エレベーターの乗降でぶつかって子供や年配のお年寄りを転ばせてしまったかも?怪我をさせてしまったのではなという不安と心配の付き合い方

・あなたは見ず知らずの不特定多数の人に被害を与えてしまったという考えに悩んでいませんか?

エレベーターや電車の乗降で小さな子供やお年寄りなどの年配の人にぶつかってしまい
転ばせたり、怪我をさせてしまったのではという風に思うことはないでしょうか?

 

あるいは自分の咳やくしゃみで何か悪い菌やウィルスを他人にうつしてしまったのでは
ないか?

 

極めつけは車を運転していて誰かを轢いてしまったのではないかということなどです。

 

いろんな不安や心配という感情に襲われますが、この記事ではこれらの感情を如何にして
共存するかをまとめていきたいと思います。

 

・ぶつかったのではないかと悩むのであればそれはぶつかっていない?!

他人にぶつかって怪我をさせてしまったのではないかと悶々と悩んでいるならそれは
ぶつかっていないはずです。

 

それぐらい繊細であるならぶつかったらわかるはずですし、人一倍注意しているはずな
のでぶつかっていないとあなた自身も頭の片隅にでもかすかにぶつかってないはずだと
どこかで思っているはずです。

 

しかし、過剰に反応してしまう性なのです。

 

安全性への意識や周りに対する配慮が強すぎるあまりにこのように感じてしまうのです。

 

あなたがもしぶつかったら、必死に謝っているはずです。子供や年配の人が転んだら
起こそうとするはずです。

 

でも、ぶつかってないのに本当はぶつかったのではないかという考えに囚われてしまい
頭の中で再現して確認したりするのはのは安心を得ようとしているためだと思われます。

 

でもそうやって安心を得ようと固執すると余計に悪いイメージが襲ってきませんか?
パッと対象者を振り返りぶつかってないという事実を見るように意識するのが大切
です。

 

パッと対象者を振り返ってほとんどの場合相手はこちらを見ていません、見ていないの
ならぶつかってないとはずだというかすかな感覚とリンクしてぶつかってないと事実を
確認することです。

 

稀に自分が振り返ると対象者も振り返ることもあるかも知れませんが、そういう場合
でももしぶつかっていたら何かお互いあるはずだし、相手があなたの感覚に干渉しな
い持ち物にぶつかってみていただけかも知れません。

 

例えば、大きな鞄などです。そしてもちろん逆も然りで鞄が相手の身体に触れること
もあるでしょう。ですが、その場合であっても酷い当たり方をすればあなたもわかる
はずです。

 

このようなことひとつにも神経をすり減らすあなたです。
無意識のうち当たらないようにしているはです。

 

当たったとしても大した問題にはならないはずです。

 

また、お互いぶつかってなくても意味もなく何気に振り向くということだってあなた
もありませんか?

 

なんとなくかすかな感覚でいいのでもう少し自分を信じてあげてください。

 

・敢えてぶつかってみるのも繊細な感覚を鍛えるトレーニングになる

エレベーターや電車の乗降で敢えて他人にぶつかってみるということをしてみても
研ぎ澄まされた感覚を解放するにはいいトレーニングになると思います。

 

それも不特定多数の人に1日何回もぶつかるのです。そしてぶつかった感覚を感じな
がらパッと振り返り対象者の顔を確認してみましょう。

 

もちろん神経質で繊細なあなたなら故意にぶつかるとしても、一般の人では気にも留
めないぐらいのぶつかり方になるでしょう。そしてぶつかったという意識であなたの
心臓はドキドキとすると思います。

 

でも、これがトレーニングであり少しづつ強くぶつかって行って、どの辺ぐらいにな
ると相手もこちらを振り向くかを肌感覚で掴めるようになるとかなり気持ちてきにラ
クになるはずです。

 

咳やくしゃみであっても敢えてマスクをせずにしてみることをするのもトレーニング
になるでしょう。

 

車の運転に関しては上記のような方法はできませんが、人のいないところや自分の
駐車スペースなどでバンパーを軽くこすらせたりするということをやってみるのは
いかかでしょうか?

 

愛車で愛着があるならバンパーの当たるところに伸縮性のあるゴムやサンドバッグ
のよりも弾力性があり車にキズがつかないような物に当ててみるのもひとつの方法
だと思います。

 

・私がエレベーターや電車の乗降時におけるのマナーで感じること

私は人にぶつかってしまったのではということで悩むことはあまりなく、むしろ
ぶつかってきて腹を立てることが多い?!です。

 

あるときに乗車率70%ぐらいの電車に乗っていて座るところがなかったので
乗降口付近で立っていました。

 

ある駅で停車して、乗客の一人が私にぶつかってきました。謝ることもしないので
舌打ちをしてやりました。

 

相手は私の舌打ちに気づいたらしく、立ち止まり片手で手招きして小声で「降りろ…」
とおどおどしながら言ってきました。

 

もちろん相手にはせず睨みつけてやりましたが、相手は特に発車する電車に再度
乗ろうとはせず、扉が閉まり電車が出発するまで私を睨みつけていました。

 

もちろん私は、乗降口を塞いで乗降する人たちの邪魔をしているわけではあり
ません。邪魔にならないようにスペースを確保していました。

 

世の中には無神経でこういうマナーのない人間もいるのです。

 

いや、私の取ってる行動は褒められるものではないとうことは十二分に自覚して
いますが「こういうことをしてみたらどうですか?」と提案してるわけではあり
ません。

 

神経質気質であっても私はこういう局面に於いてはほぼ譲りません。
神経質でもいろんな人がいるものです。

 

しかし、不思議なもので私の住むマンションでのエレベーターの乗降では気を
使ってしまいます。

 

降りる人が先という頭があるのですが、乗っていた人が降りる前に私が先に乗り
込んでしまったかということで不安になることが度々あります。

 

これを紐解くと同じマンションに住んでいて、フロアが違っても隣近所という感覚
が私の中にあるのでしょう。

 

何か被害が及ぶかも知れない?!という思考が働くようです。

 

偉そうに書いてきましたが、やはり私も事実に基づいて行動するのができないこと
の表れでしょう。

 

自分の郵便受けに何かされるのでは、部屋に入られるのではという被害が及んだらと
不安や心配が強いのだと思います。