コンセントに溜まったてるかも知れない埃?!火事が起きてしまっても火災保険でカバーすればいいことにしてみる?!

・あなたはコンセントプラグの埃に気に捕らわれ過ぎることはないですか?

コンセントプラグに埃がたまってるのではないか?、と気になって外出ができな
くなってしまうということはないでしょうか?

 

私も少し昔火事や火災に関する恐怖に陥り電源プラグにほこりがないか頻繁に
詮索していました。ひとつの電源プラグを確認するのに20~30分ぐらはか
かっていたこともありました。

 

トラッキング防止用のコンセントにシリコン製のプラグカバーをつけていましたが、
このシリコン製のカバーに少しでも埃がつくと捨てて新しいものに替えていました。

 

 

洗うということができないのです。それは洗って乾かしているさいに埃がついて
火事や火災が起きるのではないかという思考が先行するからです。

 

 

また、プラグカバーの2つの空洞はチリがないか虫眼鏡で見て確認したりしてい
ました。

 

もともと神経質気質なので、イライラやストレスが多いときは特に必然的に疲れて
てしまうことが多くなります。するとほこりがないかどうかをハッキリと確信を持
つ自信を持つのに更に時間がかかるのです。これがまた自分との戦いで大変なのです。

 

 

そして、延長コードなど捨てれるの物はどんどん新しい物に買え替えていました。
多分3~5年くらいは持つのでしょうが、私の場合は3~4カ月ぐらいの割合で
替えていました。

 

 

先端のプラグ部分のほこりがとにかく気になり(実際についていないとしても)
不安になるので買えた方が気分的に少しは安心できるのです。またコード自体
も断線などすると発火の原因にもなるなと思ったことでもあります。

 

 

とにかく、トラッキング防止、埃カバーだろうが何をやってもダメなんです
ね。安心できないのです。

 

でもまぁ、私よりも火事の恐怖にだけに執拗に執着して不安を感じてしまう方は
もっと大変なんだと思います。

 

 

延長コードを毎日替えている方もいるかも知れませんね?

 

 

最終的にいくら確認しようが、心配だろうが、不安だろうが、その感情はそのままに
していてひねくり回さない方がいいです。抗うと余計ひどくなりますから。
でもわかっちゃいるけど、ひねくり回すのが神経質気質の特徴でもあります。

 

 

この記事ではコンセントプラグから家事、火災に不安や心配を抱えてる場合の
ご自身との向き合い方などをまとめていきます。

 

 

・保証がバッチリの火災保険に加入してるから火事になったら保険でまかなってもらおう!

かなり開き直ったようなことを書きますが、火災保険に加入しておけば家事になっても
保険でカバーしてもらえます。

 

 

「お前は何をバカな事言ってるんだ!!」

 

 

とお叱りを受けると思いますが、もちろんそれは理解できます。
私もコンセントプラグの埃の確認の時間に30分かかっていた人間ですから。

 

 

だからこそなのです!

 

 

思いっきり開き直ってしまうことも少しはラクになると思いませんか?火事になるかも
知れないから、火災保険に加入するのですよね?

 

 

そうしたら、コンセントプラグの確認や火災になりそうな箇所の確認などは、もう少し
肩の力を抜いて確認できると思うのです。

 

 

しかも、この保険があるということから、確認行為にしても精神の安定が目的ではなく
事実を目的に確認をできるかも知れません?!

 

 

もちろんこのように開き直るのは不安と心配などの苦痛が伴うのであまりにパニック
なってしまう場合はその限りではありませんが。

 

・スマホの過充電で火災の原因になることもあるが、ほとんどのスマホには過充電防止機能がついている。念のためにメーカーに問い合わせてみよう!

