イヤな観念から派生する心配や不安は思い込みの方が多く不都合なことは起こらない可能性が高い気がして、ふと思うときの直観などは現実に起こることが多い気がする。

・あなたは勝手思い浮かぶイヤな観念とふと思うときのことを区別していますか?

抽象的且つ各々の感受性や捉え方によるので難しいのですが、私も最近少しこの区別が
できようになった?気がします。といってもほんと少しだけで、観念なのかどうか不安
におののくことは未だに変わりませんが。

 

 

筆舌に尽くし難いですが、観念から派生する種の感情は恐怖が凄まじいですよね!
ふと思うときは何となく恐怖というのはあまりないような感じがするのです。
あまりないというより恐怖という感情はないと思います。

 

 

何となくそう思うとしか書けないのですが…

 

 

先への不安や心配事は枚挙に暇がないのですが、直観を信じてみるのも生きるヒントに
なるかも知れません!?

 

 

こんなことを書くとスピリチュアル寄りの人間に思われそうですが私は無神論者です。

 

 

あなたも私と同じようなことで、悩むことがあれば参考にしていただければと思います。
事項からはさらにオカルト?と思うよう内容も出てきますので、この手の話が嫌いは方
はこれより先はお読みいただかない方がいいかも知れません。

・物事をどう捉えるのか?最後は自分自身を信じるしかない!

不安や心配、イヤなイメージから派生する観念でも自分自身にとって不都合なことは
とにかく抗えば抗うほど勢力を増して、私たちに恐ろしいことを囁いてきます。

 

 

そして、それに反応した私たちは縁起を担ぐために、この囁きのときはここの道の
このタイルを左右同時に踏んで打ち消すという行為をすることで一時の不安を消し
たり、消毒したり、繰り返し行動をして安心を得ようとします。

 

 

しかし、これらをいくらやっても一時の安心感しか得ることができませんね。
そして、安心してもすぐにまた別の形でイヤな囁きが聞こえてくるのでやはり
きりがないのです。

 

 

また、ご存じのように何か行動をすればするほどひどくなりますね。

 

 

当たり前の話ですが最終的に、守ってくれるのも助けてくれるのも自分自身なのです。
変な言い方ですが、自分の魂を信じるしかないということだと思います。

 

なので、たまには直観で物事を感じ取るということも必要なのかとも思うのです。

・シンクロニシティというのは本当にあるのか?

あなたも一度はシンクロニシティという言葉を聞いたことがあると思いますが…
心理学者のカールグスタフユングが提唱した概念で、「意味のある偶然の一致」など
と言われています。

 

 

例えば、何年も会ってないある人のことを考えていたら偶然で遭遇した、自分が思い出せ
なくて考えたり悩んでいたりしたときに、あるカフェに入ったときに偶然他の客同士がそ
の内容のことを話していて、思い出すことができた、これが食べたいと思っていたら偶然
に知人にお土産として貰った…etc

 

 

いろんケースがあると思いますが、シンクロニシティ理論をを研究してる人も世の中にた
くさんいますが、一般の人は言語では説明ができずこれを超越して起こる何か不思議なこ
とと捉えることが多いと思います。

 

 

そして、一般の多くの人はこれを心理的な事柄と物理的な事柄を超神秘的な事柄として
結びつけるようです。

 

 

前述のように私は無神論者なのでこのようなことはわかならいのです。

 

 

ただ、このような現象を体験してモヤモヤと囚われたり、不安や心配、恐怖などから派生
する様々なイヤなイメージや観念などに支配されなければこのような言語で説明できない
ことは何か生きる上でヒントがあるのかも知れない?と思います。

・前の週にあるホテルのHPを何気に見ているとその次の週にそのホテル泊まることになった件について

私には目標にしているあることがありまして、その繋がりで私は近い将来(来年か再来年)
あたりにはこのホテルに泊まるのかなということを思ってHPを見ていました。

 

 

これは先月のある週でしたが、なんとその次の週にそのホテルに泊まることになったの
です。

 

 

それは日本国内なのですが、私の場合東京に住んでいるのでそこへ行くにはほとんどの場合
飛行機で移動しなければ行かない場所です。

 

 

偶然と言えば偶然なのかも知れませんが、事前にHPで見たホテルの客室紹介動画の眺望も
だいたい同じような位置だったのでん?と思ったのです。

 

 

これは言語化できませんが前述したシンクロニシティ?のようなものなのかな?
と捉えることもできますが…

 

 

あなたもこのような体験はないでしょうか?私はこの件について普段の不安や心配、恐怖、
イヤなイメージや観念というのにもあまり感じなかったのですが。

 

 

ただやはり不思議だなという感じはあります。何か生きていくためのヒントが隠させている
かはどうかはわかりませんが。

 

 

最後は自分でどう解釈するのかということに尽きるのだと思いますが…

 

 

この記事は自分自身書いていてもまとまりがなく不思議な感じで、何を書きたいのかも私
自身もよくわかってません。様々なことに支配させていたり、悩まされている神経質気質
のあなたの参考になるのかわかりませんが、参考になれば幸いです。