます。もちろんこのときはずっと立ちっぱなしですから足腰は当然疲れます。

これらもひとつの才能?なのではと思えることもあります。

 

 

精神が安定しないときにはできるだけ空港に行って、私なりにバランスを取っています。
あなたも何か幼少期、幼年期を振り返って子供心になれる物を探してみるといいと思い
ます。

 

 

先述してるように探すときには、純粋な子供心で「好き」というのを主軸に「できる」
、「できない」という思考は入れないということです。日本の洗脳的な教育により子供心
で探すというのはなかなか難しいことですが、少しづつでも洗脳を解いていくように意識
することも大事です。

 

 

日本の画一的な教育が私たちの本質的なことから遠ざけてる面もあるといっても過言
じゃないでしょう。時間をかけても洗脳を解いて行きましょう。

神経質気質と気分の変調、少し元気になると頭がピリピリ興奮状態になり攻撃的になって困るときのパワーの解放させる方法

・鬱々疲れてるときは物事への意欲がないが、気分が上がってきたときのパワーの発散に困ってませんか?

神経質のあなたも慢性的に疲れやすいことと思いますが、たまには気分が高揚して
くることもあると思います。

 

 

束の間の休日ではないですが、恐らく数少ない元気になっている状態だと思うので
すがそんなときにはイライラと暴走してしまうということはないでしょうか?

 

 

物理的な暴走はもちろんですが、頭の中が興奮状態になっていて、そのひとつのこと
に執着し過ぎてしまう場合も含んでです。

 

 

そんな状態だと、セダン車にスポーツカーのエンジンを搭載しているような感じ
なので空回りしてしまうはずです。

 

 

このパワーを上手に開放させてあげなければ、暴走して疲れての繰り返しになって
しまいます。堂々巡りになります。

 

 

事項からはこのように元気にになりかけてるときのパワーの発散方法などを
取り上げていきたいと思います。

 

・攻撃性をコントロールできないときはハードな運動!仕事や勉強など建設的な営みにも着手してみる

鬱々とだるい状態だとほぼ攻撃的になるということはないと思いますが、少し元気
になると攻撃性が出てくることがあると思います。

 

 

私もそうですが、少し元気になると攻撃的になってコントロールが難しいと感じます。

このようなときには私はキックボクシングで汗を流します。汗をかいて心地よい疲れ
を誘発するためです。

 

 

運動は脳にもいい刺激を与えてくれるというのは、科学的にも実証されています。
特にハードな運動はイライラが強いときなどにはいいと思います。

 

 

イライラが強すぎるときには、ご自身の体調などを考慮して先ず運動をしてみると
いいと思います。

 

 

そして、運動は脳の刺激にはいいのですが欲を言えばあなたの将来のための時間に
充てることも大事だと思います。

 

 

仕事や勉強などに時間を使うことはあなたにとっても有益なはずです。

 

 

そこまで至らない場合はご自身の将来について見つめなおすという作業も
ムダにはならないでしょう。

 

 

 

あなたは何が好きで、何が嫌いでどういうことが向いていて、何が向いていない
などをひたすら紙に書いてまとめることで客観視できるはずです。

 

 

このときには、幼少期何が好きで何が嫌いだったかなどから今後どういう自分に
なりたいかなどを可能か不可能かという思考をせずに子供心で書いていくといい
です。

 

ようするに自分自身の取扱説明書とマイマップを作るのです!!

もちろんすぐに答えはでませんが、こういう泥臭いことを日ごろから繰り返し思考
するクセをつけていくと、自分自身がわかってくるはずです。

・普段からメンタルが病んでいると、元気になりかけのときはメンタルのコントロールが難しい

神経質気質の人は何かと不安や心配はじめいろんな感情に左右されメンタルが病ん
でることが多いと思います。

 

 

不安や心配などを慢性的に抱えて過ごしていると、それに捕らわれすぎて抗って
しまったりすることに躍起になることもあり、その渦中にいるときは当の本人は
身動きが取れない状態です。

 

 

そんな中でも、ごくたまに気分が上がってくることもありますね。

 

 

でもそういうときって元気な状態が少ない神経質の人にとっては扱いに困って
しまうと思います。私もそうですが。

 

