財布を落としてないかの確認行為と財布の配置位置

・あなたは鞄からの財布の出し入れ、財布そのもの開閉などに神経を使いませんか?

 

確認行為のひとつに財布が鞄の中に入ってるか、財布の中には所定の位置に
カード類が入っているか、お札の向き、お札は番号順にならんでいるか…

 

買い物するとき、財布の出し入れひとつにも神経を以上に使いますね。
確認行為が長くなれば時間のロスも増えます。

 

そして疲れるといういつもの悪循環のパターン、と書いていたら循環という
文字に反応してしまいました。

 

循環器に身内がかかっているためです。かくいう私もこのように他の対象に
派生してしまうので神経をいつもピリピリしてしまいます。ピリピリとイラ
イラ血圧はかなり高いんじゃないかと思います。
不眠も多く早朝覚醒や中途覚醒でも悩まされています。

 

不安や心配などの観念もどんどんと別の物へと派生してきてしまい、確認行為
などをしてなくても頭の中ではその行為はしているのでやっぱり疲れてしまい
ます。

 

話が少しづれましたが、買い物のときの財布の出し入れはあなたはどうして
いますか?

 

財布が鞄などに入っているかの確認で神経と時間を浪費していませんか?
この記事では少しでも安心できる方法をご紹介します。

 

・思考をしないように意識することが必須!思考すると確認行動が過剰になる

買い物をするときに鞄から財布を取り出してしまうときの、財布がちゃんと鞄の
中に入ってるかということで振り回されて時間を浪費することがあるかも知れま
せん。

 

何度も鞄に財布が入っていることを確認して、レジを振り返るということを常に
していると疲れてしまいますね。

 

カンタンなことではないですが、思考を入れないという意識をもつことが
大事です。

 

確認してる最中にも常に思考が勝手に暴走しているので、確認していても確認行
為自体がなおざりになっているから、次々と確認をしたくなると考えています。

 

そして、確認すればするほど不安は強くなるばかりです。

 

なので、

先ず、思考が暴走させておいてもそれに反応しないようにしましょう。
「もう1回確認しろ!」と悪魔のような囁きが聞こえてきても反応しないように
することは大事です。

 

一度反応すると、「あともう1回確認しろ!」などと不安や心配のという思考から
エンドレス状態になってしまいます。

 

反応せずに、財布を鞄にしまったという事実のみ意識を向けることが大事です。

 

・日本はキャッシュレス化が遅れている!電子マネーの使える店舗が増えれば財布の確認行為で悩む人は減ると思う

日本は先進国でありながらキャッシュレス化が遅れていますね!

 

お隣の国、韓国はキャッシュレス化はすさまじいですが、日本ではいまだに長財布
が売れています。

 

デパートに行ってもかなりのメーカー、種類もけっこうあるところをみると
やはり需要が高いのでしょう!

 

しかし、私たち神経質気質で確認壁がある人にとってみれば会計のときに財布を
出すのも確認行為に追われて疲れてしまうことが多いですね。

 

私は使えるところがあればすべてSuicaで決済です。
この方が出す手間も確認する手間もほとんどないのでラクです。

 

首にストラップパスケースをつけておけば端末にかざすだけですから、非常に
精神的にラクなのです。その他クレジットも一緒に入れておくというのもあり
かも知れません。

 

 

首からストラップをつけるのは気が引けるという場合でも、服の中に隠してしま
うというのもいいと思います。まぁ、首にかかってるストラップは隠せませんが…

 

パスケースの場合でもクレジットは一回づつ出さなくてはいけないので、そこに
神経を使ってしまいますが。

 

あと、普通にしていてカード類が落ちてないかが気になる場合は簡易的なフ
ァスナーのような物がついているのを選べばいいでしょう。

 

クリアバッグ(PVC)のような素材が食品用なファスナーがついてることが
多いです。


ここで、注意点を2つ記しておきます。


全てが透明のパスケースを使う場合に於いて、Suicaなどをはじめとする交通系
電子マネー、クレジットカード、他のカードも裏に固有の番号が振られています
ね。

 

カード決済をすればわかると思いますが、レシートには※※……最初の4桁または
末尾4桁だけ印字されています。

 

クリアのパスケースを持ってカード決済をする場合にレジ付近に悪意がある人がいて、
カード裏をスマホで撮られてしまったら悪用されてしまいます。なので透明のケース
の場合は盗撮防止のために紙を入れるのがいいです。

 

また、クレジットカードを入れるとときは両面を必ず隠すようにしましょう。

 

