窓ガラス結露に対する潔癖は結局のところ部屋の環境や条件によっては対策ができないこともある。賃貸なら管理会社や大家に遠慮なくいうのが賢明!

・窓の結露、湿度に嫌悪感を感じる潔癖で困っていませんか?

部屋の結露対策として部屋の向き(東西南北)日当たりの良し悪しや建物の構造
(木造、鉄筋など)によっても変わってきてしまいます。

 

住む人も多ければそれだけ湿度は高くなります。痩せている人太っている人
でも湿度は変わってきます。

 

周りに建物で囲まれていて、日当たりが悪く部屋も狭く、窓も小さいとかだと
風の流れも悪くなるので必然的にこもりやすくなってしまいますね。

 

こういう部屋だとクローゼットの中も湿気でベトベトになってしまうというこ
ともありますね。

 

服もカビだらけになり、臭くて処分せざる得ないということもあるかも知れま
せん。

 

 

この記事では事項からは湿度からくる結露や住宅環境などについて書いてい
きます。参考になるところはご活用いただけると幸いです。

 

・賃貸住まいであるなら管理会社へ交渉!分譲住まいなら引越しを検討する

あなたが賃貸住宅の場合は入居中のトラブルや不具合があれば管理会社や大家
(貸主)に連絡することでカビてしまった服も弁済してもらえる可能性もありま
す。

 

 

一方で分譲タイプだとすぐに引っ越すなどということは難しい人がほとんだと
思います。その場合は住宅アドバイザーのような人に相談するか、引っ越しを
検討するかだと思います。

 

 

小難しいですが、賃貸契約の場合は書類にも記載があると思いますが、
善管注意義務というのがあります。

 

 

環境や建物構造上結露することでクロスが前面カビてしまったけど、逆にこれ
を連絡しないでいると退去時に放置したという見られ方をされてしまい敷金か
ら差し引かれてしまいかねません。

 

 

なので、不具合やトラブルがあればどんどん言うのが賢明だということです。
(入居時には日付を入れて写真を撮っておくのが無難です。)

 

 

また、あなた自身もそんな環境で生活していると気持ちすさんで心も病んで
くると思います。

 

 

結露やカビの発生を機に潔癖症になってしまう人もいます。もともと神経質
の人だと日常生活のいろんなところにトリガーとなるもので溢れています。

 

 

なので、解決できる可能性があるならメンタルヘルスのためにも相談してみ
ましょう!

 

・そもそもどうして結露ができるのか?

結露ができるのは一般的な環境の場合主に冬場と梅雨時でしょう!

 

①冬場は暖房で部屋の温度を温かくする機会が多いと思います。
そして窓付近に近寄れば冷気で寒いですよね。

 

空気の性質として温度が高いと水分量を多く含むことができます。
逆に温度が低いと水分量は多く含むことができません。

 

上記の理論から温度が低い窓際に温かい空気が流れ込むと結露に
なります。

 

②梅雨時は先述の理論は当てはまりませんね?

 

 

気温は高いはずですが、結露ができるのは水分量が多すぎてしまう
からです。

 

5リットルのバケツに例えると、水は5リットルしか入れることが
出来ません。

 

 

しかし、5リットル(5000ml)から1mlずつ増えていくと
バケツの嵩が増えてどんどん溢れてきてしまいます。

 

 

5リットルのバケツに10リットルの水を入れると溢れかえって
バケツの周りは水浸しになります。つまり飽和状態なのです。

 

これが温度の高い梅雨時でも結露になる理由です。

 

・宇宙に行かないと湿度0%はない!湿度がないと人が生きていけないワケとは?

地球では砂漠に行っても湿度20%ぐらいはあるので、現実的にはどこへ
行っても湿度はあるとうことになります。

 

ひとつだけ限りなく湿度0%に近いところがあればそれは宇宙です。
大金持ちになって宇宙旅行にでも行って湿度0%の世界を経験して
みるのもいいかも知れません(笑)

 

 

いや、でも湿度0%だったら私たちにとっては問題なんです。

 

呼吸するだけでも体内の水分が蒸発してしまい、おそらくそのまま過ごすと干から
びてしまうんだと思います。

 

 

成人の大人で水分量は60~65%あるので、どんどん水分が抜けていくという
のが推測されます。(実験例がないので間違っていたらごめんなさい。)

 

 

また、冬場は乾燥していてインフルエンザにかかりやすくなります。乾燥してると
ウィルスにとって絶好な環境なので湿度0%だと未知なるウィルスなども発生して
しまうことも考えられます。

 

 

湿度0%では人は生きていくことはできないということになります。

・湿気についての汚染に対する恐怖が激しい場合は目視と感触レベルで濡れてなければOKとするとラクに生きられる

湿度に湿気絡みの汚染に対する恐怖でお悩みの潔癖の方は前項でも触れたように湿度
0%では生きていくことができないのです。

 

 

エジプトとかでも平均すると年間平均すると湿度25%ぐらいと言われています。
場所によっても変わってきますが、カラカラの砂漠、ピラミッドがあるようなとこ
でもそれぐらいの湿度があるのです。

 

なので、空気中のわずかな湿気も気にすると物理的に生存することができないの
で神経質の私たちはついつい、白か黒、0か100どちらかで物事を考えやすい
傾向にあるのでここでは生きるために最小限湿度は必要と考えてみるのはどうで
しょうか?

 

 

また、逆にこれも前項で触れていますが、湿度が低いとインフルなどのウィルスに
感染しやすくなります。これもこれでまた厄介ですね。

 

 

心理的な問題なのでなかなか難しいですが、最終的に見て、触って濡れた感覚がな
ければ(手で触ったときにサラッとしている)問題ないと思えるようになれば湿度か
らくる汚染の恐怖、不潔の恐怖の苦しみは軽減するでしょう。