 

だから先述したように、運動やあなた自身の取り扱い説明書やマイマップで
自分を知るという作業に時間に充てるのが有益だとお伝えしました。

 

 

すぐにはできませんが、このように自分のために充てる時間を相対的に増やすこと
でイライラが暴走してしまうことも減ると感じています。

 

 

取り扱い説明書やマイマップなどは毎朝5分見るなど習慣化するとあまりイライラ
などに捕らわれないようにも感じます。

・私が思う人が普段から意識したほうがいいと思うこと

神経質の人でも不安や心配などどういうときに感じて、どういう言葉に反応して、
どういう状況で反応するなど各々違うのが当たり前ですが。

 

 

この章では私の例を取り上げてお伝えします。あなたに参考になるところがあれば
あなたのライフスタイルなどに当てはめて読んでいただければと思います。

 

 

私は不安や心配が強いために何をするのにも行動が遅いという面があります。

 

 

先の事をあれこれと考えてしまうので、時間ばかりが過ぎていくということはよく
あることです。

 

 

時間ばかり経ち歳をとっていくのです。そして、あのときにもっとこうしおけば
よかったかも知れないということもしばしばです。

 

 

もともと不安や心配が強い上に、歳をとると更に行動も抑制していきます。
歳をとると誰でもそうですが。

 

 

しかし、不安や心配の渦中にいるときも何かモヤモヤしている自分がいます。
どっちにしても逃げられないのです。

 

 

逃げる姿勢でいるととモヤモヤしてしまい、何か挑戦しようとしても不安や心配が
襲ってくるのです。で更に歳をとり…

 

 

そして、恐らく同じことを繰り返しているから不安を打ち消すための確認行為など
も一生ずっとつきまとうと思うのです。

 

 

なので最近は

 

「不安や心配、恐れは一度手放せ!!」

 

 

と自分でつぶやいています。「何かこれをやってみたい、だけど」と思考した
時点で「不安や心配、恐れは一度手放せ!!」といい聞かせています。

 

 

これを顕在意識に刷り込むまでやればだいぶ生きやすくなるはずですから。
あなたも何かご自身の生きづらさを感じるときにあなにしっくりくるワード
を用意しておくといいでしょう。

飲食店でのトイレの近くの客席はイヤだ!トイレの近くの客席に座ならいよるためのコツ!トイレを往来する客と子供から身を守る!

・あなたは飲食店でトイレの近くの席を案内されて困惑することはないですか?

ファミリーレストランや定食屋、お酒を飲まない人でもこのような飲食店を利用する
ことはあると思います。

 

しかし、店のオペレーションの都合上トイレの近くの席を案内されることもあると
思います。

 

 

この付近の席は他の客がトイレに立ち往来の激しい席でもあります。
ファミリー層の多いところは子供もトイレを使います。

 

 

世の中神経質な人ばかりじゃないですから、トイレに行って手を洗わずに出てくる人
も多いです。(女性は不明)大便をして手を洗わない人もいるぐらいです。

 

 

因みにお手洗いの際に手を洗う人でもその大半が5~10秒程度じゃーと流して終わ
りです。私がオフィスで働いたときにそういう人が多かったのです。

 

そのあとに、ハンカチもないようなところだと水滴がついたままトイレを出ていく人
もいるわけです。

 

で、飲食店でも同じことが言えます。手を拭かず汚水を垂らしながら自分の食べてる
物にかかると思うと気持ちが悪いのです。

 

あなたはこのようなことで悩んでいませんか?

 

この記事では飲食店での他の客からの不可抗力として、トイレ周りのばい菌をダイレ
クトに貰わないためにするコツなどまとめていきます。

 

・トイレの近くの客席は無理と最初から店員に伝えてしまう!

