潔癖症が買い物で困ること、他人の不可抗力による自分の中での心理的聖域を汚染されそうなときの対策と買い物のコツ

・潔癖症のあなたは買い物がストレスになっているならこの記事は参考になるかも知れません?!

 

コンビニでもスーパーでも買い物するときに潔癖があるといろんな苦労
がつきものです。

買い物するときに何に気を付けるか、買い物のコツ、商品を介して他者とのやり
取りで起こりうる苦痛とどう付き合うか、他者に何をどう主張するかを経験談と
してまとめていきます。

 

参考になるところがあればどんどんあなたの生活に取り入れていただければと
思います。

 

・潔癖症が買い物するときは覚悟が必要だ!

潔癖の人が買い物をするときには、各々潔癖の度合いにもよりますが覚悟が必要だと
思います。

 

例えば、商品棚に陳列されている商品もスタッフの手作業によって陳列されています。

 

多くのスーパーのスタッフなどは軍手をして陳列していると思いますが、やはり人の
手を介していることには変わりありません。

 

 

そして、陳列する際に商品を床に落とすなんてことはザラにあることです。
当たり前ですが落とした商品を消毒なんてしてくれません。

 

ということは私たちが手に取っている商品は間接的には2次的、3次的なことも考える
と糞尿もついているということになります。

 

 

床、地面ははトイレに行った靴でも歩きますのでやはり2次的、3次的には汚染される
ということになります。

 

 

なので、今この記事を読まれてる方は重度の潔癖ではないと思いますが、嫌悪感は常に
あると思います。

 

 

でも、なんとかかんとか買い物できる、買い物するという意志があるから読まれてるの
だと思います。事項からは私なりの買い物でのコツや工夫などをまとめていきます。

 

・レジで傘立てがない場合に会計時に傘を倒さないためには両膝で挟むのが倒す率が少ないが他に荷物を持っているときの買い物は工夫が必要

 

買い物してレジでお会計を済ませるときに傘を持っていると倒してしまうことも
あると思います。潔癖症なので床に倒してしまうと柄の部分はもちろん本体も気
持ち悪いと思う人が多い?!と思います。

 

 

消毒ウエットを持っていてもバッグの中から取り出すにしても、その取り出す
過程で触れてしまったところも次々と消毒する羽目になるのでそれだけで一仕
事です。

 

 

傘立てがないレジがけっこうあるのでつらいことがあると思います。
傘を持ってるときはあなたもご存じだと思いますが、両膝で挟むと倒
しにくいです。

 

 

しかし、複数個所で買い物をしたときにはレジ袋を3つ持っていて更に傘を持って
いるということもあると思います。

 

 

こういうときの対応としては中型以上のスーパーの場合はショッピングカートが置いて
あるので買い物かごに買い物済みの商品の入ったレジ袋を買い物かごに入れた状態で
下の段に置きます。

 

 

しかし、ミニスーパーやコンビニなどショッピングカートがない場合には買い物用の
ポケッタブルタイプのバックパックを持って行くしかありません。または大きい袋に
まとめて入れてしまう。

 

 

しかし、ひとつの袋にまとめて入れてもお会計するときは腕にかけて財布を取り出す
必要性があり腕がいたくなったりして疲れるというデメリットはあります。

 

・確認壁がある神経質気質の人はできる限り電子マネー決済で!

あなたもすでに使ってるかも知れませんが、潔癖症で確認壁もある神経質気質の人は
買い物は現金より電子マネーを使った方が精神的にラクです。

 

 

バッグから財布を取り出して、きちんとしまったかの確認に神経をつかったり、
明らかに汚れている硬貨を触らなくても済みます。

 

 

カードやスマホを端末にかざすだけなので、現金という物より心理的にラクなはずです。
ここでも確認壁があるようならIDカードのようにストラップで首からぶら下げておけ
ばいいのです。

 

また、金銭の授受事態に嫌悪感がある場合はコチラを参考にしていただければと思い
ます。

 

そして人にもよると思いますが後で消毒するにしても現金での支払いより断然ラクだと
思います。

・他の買い物客が買い物かごを床に直置きする行為をみるとゾッとする

買い物中に買い物かごを床に置いてる人よくみますね。持って移動するのが面倒
だし重いからなのでしょう!?ってもショッピングカートを使うほどでもないので
かごを持ってるんだと思いますが。

 

 

ただこういう光景を見たあとにレジで並ぶときにこういう人たちの後ろに並ぶのは
避けたいのですが、順番の都合上該当者の後のレジを誘導されることもあります。

 

 

その際に潔癖の人はどうするかですが、そういうときのために常に買い物の際
はレジかごバッグを2枚持ち歩きます。

 

店に入ったときに買い物かごにレジかごバッグを1つセットしてしまいます。
少し不審に見られるかも知れませんが、そうすると家に持ち帰る商品を直に
かごに触れずに済みます。

 

そしてお会計の際にももう一つのレジかごバッグをセットします。
これで商品を直にかごに触れずに買い物ができます。

 

もっとも人の手を介しているので二次的、三次的な汚れまでは対応できません。
このようなことから、個人差はありますが、中度から重度の潔癖の方には全く
向かない方法です。

 

 

私は何回かこの方法を試してみましたが、そもそも生鮮品を買い物する(生ものを
入れた)人もいる訳でしてレジかごバッグを折りたたんで持ち歩くのが抵抗あるの
で中断しました。もちろん今は自炊はしないですし…

 

ホントに折り合いが難しいのですが…

 

この方法ではそこそこ割り切れるタイプの(気持ち悪いと思いながらなんとかやり
過ごせる)潔癖の方には他者からの不可抗力をほんの少し心理的な障壁をうまく回
避する工夫のひとつだと思います。

 

 

また、ほとんどの潔癖の人は買い物してきた物を消毒すると思いますが、
この消毒する際にも買い物かごに直に商品を入れていなければ神経の使
い方が心理的にまったく違うと思うのです。

 

・お会計の際にレジ打ちの店員が商品を床に落としてしまったら遠慮なく替えてもらう方がストレスをためずに済む!

お会計のときに店員が商品を床に落としてしまうこともありますね。こういうときは
潔癖じゃない人でもイヤなはずです。

 

 

私は替えてもらっています。もっとも神経質気質の人はマジメで人の目を気にしたり
する人が多いので、何も言えずに泣き寝入りする人もいるかもしれません。

 

特に人に何か危害を加えたのではないかという観念に苦しむ状態もあるタイプの方は
何も言えないかも知れません。

 

でも、これが思ってる以上にストレスになっているのです。更に厄介なことに慢性化
してるのでストレスになってることさえ気づけてないことが多いのです。

 

ここは自己探求の部分なのであなた自身がいつもどういうことににストレスを感じて
いて、どういうときにメンタルヘルスがひどくなって、体調を崩すなど事細かくノート
に書き留めて一つ一つひも解いていく必要があると思われます。

 

 

時間と根気が要りますが、一度ご自身と向き合うとことでストレスもコントロール
できるようになるかも知れません。