神経質気質で感覚的な刺激に敏感!自分自身を深く理解することで生きづらさも軽減できるかも知れない

・脳内から来る?感覚的な過剰な刺激で目の前リアルの営みが疎かになっていませんか?

もともと神経質気質があると感覚的な刺激に敏感な傾向が強いように思うのは私
だけではないようですが。

 

 

感覚的な過剰刺激は脳の神経回路(信号)によるものと私は勝手に解釈していて情報
の取捨選択がうまくできないのだろうと思います。

 

それは大きな音だったり、寒い暑いなどの体温に関することだったりと様々なの
ですが…

 

 

やはり生きづらさが強い故に脳の使い方解釈の仕方が恐らく普通の人とは違うとい
うのは時折感じます。

 

単純なことをわざわざ複雑にしてしまったりするようです。

 

例えば鍵の施錠確認で普通の人はガチャガチャと音や手の感覚でシンプルに閉まっ
てると判断できるようですが、私はこれが困難です。もちろん感覚を感じようと意
識はしているのですが難しいのです。そして本当に閉まったの不安になるのです。

 

たまにうまくいくときもありますが、ほとんど不安におわることが多いです。

 

 

鍵を閉めるときに、普通の人のようにシンプルに判断できないと脳が認識している
のか?ガチャガチャという音と手の感覚と同時にその時に浮かんだ物のイメージに
置換して、それをまた還元するというようなことをしていることが多いです。

 

 

具体的には鍵を施錠するときに嫌いの人の顔が浮かんだとしたら、少しばかりの
アドレナリンが分泌されてボクシングでいうジャブだったり、フックだったりで
相手がノックアウトしてるイメージに置換して鍵をかけてる自分に戻り何かにリ
ンクさせて鍵を施錠確認するという工程を踏んでいるようです。

 

 

しかし、アドレナリンが分泌しすぎてしまうと鍵の施錠をしたかが判断しづらくな
るので困りものです。

 

 

また矛盾してるようですが感覚的な刺激が強すぎてしまい極度の疲労に陥ることも
あります。

 

 

私は潔癖傾向もあるので何か触りたくない物に触れてしまったのではないか、
実際は触ってないはずなのに触ってしまったという風に感じてしまうこと或い
は手のひらが痒いと、足の裏が痒いと感じると長い時間掻いてしまうなど。

 

 

なかなか解明ができませんが、他のアプローチが必要かとも思ってます。

・なぜ脳内で勝手に浮かぶイメージなどが過剰な刺激となり感覚過敏になるのか?素人の私なりの考察

神経質気質の傾向があると、応用が利かず一つのことしかできないということが度々
あると思いますが、あなたはどうでしょう?

 

視覚情報でも聴覚情報でも取捨選択ができないことが私自身度々あります。

 

例えば私はマンション住まいで1階に各住民の郵便ボックスと共同の宅配ボックスが
あります。約120世帯あるのですが、外出時に私の郵便ボックスの番号式の鍵を開
けて郵便物を確認します。

 

この際に他の住民が帰宅してきたら、ポストチラシなのか、自分宛に届いた郵便物な
のかを確認していたはずなのにドアが開く音と住民に気が囚われてよくわからなくな
ります。

 

そのときにしてたこと(郵便物の仕分け)が他の音という刺激によって、音に反応して
しまうためなのか今までしていた郵便物の確認という行為が阻害されていしまいます。
意識しても選択的にすべきことに注意が向きにくくなるのです。

 

情報の取捨選択が選択的にできないというのは生活にもかなり支障が出てしまいます。

 

ということであちこちからノイズが入ってきて情報の取捨選択が選択的にできないから
精神が不安定になり精神を安定させるために確認という行為を繰り返したり、ノイズが
外部から入ることによりすべきことが阻害される(時間が切り離されてしまう)ので再度
確認のためにやると、また他のノイズが入り阻害されループすると感じます。

 

・注意することに集中できていない!余計な物を取り込みやすくなる脳の構造

私たちの脳は日々様々な化学反応が行われていて、その刺激によって言動や行動や感情
などが行われてると思いますが。

 

神経伝達物質(脳内のホルモン)が流れる神経の経路に不具合があるとやはりバランスが
悪く支障をきたすようです。

 

 

神経質の人はセロトニンの分泌が少ない、足りないなどではよく言われていてますが、
この点については未だに未解明のことが多く、セロトニン不足ということ自体が仮
説なのでこれを紐解くには時間がかかりそうです。

 

また、これも本当かどうかわかりませんが、セロトニンの経路は日本人とアメリカ人と
は形が異なるという話もあるようです。日本人は棒状形状でアメリカ人はS字??

 

確かにS字の方が幸福ホルモンと言われているセロトニンは流れにくく満たされてる
時間が長いので陽気な人が多い?とかそんな説もありますが、実際には作り話かも知
れませんし、捏造かも?知れません。

 

何がなんだかわからないのですが、化学反応がうまくいかないために神経伝達物質も
さらにその経路にも機能的に不具合があると集中力が続かなかったり、必要な情報の
取捨選択ができないのはあながちウソではなさそうです。

・脳内で勝手に浮かぶイメージから派生させる感覚刺激にはリアルの世界での感覚を意識するしかないと思う

私が思うに脳内で勝手に思い浮かぶ、いやなイメージや妄想、観念などが強すぎる場合
には他の記事でも書いてると思いますが、リアルな営みを丁寧に行い、その営みに細心
の注意と意識を向けてリアルに感じるトレーニングが必要だと思います。

 

抽象的でパッとしないかも知れませんが、前項の例のように郵便物の確認する際にしても
私の場合音という刺激に過剰反応してしまうのでポストチラシなのか郵便物なのかの確認
を途中で阻害されてしまいます。

 

この場合の対応策として、音(聴)に対して見る(視)のが疎かになってしまうので、
郵便物の仕分け確認に於いては「見る>音」という神経回路のバイパスを太く
する必要があるということです。

 

実際どうするかは何度も何度もイメージすることだと思います。音や人の往来することで
をイメージしながら「見る>音」のバイパスを太くするというのが現実的かと今のところ
思います。

 

ときに呼吸と併せてリンクさせたり、シーンなどによっても変わってくると思うのですが。