先述したようにクリアのパスケースに紙を入れて、交通系電子マネー(表面が見える
ように)を入れます。これらの間にクレジットカードを入れるようにしましょう。

 


クリアケースはやはりレザー製のものより耐久性も劣ることが多いです。
気づいたら破けていたなどということもあります。

 

3辺を厚手のテープで補強しておきましょう!光の反射でダサく見える、使ってるうち
に角に粘着成分が出てホコリがついてしまうということもあるかもしれませんが、安い
ものなので新しものに取りかえればいいでしょう。

 

首元のストラップよりは目立たない位置にあるので多くの人はあまり気にしない
はずですが。

 

・アマゾンゴーのような無人コンビニ、無人店舗ができれば財布の確認行為で苦しむ人は100%いなくなるはず

 

アマゾンゴー、試験的にやっていましがこの記事を書いてる段階でどうなってるか
わかりませんが近い将来、無人コンビニもできると思います。

 

日本でも半自動化がスーパーなどででも見かけるようになりました。
結局財布を取り出すのですが、セルフレジというやつです。

 

これは、レジ打ちの人件費削減のため企業側の都合ですが、さらにAI化が進めば
アマゾンゴーのようなことも可能になるでしょう。

 

顔認証や指紋認証などで入店できれば手ぶらで買い物ができるのですから。

 

GUはけっこう前からセルフレジですし、ユニクロでも店員は商品を袋に入れてく
れますが、お金は端末に自分で入れるようになりました。お釣りも端末から出てき
ます。

 

私はコンビニではできる物はすべてスイカ決済なのですが、ローソンのレジも自動
レジになったようです。何となくレジの勝手が代わって気がしたのでアルバイトの
人に聞いたら「自動レジになりました。」と言ってました。

 

そうこう言ってるうちにセルフレジにもなりましたね。

 

どんどんAI化しているので、キャッシュレス化もすることで財布の確認行為から
逃れられるようになるはずです。

 

・店で財布を出し入れする度に行う確認行為

あなたもイヤな思いをしてると思いますが、レジで店員と金銭の授受をする場合
財布の出し入れは必要不可欠ですが…

 

鞄に戻したあとにちゃんと鞄入ったのか、レジ付近に落としていないか、レジ
付近を何度も行き来して確認するというのも店側、店員から見ると不審者に見
られてしまうことに悩んだことはないでしょうか?

 

私も結構気にしています。私の場合は財布をしまった後に360度見渡すのですが
店員によっては何か落ちてるのかなと思って、私がレジを去ったら前に出て来て何
か落ちてるのか確認してるのをけっこう見ます。

 

おそらくそこまで見る人はいないのだと思います。別の店の別の店員なので
特にそう思います。

 

ATMでも確認行為には神経を使います。キャッシュカードの差込口、レシート、
通帳の差込口、すべてのところ指差し確認します。

 

確認の最中に他の不安や心配などの観念が入ると振り出しに戻るのも困りものです。

 

もちろん床も360度私の物が落ちてないかの確認です。
やはり真剣にやればやるほど変な目で見られるのです。

 

これだけ確認してるのに…
短期記憶ができないのかもしれませんね。

 

そして、家に帰れば財布は所定の位置におかなければ気が済まないので時間の
浪費が激しいです。

 

・どうすれば財布があるということに確信を持ち確認行為をへらせるのか?

 

有効な方法はあまりありませんが、スマホで動画として残すというのはどうで
しょうか?

 

結論から言えば私には合わなかったのですが…

 

合う合わないあると思いますが、一日の買い物回数が少ない場合は動画として
撮影して残すのもいいと思います。

 

買い物回数が多い場合鞄の中などを毎回撮影することになるので、
「あれ!?この前の撮ったけ?」ということになり混乱することが
よくあるのです。

 

そうなるとレシートとその日の録画した動画の数を合わせて納得させることに
なります。時間もかかるし面倒くさいのです。神経も使い疲れます。

 

また、個人でやってる飲食店で食事をしたりするとレシートがないというこ
ともあるので、動画の数と合わなくなるので気持ち悪くなります。

 

 

そして家に帰ればその日の動画を削除するという作業も待っています。

 

ということで、買い物の回数が少ない人に向いてる方法だと思います。
ただ、この方法鍵の施錠確認には使えるかも知れません。

 

今のところの解決策といえばできるところはすべて電子マネーを使うということ
がベストだと思われます。

 

またモバイルスイカ対応の場合は、これを使ってもいいでしょう。
使用の可否はあらかじめ調べて置いた方が無難です。