スマホの充電で火災の原因になると言われていますが、ほとんどのスマートフォンには
過充電防止機能がついています。

 

なのでもし就寝中に充電して満充電になっても原則発火や爆発の恐れはないと思って
もほぼ問題ないようです。

 

しかし機械なので過充電防止機能がショートして爆発から発火にいたることも100%
無いとは言い切れません。

 

 

なので、あなたのスマホの過充電防止機能の有無、過充電防止機能がショートした
ときに問題ないかをメーカーに問い合わせておくのが無難です。
保証問題なども聞いておくといいでしょう。

 

 

そしてこの記事を読んでいただいているあなたも神経質気質なので大丈夫だと思い
ますが、出入力Aなどを確認して規格にあった充電器を使用することは大前提にな
ります。

 

またなるべく就寝中には充電しないようにするのものいいでしょう。もしせざる
得ない場合は別の部屋で燃える物がないようなところで缶などに入れて充電して
みるのもひとつの方法だと思います。

 

・火災の不安が恐ろしくてコンセントのゆるんでる部分を外出前に詮索してしまう、ゆるみは埃カバーをつけて隙間をなくそう!

コンセントがゆるくなってことはないでしょうか?ようするに遊びができていてコン
セントに挿している電源プラグが少しむき出しな状態(1ミリ~1.7ミリぐらい)
で火事を連想させてしまうならすぐに対処したほうがいいです!!

 

 

神経質気質全般にいえることですが、ひとつの思考のクセがどんどん関係のないと
ころに派生してしうからです。怖いのは全く理屈に合わないことが誤った解釈によ
り(自分なりの理論)無意識にデータベースとして構築されてしまうのです。

 

 

なので、ゆるみが気持ち悪いと原因がはっきりしてるうちにさっさとシリコン製の
プラグ保護カバーをつけるのがいいと思います。

 

 

ぴっちりと密着してくれるので、必要以上に不安な妄想に掻き立てられることを軽
減できると思います。

 

 

そのままにしておくと隙間に対する恐怖に発展してしまうかも知れません。

 

・消防車のサイレン音を聞くと家かも!?っと思ってしまい不安でパニックになる!火事への心配が強すぎる場合ブレーカーを落として自信をつけよう!

消防車のサイレン音が聞こえると自分の家かも知れないという不安に襲われて
パニックなってしまう場合は応急処置としてブレーカーから落としてみるのも
いいと思います。

 

 

大元の電源入ってない状態ですから。

 

 

しかし、ここでまた問題がでてきます。火災への不安自体そもそも確認壁も包含
してるのでこの場合は「本当にブレーカー落としたっけって?」なると思います。

 

 

また、ブレーカーを落として安心してしまうことを覚えてしまう更にエスカ
レートしてしまったり、他の不安に掻き立てる観念への派生して新たな不安
を産み出してしまうこともあり得るからです。

 

 

そして重度の潔癖も併発している場合で、部屋が汚い場合は物を減らすなどを優先
するのも気持ちがいくらか軽くなると思います。

 

 

なのでいろんなケースがありますが、一時的にブレーカーを落とすということも
悪い方法ではないと思います。
そして必要があれば認知の歪みなどを矯正してみるのもありかも知れません。

 

・私が家電量販店のスタッフと話していて、コンセントプラグに関して気分が軽くなった件

私が延長コードと埃プラグを買いにいつも行かない家電量販店に行ったときの話です。
初めて行った店で、これらの商品のカテゴリも大雑把だったので、スタッフに聞いて
案内してもらいました。

 

 

そこで、延長コードの長さが私が求めてる物がないところから、このスタッフと色々
と商品に関して話をしました。

 

 

ついでなので、コンセントプラグの埃の件について前述してるようなことを何気に聞
いてみるとそこまで気にすることはないとのことでした。

 

 

スタッフ曰くようするに、火災になるのはプラグ周りに燃えるぐらいの埃、つまり塵
のような状態のときに一度発火すると次々と燃え移るということでした。

 

 

なので、宙に舞ってる埃の状態では、湿度やいろん条件が揃って発火したとしても、
威力が弱く発火源がその埃だけなので家事にならないということのようです。

 

 

そして、このような状態はどこの家庭でもあるということです。

 

このようなことを聞いて気分が少しラクになりました。