飲食店でトイレの近くの客席を案内されるのを防ぐため最初から、
「トイレの近くは人の往来が多いので少し待ってもいいから他の席にしてください。」
と予め伝えておきましょう。

 

 

こうすることで、多くの場合トイレの近くの客席は避けられます。オペレーションの
都合上無理だという場合はその日、そこでは食べなければいいのです。

 

とは言っても、私はこういう風に伝えるようにしてからは1度もトイレの近くの客席
を案内されたことは今のところありません。

 

 

私はトイレに限らず原則人と距離のあるところは嫌いなので、距離のあるような飲食店
に行く場合は必ず端の席を用意してもらっています。

 

 

狭い店だとテーブル席だけど両隣に客席がある場合などは順番を待つ段階で端を指定
します。

 

 

また、店によってはパーテンションで仕切られてるところもあるので、その場合は
端もしくはパーテーションのところを指定します。

 

 

これで断られたことはありません。

 

「順番が前後する可能性がありますがよろしいですか?」
「けっこうです。」

これで終わりです。

・トイレの近くの客席で汚水を垂らしてトイレから出てくる客はクラミジアや淋病かも知れない?!

先述してるようにトイレの近くの客席に座ると手を洗っても手を拭かずにトイレから
出てくる客がいます。

 

 

この場合のこの辺りの客席で食事をしているときの不安要素として、汚水が自分の
食事に飛び散るかも知れない?!ということです。

 

 

私はその汚水にはクラミジアや淋菌が含まれてるかもしれないというイメージを膨らま
せてしまうのです。

 

 

自分の食べてる食事にこれらの菌が飛散すると温度などの条件が揃えば喉にクラミジア
や淋菌に感染しないのではないかと思うのです。

 

 

性感染症を専門にしている人でもこのようなことを感染経路の例として挙げてる人は
いませんが…

 

 

それでもやはり不安や心配があるので私はトイレの近くの客席は回避しています。

 

 

また、子供の客は無神経な大人の客よりもこのような知識がない上にトイレから出て来
て自由奔放に動き回ることもあります。

 

 

トイレに子供を一人で行かせるとその親も自分の子供が手を洗ってるかどうかもわから
いということはしばしばでしょう。

 

 

背が低くて蛇口に手が届かずに手を洗えないということがあったり、それ以前にその
トイレを利用した客がクラミジアや淋病でドアノブについているというような場合は
子供がドアノブを触り、トイレから出て来て落ち着きのない行動を取られたら飛散す
る可能性もあるかも知れないとも思っています。

・私が初めて行く飲食店ではどこの席に座ればいいのか決めるときには飲食店のレイアウトをサッとみて席を指定する

初めて行く飲食店は勝手がわかないことがあります。私の場合は席を指定するときには

・トイレの位置
・ドリンクバーなどがあればその位置の確認
・喫煙と禁煙の有無

上記3つを確認して飲食します。喫煙席と禁煙席がエリアが違っても混合されてるような
店では飲食しません。

 

 

余談ですが、2020/4/1から改正健康増進法で飲食店の喫煙ルールが変わりましたが、
あたなが嫌煙家の場合は店に入るときにしっかりと確認するのが無難です。

 

 

というのも、私は先日、都内の中国人が経営している中華料理屋で飲食しようとした
ときのことです。

 

 

店の外のドアには改正健康増進法により「全席禁煙」などというイラストの入った
自前と思われる貼紙があったのですが、店に入ると他の客がバンバンタバコを吸っ
ていたのです。

 

 

店の人に

「禁煙じゃないんですか?」と聞くも
「タバコ大丈夫ですよ!」

と言葉が不案内なのと私が喫煙者だと思ったらしくこのように言われました。
で私はすぐに店を出たのですが。

 

と話が逸れましたが、

 

トイレの位置は先述したようにですが、これに加えてドリンクバーなどがある店なども
人の往来が多いの為にこの近くの席に座ると神経を使わされることが多々あります。

 

 

砂糖でベタベタするような清涼飲料水などに群がる子供客はこぼすしても親が見てない
とたいていそのままなので、そのベタベタした手で自分の座ってるテーブルなどに触れ
られるとうこともあります。

 

 

このようにとにかく人の往来が激しい客席には要チェックだと思います。

コロナ禍で自粛ストレスとレジ袋有料化及びマイバッグで万引きしてしまったのでは?という加害的な観念との付き合い方

・あなたは万引きしてしまったのではという脳内で勝手に浮かぶイメージで苦しめられていませんか?

あなたはコンビニ、スーパーで万引きしてしまったのではないのかという脳内からの
イメージが浮かび苦しめられていることはないでしょうか?

