潔癖症でもお金を触るのは平気!矛盾だらけの潔癖症

・潔癖症でも人それぞれ違いがある?何に嫌悪感を感じるかは人それぞれ、あなたが嫌悪感を感じるも排斥していますか?

人間はやはりすべての事柄において合理的に動いているわけではないようです。
自分自身の潔癖症を分析しても矛盾が多いのです。

 

経済学でもそうですが、皆いつも合理的な買い物しているわけではありませんね。

 

私はトイレの便座、シャワー、洗濯機の共有はできない、細かいことを言えばまだ
まだいろいろあるのですが…

帰宅時はすぐにシャワーを浴びてルームウェアに着替えないと落ち着かないのですが、
お金は触ることができます。

 

もちろん、部屋の中で触るとすぐに手を洗いますが外出時の買い物で金銭の授受は
普通にできます。

 

潔癖症でもなぜ矛盾が産まれるのか私なりに考えてみました。
事項からは潔癖症の人の自分の感情との付き合い方などをまとめていきます。

 

・あなたの嫌悪感の感じる物をリスト化すると外出時に必要な持ち物がわかり、自分の取説にもなり少し生きやすくなる

 

この記事では潔癖症の人がお金に感じる嫌悪感を主まとめていますが、嫌悪感を
感じる対象物は各々違います。

 

なので、あなたが何に嫌悪感を感じて、どうやったらその嫌悪感を回避することが
できるかなどをあなたに合った方法で工夫することが大事です。

 

ここではお金(硬貨、紙幣)について例を書いていきます。

 

買い物をする際に金銭の授受の度にお金を消毒しないと気が済まないという場合は
先ず、消毒用エタノールが必要でしょう。
そして、それに付随して拭き取るための紙類も必要ですね。

 

もちろんエタノール含有のウェットティッシュで我慢できるレベルであればこれ
ひとつでいいでしょう。

 

しかし、前者も後者の場合にも必要なののはお金を消毒するためのスペースが
必要になります。

 

なので、この自分にあったスペースを事前に探しておかなければいけないと思う
のです。

 

Aスーパーなら、1階の入り口付近、Bスーパーならフードコートの隅のテーブル
などというふうにです。

 

そして、特に後者の場合はエタノールを紙に取り消毒するという事になるので
必然的に更に広く落ち着いたスペースが必要になると思います。

 

また、紙幣は外出先ではどうやって消毒するのか?ドライヤーを持ち歩くのか?
紙幣に関しては表面と裏面を除菌してよしとして、家に帰ってからきちんと洗う
のかとなどを事細かく手順や持ち物などをリスト化するとあれこれと思考の手順
に頭を悩ますことも少なるくなるはずです。

 

このように、あなたに取って必要なことを予め決めておくのはメンタル的にも
いいはずです。

 

・帰宅して財布、お札、小銭を洗う潔癖症の人の矛盾

帰宅時に財布、お札、小銭の洗浄が日課になってる人は買い物をして会計するときに
どんな観念に苛まれているのか?

 

ある人は、男性に嫌悪感を抱くことからお金が触れなくなったかも知れませんし、
また別な人は清潔感ある人がトイレに行って手を洗わずに出て行ったの見て堪え
られなくなったなど…

 

いろいろあると思いますが、会計時には各々の恐ろしいと思う観念がフルに襲ってき
てしまうことでしょう。

 

さらに、そこから色んな観念が派生するので混乱するのでしょう。

 

しかし、

家族と一緒に使っている冷蔵庫に自分がコンビニで買ってきた清涼飲料水のペット
ボトルは消毒するけど、家族が買ってきた物は食毒しなてくも平気という人もいま
す。

 

完璧に矛盾してるのです。

 

また、スーパーでは生野菜レタスなどはセロファン1枚でほぼむき出しになって青果
コーナーに並んでいますが、家族が水洗いして家族が調理したものだったら食べれる
ということもあります。

 

一回家族の手に触れることで、それまでついていた菌がリセットされる、家族は同じ
DNAが入ってるから大丈夫という理論なのでしょうか………?

 

ホントに何にこだわるかも千差万別ですね。

・お金の何に嫌悪感を感じるのかメモを取って自分自身を分析してみる

買い物の最中に観念で思考が暴走してるときにはメモ取るのは難しいと思いますが、
買い物終えて落ち着ける場所に避難したら、スマホのメモ帳などにどんな観念でが
暴走、派生して、どんな気分が記録してみましょう。

 

こうすることで矛盾点などがわかってくると思います。

 

もちろん、記録をつけると言っても1日、2日でうまくいくはずはありません。
3カ月は続けるのがいいでしょう。

 

話が前後しますが、スマホのメモ機能を使った場合、自宅に帰りノートに書き記す
ことでより自分の傾向をつかめると思います。

 

そして、あなたが少しでもラクになりたいと本気思う場合はどうありたいかの目標、
許容範囲をあらかじめ決めて、メモで気づいた矛盾点を洗い出して納得させるのも
ひとつの方法だと思います。

 

例えば、先ほど例に挙げたレタスの例ですが、自分と同じDNAが入ってる家族が
洗ったレタスは食べれて、自分が買ってきたレタスの場合洗っても満足がいかない
という場合に矛盾に気づくはずです。

 

そこで、自分が洗ったレタスをちょっとでもいいので食べて見ようというように
するのです。

 

とにかく思考が優先するので難しいですが、だからこそノートを見て自分を客観視
するのです。

 

気が向いたときにチャレンジしてみるといいでしょう。

 

・潔癖の私にとってのお金とは何か?何にフォーカスしているかが綺麗、汚いを別ける?独自のマイルール

あなたにとってのお金とというどういう存在でしょうか?

 

潔癖症の人の中には買い物して戻ってきた小銭はすべて募金箱という人もいますが、
同じ恐怖症の私でもそれはできません。

 

お金とは私の中では自分の健康の次に大事な物と捉えていて、お金がなければ何も
できないという思いが強いためだと思います。

 

それでは、生活保護を受けている潔癖症の人はどうなのか?
ギリギリの生活費の中で募金箱にお釣りを入れてる人もいるかも知れません!?

 

少し失礼で乱暴な言い方すれば、少しでも小銭をさわるぐらいなら貧困のままでも
いいというのが潜在的にあるのかも知れません!?

 

もちろん私でもお金は誰が触ってるかわかならいもので、トイレの便座よりもずっと
汚いというのは頭では理解できるのですが、気にならないのです。

 

お金は誰もが触るものという認識があるけど、お金は資本主義社会において必要
不可欠な物でお金がなければ除菌グッズすら買うこともできません。
清潔に保つためにも必要不可欠なのです。

 

清潔に保つということはメンタルヘルスにもつながるでしょう!

 

これが潜在的にあるんだと思うのです。

 

私はお釣りを受け取るときに、床に落とした小銭もイヤだなと思いますが、
小銭は消毒せずに財布に入れますが手は消毒するのです。

 

ここで矛盾がでますが、なぜ、おそらく床と同じぐらい汚いと思われるお金は触る
ことができるのに、拾うときに床に触れた手だけ消毒するのか?

 

本当にその通りなのですが、これは説明できません。

 

自分だけの独特のルールがあったり、ある種の観念に固執しすぎてしまうあまりに
他のことには意識が向かないのかと思います。