神経質気質と気分の変調、少し元気になると頭がピリピリ興奮状態になり攻撃的になって困るときのパワーの解放させる方法

・鬱々疲れてるときは物事への意欲がないが、気分が上がってきたときのパワーの発散に困ってませんか?

神経質のあなたも慢性的に疲れやすいことと思いますが、たまには気分が高揚して
くることもあると思います。

 

 

束の間の休日ではないですが、恐らく数少ない元気になっている状態だと思うので
すがそんなときにはイライラと暴走してしまうということはないでしょうか?

 

 

物理的な暴走はもちろんですが、頭の中が興奮状態になっていて、そのひとつのこと
に執着し過ぎてしまう場合も含んでです。

 

 

そんな状態だと、セダン車にスポーツカーのエンジンを搭載しているような感じ
なので空回りしてしまうはずです。

 

 

このパワーを上手に開放させてあげなければ、暴走して疲れての繰り返しになって
しまいます。堂々巡りになります。

 

 

事項からはこのように元気にになりかけてるときのパワーの発散方法などを
取り上げていきたいと思います。

 

・攻撃性をコントロールできないときはハードな運動!仕事や勉強など建設的な営みにも着手してみる

鬱々とだるい状態だとほぼ攻撃的になるということはないと思いますが、少し元気
になると攻撃性が出てくることがあると思います。

 

 

私もそうですが、少し元気になると攻撃的になってコントロールが難しいと感じます。

このようなときには私はキックボクシングで汗を流します。汗をかいて心地よい疲れ
を誘発するためです。

 

 

運動は脳にもいい刺激を与えてくれるというのは、科学的にも実証されています。
特にハードな運動はイライラが強いときなどにはいいと思います。

 

 

イライラが強すぎるときには、ご自身の体調などを考慮して先ず運動をしてみると
いいと思います。

 

 

そして、運動は脳の刺激にはいいのですが欲を言えばあなたの将来のための時間に
充てることも大事だと思います。

 

 

仕事や勉強などに時間を使うことはあなたにとっても有益なはずです。

 

 

そこまで至らない場合はご自身の将来について見つめなおすという作業も
ムダにはならないでしょう。

 

 

 

あなたは何が好きで、何が嫌いでどういうことが向いていて、何が向いていない
などをひたすら紙に書いてまとめることで客観視できるはずです。

 

 

このときには、幼少期何が好きで何が嫌いだったかなどから今後どういう自分に
なりたいかなどを可能か不可能かという思考をせずに子供心で書いていくといい
です。

 

ようするに自分自身の取扱説明書とマイマップを作るのです!!

もちろんすぐに答えはでませんが、こういう泥臭いことを日ごろから繰り返し思考
するクセをつけていくと、自分自身がわかってくるはずです。

・普段からメンタルが病んでいると、元気になりかけのときはメンタルのコントロールが難しい

神経質気質の人は何かと不安や心配はじめいろんな感情に左右されメンタルが病ん
でることが多いと思います。

 

 

不安や心配などを慢性的に抱えて過ごしていると、それに捕らわれすぎて抗って
しまったりすることに躍起になることもあり、その渦中にいるときは当の本人は
身動きが取れない状態です。

 

 

そんな中でも、ごくたまに気分が上がってくることもありますね。

 

 

でもそういうときって元気な状態が少ない神経質の人にとっては扱いに困って
しまうと思います。私もそうですが。

 

 

だから先述したように、運動やあなた自身の取り扱い説明書やマイマップで
自分を知るという作業に時間に充てるのが有益だとお伝えしました。

 

 

すぐにはできませんが、このように自分のために充てる時間を相対的に増やすこと
でイライラが暴走してしまうことも減ると感じています。

 

 

取り扱い説明書やマイマップなどは毎朝5分見るなど習慣化するとあまりイライラ
などに捕らわれないようにも感じます。

・私が思う人が普段から意識したほうがいいと思うこと

神経質の人でも不安や心配などどういうときに感じて、どういう言葉に反応して、
どういう状況で反応するなど各々違うのが当たり前ですが。

 

 

この章では私の例を取り上げてお伝えします。あなたに参考になるところがあれば
あなたのライフスタイルなどに当てはめて読んでいただければと思います。

 

 

私は不安や心配が強いために何をするのにも行動が遅いという面があります。

 

 

先の事をあれこれと考えてしまうので、時間ばかりが過ぎていくということはよく
あることです。

 

 

時間ばかり経ち歳をとっていくのです。そして、あのときにもっとこうしおけば
よかったかも知れないということもしばしばです。

 

 

もともと不安や心配が強い上に、歳をとると更に行動も抑制していきます。
歳をとると誰でもそうですが。

 

 

しかし、不安や心配の渦中にいるときも何かモヤモヤしている自分がいます。
どっちにしても逃げられないのです。

 

 

逃げる姿勢でいるととモヤモヤしてしまい、何か挑戦しようとしても不安や心配が
襲ってくるのです。で更に歳をとり…

 

 

そして、恐らく同じことを繰り返しているから不安を打ち消すための確認行為など
も一生ずっとつきまとうと思うのです。

 

 

なので最近は

 

「不安や心配、恐れは一度手放せ!!」

 

 

と自分でつぶやいています。「何かこれをやってみたい、だけど」と思考した
時点で「不安や心配、恐れは一度手放せ!!」といい聞かせています。

 

 

これを顕在意識に刷り込むまでやればだいぶ生きやすくなるはずですから。
あなたも何かご自身の生きづらさを感じるときにあなにしっくりくるワード
を用意しておくといいでしょう。