 

 

レジ袋有料化もその背景にあると思うのですが…

 

今は世界中新型コロナウイルス、コロナ禍の最中でありますが先の見えない不安や心配
で神経質じゃない人でもストレスに対抗するためのホルモンなども枯渇してきていると
思います。

 

 

そして、いろんな条件が揃って体内、脳内でのホルモン等の化学変化で何らかの契機で
神経質気質になってしまう人もいると思います。

 

 

これから、コロナを引き金に神経質になる日本人が増えると思います。

 

少し話が逸れましたが、この記事では万引きしてないはずなのに万引きしてしまったの
ではないかという考えに支配されて苦痛を感じてる方に、この観念との付き合い方など
を事項からまとめていきます。

・あなたは万引きなんてしていない!それは脳の間違った認知による思い込み!

自分は自分が万引きして店に損害を与えてしまったのではないのか?

 

 

「盗んでないはずだけど…?!」と頭の中で店のマップをイメージして自身がどこの
コーナーを通って、何を手にしてと記憶を辿りながら思考を整理して何も盗んでない
はずだけどやっぱり不安だ…

 

 

だけど、もし本当に盗んだとしたらこような観念に支配されないはずです。
万引きする人は、盗む商品だけとってさっさと店を後にします。

 

 

頭の中でいろいろ整理するヒマなんて作りません。そんなことしてたら捕まっちゃい
ますから。

 

そして、少し考えて欲しいのですが店に行くたびに万引きをしていたらどこかで保安員
などに声をかけられるというのが1度はあると思うのです。

 

そのようなことがなくても、いつも万引きしているなら防犯カメラでチェックされて
要注意人物としてマークされるはずです。

 

 

「いや、マークされてないだけで私は盗み続けている」という思考に支配されても先述
のように「店に損害を与えてしまったのではないのか?」というような観念は万引き常
習者はそんなこと思いもしません。

 

このような状態にになり加害者のような観念に支配されて、どこかの店に入店するとい
うこと自体が万引きをイメージを連想させてしまっているかも知れません?

 

 

スーパー、コンビニのTVコマーシャルを見るのも苦痛かも知れません?!

 

 

このような状態であると買い物もできなくなっていて、ネット通販しか利用できな
いということもあるでしょう。(カード決済にして)

 

でも、あなたは万引きしてないです!あなた自身では確信を持てないと思いますが、
どこかで万引きしてないはずだけど、したかも知れない?

 

ここに確信が持てないから苦しむと思いますが、
そう思いながらもあなた自身「自分はアタマが可笑しいんじゃないか?」
という考えもどこかであるはずです。

 

 

先述してることを時間はかかりますが何度も反芻してみると、けっこう堂々巡りかなと
認識できるようになると思います。

 

・「万引きしたのではないか?」という不安に襲われたら呼吸することに意識を向ける

この種の観念もケースバイケースですが、非常に不安が強いときは一度この感情を手放す
ことに意識を向けることも大切だと思います。

 

一度そのまま呑まれた状態で、呼吸することに全神経を集中させるのです。
呼吸は無意識で行ってるので、敢えて意識を向けて行うことです。

 

・肩が上がっていたら方の力を抜いてストンと力が抜けているイメージをする
・鼻から〇〇秒かけて吸う
・○○秒かけて口から吐く
・空気を鼻から取り入れるときは空気が鼻腔を通っているというイメージを持つ
・空気を口から吐くときは鼻に取り入れるように口をすぼめて細く、時間をかけて吐く
・肺に空気がゆっくり入って膨らむを感じる
・肺から空気がゆっくり抜けていくのを感じる
・呼吸をするときは丹田を意識する

ここに挙げたの物でしっくりくるものをあなたの中で落とし込んでいただけると幸い
です。もちろん、しっくりくるもをご自身で加えてもいいと思います。

 

 

※〇〇秒はあなたの一番いい呼吸をしていると感じられるのあなた自身で
 試して決めていただくのがいいです。短くても浅い呼吸でも苦しくなる
 ような時間でも意味がないと思います。

 参考までに吸うのに5秒、吐くのに10秒ぐらいがいいと思います。

 

