先のことが不安でしょうがない!足が竦んで身動きとれないときは松明を照らすように一歩一歩進もう。

・未来のへの不安や心配ばかりに気を捕らわれていませんか?

私もよくあることなのですが、あなたは未来への不安や心配ばかりに思考が執着して
しまい恐怖でおののくということはないでしょうか?

 

 

未来のことは誰にもわかりません。それは私もあなたもわかっているはずなのですが、
やはり不安や心配が強いとこの種の感情に捕らわれてしまい、思考も凝り固まったも
のになります。

 

 

それが慢性化しているため、過去の自分が今の自分作り出したという面もあると
思います。

 

「じゃあどうしろというのだ?今を生きれないから困ってるんじゃないか!」
と仰るのは痛いほどわかります。

 

もともと神経質気質の私もこの面がありますから。

 

この記事ではなるべく今にフォーカスして生きづらさを少しでも減らせるような思考
方法などをお伝えします。

・今この瞬間にフォーカスするのは難しい!が、過去の自分が今の自分を作り出しているなら今を積み重ねればいいのではないか。

他の記事では再三書いていると思いますが、「今ここ」、「今この瞬間」、「刹那的」、
などに全神経に意識を集中するのははっきり言って難しいです。

 

なぜ?

 

それは、長年かけて作り出した自分自身の思考の癖が身体に染み付いてしまっているか
らです。

 

 

これは2日や3日でどうにかできるほど簡単な問題ではありません。

 

先のことを考えて悩むという思考を肚で理解してしまっている状態なのでこれを解放
されてあげなければいけないからです。

 

 

そして、解放するにはそれなりに新しい思考の癖を身につけていかなければいけません。
それには時間がかかります。私たちはホメオスタシスという機能があるために変化を好
みません。

 

 

ホメオスタシスは体温を調整するために暑いときは汗をかいて熱を放出させたり、
寒くなれば血管を収縮させて熱を逃さないようにさせたり、血液の流れを一定に
保ったりしてくれています。いってみればホメオスタシスは生命維持機能という
ろころでしょうか。

 

 

なので、いきなり今この瞬間にフォーカスしてくださいといってもほぼ99%ぐらいは
できないはずです。

 

このようなことから先への心配が出たら、何度も何度も繰り返して身体に染み付ける
のです。「今ここ」、「今ここ」と条件反射的に染み付けるのです。

・先への不安や心配に捕らわれたら先ずはそれに気づけるようにしましょう

不安や心配で悩む癖がついていると、そのことで脳のリソースを消耗して疲れているこ
とに気づけない場合もあります。

 

 

しかし、このようなときにも身体には何らかのサインが出ているはずです。

 

 

発汗があったり、動機がしたり、こめかみがピリピリしたり、人それぞれ違うと思い
ますが、これすら気づけなくても何かモヤモヤしてるものがあると思います。

 

 

気が抜けたときに何かふっと思うことだったり、何か直観的なものでも意識を向けて
みることも捕らわれに限らず何かに気づくヒントがあると私は思っています。

 

 

なので、気づこうとする意識を持つことも重要だと思っています。

 

 

私も人に言われて初めて気づくこともあります。美容師さんにカットして洗髪して
軽く頭のマッサージをしてもらいます。

「かなり凝ってますね。」って言われます。

 

 

神経質気質の人はいつも無意識化でもピリピリと神経を張り巡らせていて、思考も
過剰にしやすい傾向があるので私もかなり脳のリソースを消耗しているんだと思い
ます。

・神経質気質の人はやせ型が多いというのはあながちウソではない?!

よく体型による性格傾向などがありますが、体格が良かったり、太っている人は
あまり細かいことに気を取られなかったりする人が多いのかも知れません?!
(もちろんそうじゃない人もいるでしょう。)

 

 

そして、やせ型の人は神経質の人が多い気がします。それは飲食店の店員を見ていて
もそう感じます。

 

 

やせ型の店員は表情はあまり豊とは言えませんが、テーブルを拭くのにかなり丁寧だ
ったり、レジでの金銭の授受に関しても丁寧に確認してる人が多いような気がするの
です。

 

 

紙幣は一度自分で数えて確認してから札の向きが反対の物があれば向きを揃えた上で
私の前でもう一度数えて渡してくれる人もいます。

 

 

一方で体型ががっちりしてる人は大雑把な人が多いような気がします。
(失礼ですが私の感覚値です。しかし皆が皆そうではないです。)

 

 

テーブルを拭くのに関しても、前に座っていた客に出したグラスの水の水滴がテーブル
についていてもテーブルを拭いているのに気づいてない人すらいるのです。
指摘してようやく拭いてくれますが…

 

 

金銭授受に関しても自分だけ確認して客に手渡すという人がけっこういます。

 

 

すこし、失礼な表現も含みましたが結局何が言いたいのかというと神経質気質の人は
細かいところに捕らわれやすいので、致命傷さえなければ大雑把さもときには必要で
はないかということです。

 

 

いろんな人を観察してみると、ここまでしっかり確認したりしなくてもいいのかとでも
ヒントになることもあるかも知れないということです。

・誰でも不安や心配はある!足が竦むなら松明が灯が見えるところだけ意識する

先のことで不安や心配は先述のように私も未だこのような感情に振り回せて、脳のリソ
ースも消耗しているのですが。

 

 

つい先日、都内のある駅と商業施設をつなぐ屋外のコンコースを歩いていると
「誰でも不安があって当たり前だよ」と電話で話している女性がいました。

 

 

通りすがりだったのですが、電話口の向こうの相手に何を相談をされたのかわかりませ
んが、閉塞的な世界で人間は生きていて各々不安を抱えているということです。

 

 

この記事でもかいてきましたが、渋々でも今この瞬間に意識を向ける癖をつけるのは
未来を少しでも生きやすくするためのひとつの方法だと思います。

 

そして、何か行動する際にも不安や心配が先行してしまうことも多々あります。

 

 

私はこんなときはこめかみ辺りがピリピリしたり、そのときよって状態は違うのですが
足が竦んでしまいます。

 

 

なので「足が竦んだときは松明の灯が見える」ところだけをイメージしています。何か
目標を持って一歩歩み出したときには「今この瞬間」と少し広い範囲の「松明の灯」
イメージしてみるのもひとつの方法だと思います。