コロナ禍で自粛ストレスとレジ袋有料化及びマイバッグで万引きしてしまったのでは?という加害的な観念との付き合い方

・あなたは万引きしてしまったのではという脳内で勝手に浮かぶイメージで苦しめられていませんか?

あなたはコンビニ、スーパーで万引きしてしまったのではないのかという脳内からの
イメージが浮かび苦しめられていることはないでしょうか?

 

 

レジ袋有料化もその背景にあると思うのですが…

 

今は世界中新型コロナウイルス、コロナ禍の最中でありますが先の見えない不安や心配
で神経質じゃない人でもストレスに対抗するためのホルモンなども枯渇してきていると
思います。

 

 

そして、いろんな条件が揃って体内、脳内でのホルモン等の化学変化で何らかの契機で
神経質気質になってしまう人もいると思います。

 

 

これから、コロナを引き金に神経質になる日本人が増えると思います。

 

少し話が逸れましたが、この記事では万引きしてないはずなのに万引きしてしまったの
ではないかという考えに支配されて苦痛を感じてる方に、この観念との付き合い方など
を事項からまとめていきます。

・あなたは万引きなんてしていない!それは脳の間違った認知による思い込み!

自分は自分が万引きして店に損害を与えてしまったのではないのか?

 

 

「盗んでないはずだけど…?!」と頭の中で店のマップをイメージして自身がどこの
コーナーを通って、何を手にしてと記憶を辿りながら思考を整理して何も盗んでない
はずだけどやっぱり不安だ…

 

 

だけど、もし本当に盗んだとしたらこような観念に支配されないはずです。
万引きする人は、盗む商品だけとってさっさと店を後にします。

 

 

頭の中でいろいろ整理するヒマなんて作りません。そんなことしてたら捕まっちゃい
ますから。

 

そして、少し考えて欲しいのですが店に行くたびに万引きをしていたらどこかで保安員
などに声をかけられるというのが1度はあると思うのです。

 

そのようなことがなくても、いつも万引きしているなら防犯カメラでチェックされて
要注意人物としてマークされるはずです。

 

 

「いや、マークされてないだけで私は盗み続けている」という思考に支配されても先述
のように「店に損害を与えてしまったのではないのか?」というような観念は万引き常
習者はそんなこと思いもしません。

 

このような状態にになり加害者のような観念に支配されて、どこかの店に入店するとい
うこと自体が万引きをイメージを連想させてしまっているかも知れません?

 

 

スーパー、コンビニのTVコマーシャルを見るのも苦痛かも知れません?!

 

 

このような状態であると買い物もできなくなっていて、ネット通販しか利用できな
いということもあるでしょう。(カード決済にして)

 

でも、あなたは万引きしてないです!あなた自身では確信を持てないと思いますが、
どこかで万引きしてないはずだけど、したかも知れない?

 

ここに確信が持てないから苦しむと思いますが、
そう思いながらもあなた自身「自分はアタマが可笑しいんじゃないか?」
という考えもどこかであるはずです。

 

 

先述してることを時間はかかりますが何度も反芻してみると、けっこう堂々巡りかなと
認識できるようになると思います。

 

・「万引きしたのではないか?」という不安に襲われたら呼吸することに意識を向ける

この種の観念もケースバイケースですが、非常に不安が強いときは一度この感情を手放す
ことに意識を向けることも大切だと思います。

 

一度そのまま呑まれた状態で、呼吸することに全神経を集中させるのです。
呼吸は無意識で行ってるので、敢えて意識を向けて行うことです。

 

・肩が上がっていたら方の力を抜いてストンと力が抜けているイメージをする
・鼻から〇〇秒かけて吸う
・○○秒かけて口から吐く
・空気を鼻から取り入れるときは空気が鼻腔を通っているというイメージを持つ
・空気を口から吐くときは鼻に取り入れるように口をすぼめて細く、時間をかけて吐く
・肺に空気がゆっくり入って膨らむを感じる
・肺から空気がゆっくり抜けていくのを感じる
・呼吸をするときは丹田を意識する

ここに挙げたの物でしっくりくるものをあなたの中で落とし込んでいただけると幸い
です。もちろん、しっくりくるもをご自身で加えてもいいと思います。

 

 

※〇〇秒はあなたの一番いい呼吸をしていると感じられるのあなた自身で
 試して決めていただくのがいいです。短くても浅い呼吸でも苦しくなる
 ような時間でも意味がないと思います。

 参考までに吸うのに5秒、吐くのに10秒ぐらいがいいと思います。

 

・「万引きしたのではないか?」という観念も潜在意識を観察した方が生きやすくなる

いつも述べてるように神経質気質の人は不安や心配などがとかくひどいのでいつも
生きづらさを感じて生きていると思います。私もその一人です。

 

この章では潜在意識を観察した方が少しラクになるであろうということをまと
めていきます。

 

 

私自身は「万引きしたのではないか?」という観念はあまりないのですが。
(年に数回)神経質気質の人は脳の独自の理論の思い込みなどで脳の認識の
仕方も独特のものがあります。

 

 

なので、「普通」という言葉を使うのはなかなか難しいのですが、社会通念として
「普通」の人はどうなのかというの考えていただければ後述することのヒントにな
ると思います。

 

もし万引きしていたら、そのときに感じる観念は捕まらないよう防犯カメラの
死角になるところで、人のいないところで、私服警備員がいるかも知れない?…etc

 

 

という如何に見られないように商品を盗み店を後にすることことばかり考えるのが
普通です。

 

あなたの中にこのような潜在意識はありますか?
ないはずです!!

 

 

補足ですが、潜在意識とは無意識で行ってることで意識して行う顕在意識とを
%で表すと無意識で行うのは95%ぐらいというデータもあります。

 

そこで逆説的に捉えると先述したように「防犯カメラの死角」、「人のいないところ」、
「私服警備員」…etcなどを徹底的に意識化に落とし込まなければいけないとうことに
なります。

 

これを、5%の顕在意識落とし込むのに6カ月ぐらいはかかるはずです。

 

このようなことからあなたは万引きしていないはずです。

 

・コロナの自粛ストレスとレジ袋有料化でマイバッグ持参が増えることで万引きにしたのではと思う人が増えていくと感じる

コロナの自粛ストレスで神経質になり、さらにレジ袋の有料化でマイバッグを持参
することで、マイバッグに商品を入れてレジを通さず店を出てしまったのではない
か?

 

などという不安や心配などの観念囚われてしまう人が多くなると私は感じます。

 

最近はレジ袋有料化に伴って万引きする人も増えているという現実ですが、こういう
ニュースを見て更に不安などに拍車がかかり「私も万引きするのかも知れない?」と
いうようなイメージが湧き出て店に行けなくなるという人が増えると思うのです。

 

 

これは先述してるように高いストレスで体内、脳内での神経伝達物質等のホルモン
の化学反応がアンバランスになるとこのようなことが起こりうると思います。

 

こういうときこそ、自分自身のメンタルヘルスのためにも時間をとってケアすること
を積極的にすることも重要ではないかと思います。