・「万引きしたのではないか?」という観念も潜在意識を観察した方が生きやすくなる

いつも述べてるように神経質気質の人は不安や心配などがとかくひどいのでいつも
生きづらさを感じて生きていると思います。私もその一人です。

 

この章では潜在意識を観察した方が少しラクになるであろうということをまと
めていきます。

 

 

私自身は「万引きしたのではないか?」という観念はあまりないのですが。
(年に数回)神経質気質の人は脳の独自の理論の思い込みなどで脳の認識の
仕方も独特のものがあります。

 

 

なので、「普通」という言葉を使うのはなかなか難しいのですが、社会通念として
「普通」の人はどうなのかというの考えていただければ後述することのヒントにな
ると思います。

 

もし万引きしていたら、そのときに感じる観念は捕まらないよう防犯カメラの
死角になるところで、人のいないところで、私服警備員がいるかも知れない?…etc

 

 

という如何に見られないように商品を盗み店を後にすることことばかり考えるのが
普通です。

 

あなたの中にこのような潜在意識はありますか?
ないはずです!!

 

 

補足ですが、潜在意識とは無意識で行ってることで意識して行う顕在意識とを
%で表すと無意識で行うのは95%ぐらいというデータもあります。

 

そこで逆説的に捉えると先述したように「防犯カメラの死角」、「人のいないところ」、
「私服警備員」…etcなどを徹底的に意識化に落とし込まなければいけないとうことに
なります。

 

これを、5%の顕在意識落とし込むのに6カ月ぐらいはかかるはずです。

 

このようなことからあなたは万引きしていないはずです。

 

・コロナの自粛ストレスとレジ袋有料化でマイバッグ持参が増えることで万引きにしたのではと思う人が増えていくと感じる

コロナの自粛ストレスで神経質になり、さらにレジ袋の有料化でマイバッグを持参
することで、マイバッグに商品を入れてレジを通さず店を出てしまったのではない
か?

 

などという不安や心配などの観念囚われてしまう人が多くなると私は感じます。

 

最近はレジ袋有料化に伴って万引きする人も増えているという現実ですが、こういう
ニュースを見て更に不安などに拍車がかかり「私も万引きするのかも知れない?」と
いうようなイメージが湧き出て店に行けなくなるという人が増えると思うのです。

 

 

これは先述してるように高いストレスで体内、脳内での神経伝達物質等のホルモン
の化学反応がアンバランスになるとこのようなことが起こりうると思います。

 

こういうときこそ、自分自身のメンタルヘルスのためにも時間をとってケアすること
を積極的にすることも重要ではないかと思います。

窓ガラス結露に対する潔癖は結局のところ部屋の環境や条件によっては対策ができないこともある。賃貸なら管理会社や大家に遠慮なくいうのが賢明!

・窓の結露、湿度に嫌悪感を感じる潔癖で困っていませんか?

部屋の結露対策として部屋の向き(東西南北)日当たりの良し悪しや建物の構造
(木造、鉄筋など)によっても変わってきてしまいます。

 

住む人も多ければそれだけ湿度は高くなります。痩せている人太っている人
でも湿度は変わってきます。

 

周りに建物で囲まれていて、日当たりが悪く部屋も狭く、窓も小さいとかだと
風の流れも悪くなるので必然的にこもりやすくなってしまいますね。

 

こういう部屋だとクローゼットの中も湿気でベトベトになってしまうというこ
ともありますね。

 

服もカビだらけになり、臭くて処分せざる得ないということもあるかも知れま
せん。

 

 

この記事では事項からは湿度からくる結露や住宅環境などについて書いてい
きます。参考になるところはご活用いただけると幸いです。

 

・賃貸住まいであるなら管理会社へ交渉!分譲住まいなら引越しを検討する

あなたが賃貸住宅の場合は入居中のトラブルや不具合があれば管理会社や大家
(貸主)に連絡することでカビてしまった服も弁済してもらえる可能性もありま
す。

 

 

一方で分譲タイプだとすぐに引っ越すなどということは難しい人がほとんだと
思います。その場合は住宅アドバイザーのような人に相談するか、引っ越しを
検討するかだと思います。

 

 

小難しいですが、賃貸契約の場合は書類にも記載があると思いますが、
善管注意義務というのがあります。

 

 

環境や建物構造上結露することでクロスが前面カビてしまったけど、逆にこれ
を連絡しないでいると退去時に放置したという見られ方をされてしまい敷金か
ら差し引かれてしまいかねません。

 

 

なので、不具合やトラブルがあればどんどん言うのが賢明だということです。
(入居時には日付を入れて写真を撮っておくのが無難です。)

 

 

また、あなた自身もそんな環境で生活していると気持ちすさんで心も病んで
くると思います。

 

 

結露やカビの発生を機に潔癖症になってしまう人もいます。もともと神経質
の人だと日常生活のいろんなところにトリガーとなるもので溢れています。

 

 

なので、解決できる可能性があるならメンタルヘルスのためにも相談してみ
ましょう!

 

・そもそもどうして結露ができるのか?

結露ができるのは一般的な環境の場合主に冬場と梅雨時でしょう!

 

①冬場は暖房で部屋の温度を温かくする機会が多いと思います。
そして窓付近に近寄れば冷気で寒いですよね。

 

空気の性質として温度が高いと水分量を多く含むことができます。
逆に温度が低いと水分量は多く含むことができません。

 

上記の理論から温度が低い窓際に温かい空気が流れ込むと結露に
なります。

 

②梅雨時は先述の理論は当てはまりませんね?

 

 

気温は高いはずですが、結露ができるのは水分量が多すぎてしまう
からです。

 

5リットルのバケツに例えると、水は5リットルしか入れることが
出来ません。

 

 

しかし、5リットル(5000ml)から1mlずつ増えていくと
バケツの嵩が増えてどんどん溢れてきてしまいます。

 

 

5リットルのバケツに10リットルの水を入れると溢れかえって
バケツの周りは水浸しになります。つまり飽和状態なのです。

 

これが温度の高い梅雨時でも結露になる理由です。

 

・宇宙に行かないと湿度0%はない!湿度がないと人が生きていけないワケとは?

地球では砂漠に行っても湿度20%ぐらいはあるので、現実的にはどこへ
行っても湿度はあるとうことになります。

 

ひとつだけ限りなく湿度0%に近いところがあればそれは宇宙です。
大金持ちになって宇宙旅行にでも行って湿度0%の世界を経験して
みるのもいいかも知れません(笑)

 

 

いや、でも湿度0%だったら私たちにとっては問題なんです。

 

呼吸するだけでも体内の水分が蒸発してしまい、おそらくそのまま過ごすと干から
びてしまうんだと思います。

 

 

成人の大人で水分量は60~65%あるので、どんどん水分が抜けていくという
のが推測されます。(実験例がないので間違っていたらごめんなさい。)

 

 

また、冬場は乾燥していてインフルエンザにかかりやすくなります。乾燥してると
ウィルスにとって絶好な環境なので湿度0%だと未知なるウィルスなども発生して
しまうことも考えられます。

 

 

湿度0%では人は生きていくことはできないということになります。

・湿気についての汚染に対する恐怖が激しい場合は目視と感触レベルで濡れてなければOKとするとラクに生きられる

湿度に湿気絡みの汚染に対する恐怖でお悩みの潔癖の方は前項でも触れたように湿度
0%では生きていくことができないのです。

 

 

エジプトとかでも平均すると年間平均すると湿度25%ぐらいと言われています。
場所によっても変わってきますが、カラカラの砂漠、ピラミッドがあるようなとこ
でもそれぐらいの湿度があるのです。

 

なので、空気中のわずかな湿気も気にすると物理的に生存することができないの
で神経質の私たちはついつい、白か黒、0か100どちらかで物事を考えやすい
傾向にあるのでここでは生きるために最小限湿度は必要と考えてみるのはどうで
しょうか?

 

 

また、逆にこれも前項で触れていますが、湿度が低いとインフルなどのウィルスに
感染しやすくなります。これもこれでまた厄介ですね。

 

 

心理的な問題なのでなかなか難しいですが、最終的に見て、触って濡れた感覚がな
ければ(手で触ったときにサラッとしている)問題ないと思えるようになれば湿度か
らくる汚染の恐怖、不潔の恐怖の苦しみは軽減するでしょう。