思考から派生するイヤな観念と他者との対話による勝手浮かぶ囚われを誘発する思考からくる感覚過敏

・あなたは人といることに苦痛を疲労を感じませんか?

 

人といると疲れる、話した後はグッタリするということはないでしょうか?
私はいつもグタグタになるので、積極的にはあまり人と関わらないように
するのですが…

 

話してるときはまだいいのですが、その後に疲れがどっときてしまいます。

 

特に他人に良くみられるようと頑張ってるわけでもなく、良く見せようと
思って話してるわけでもないのに疲れてしまいます。

 

それは顕著に日常のルーティンにも弊害が出ます。

 

例えば、その日の夜はシャワーを浴びる時間が長くなったり、歯磨きをする
時間が長くなる、その他日常の無思考でできる営みに余計時間がかかってし
まいこれもまたストレスになります。

 

私も今だに自分にあったいい対処法というのは試行錯誤している段階ですが
私なりの見解を書いていきます。

 

 

・勝手浮かぶ囚われを誘発する思考と感覚過敏はセットで考えよう!

あなたもご存じだと思いますが、念のためにこの種の思考について簡単に触れ
ることにします。

 

それは、意図せず次から次に浮かぶ考えや映像、音だったり、不謹慎な考えだっ
たり多種多様に湧き上があり頭から離れなくなり悩まさせることです。

 

これらの思考は普通の人でも起きてる間に1日に500もの意図せず思い浮かぶ
思考があるといわれているようです。

 

しかし、多くの人は特にこの種の思考に囚われることなく日常生活をおくることが
できるのですが、神経質気質の人はなかなかうまくいきませんね。

 

神経質気質の人の場合、こららの思考はそのまま不安やイヤイメージを誘発して
観念に移行してそそれに伴い、こららが強くなればなるほど感覚過敏に悩まされ
るような気がします。

 

例えば手が届く範囲のところに嫌悪感を感じる雑巾があったとします。

 

観念に囚われてときは五感を正常に使えていなと思うので、雑巾に手に触れた
と思考してしまい、思考が感覚過敏のような状態を作っていると思うのです。

 

思考が駆け巡ってる時点で脳は平常時と違い騙されてる可能性が非常に高いです。
なぜなら本当は雑巾に触れた、触れないはもっとシンプルに判断できるはずだか
らです。

 

先述した五感ですね。なのですごく難しいのですが、感覚過敏で同じ考えに囚われ
ているなと感じたら、一度深呼吸するなりして五感に意識を向けてるクセをつける
ことが大事だと思います。

 

 

 

・一日500回もある勝手に思い浮かぶ思考はなぜ多くの人はやり過ごせるのか?

 

思考があること自体は異常ではないのですが、なぜ神経質気質の人は過剰に反応して
しまい囚われてしまうのか…

 

もともと持った気質や遺伝と言ってしまえばそれまでなのですが、一般的には神経伝達
物資であるセロトニンの不足と言われています。

 

しかし、これもモノアミン仮設といってまだ仮説段階なのでハッキリしたことがわか
っていないのです。

 

じゃあ一体何なのか?

憶測ですが、同じ観念だとしても人それぞれ感じ方が違うのは情報の取捨選択ができない
のではないかと思います。

 

例えば、

 

歯を磨こうと洗面所に行き、歯ブラシに歯磨きペーストを取ったときに、その日の昼に友人
と旅行の話をしていて昼にイメージした風景が浮かび上がったまではいいのですが、その昼
にはイメージした風景に派生して他の映像も浮かんでいました。

 

しかし、歯磨きペーストを取ったときには風景以外の映像を思い出すことができるず
それが頭から離れなくなってしまった、そしてそこから何かまた別の思考が入り込み
頭が混乱してきてしうような状況です。

 

本当は歯を磨くという営みだけを行えればいいのですが、歯を磨くという営みを妨害するよう
思考が入り込んでしまい、またそれを阻止する機能がないのでそこに囚われてしまい歯磨きに
時間がかかりすぎてしまったり、物事が散漫になるのと考えます。

 

 

・思考を思考で丸めこめば暴走は止められなくなるのはなぜ?

思考に限らず勝手に思い浮かぶイヤな感情、イメージをコントロールしようとすれば
するほど捕らわれてしまうのは嫌な感情を無理矢理打ち消そうとすると余計苦しめら
れ事になります。

 

自然に湧き出てくるイヤな感情は、何か新しいアクションを起こすときは特につきものだ
と思いますが、一種の自己防衛だと思います。

 

自己防衛がはたらいて思ってもないイヤな感情、イメージが繰り返されるためそれに
抗って打ち消そうとすると自己防衛の準備がなされれることがないままの状態で放置
されるので潜在的にイヤ感覚が暴走するだと思います。

 

自分でも何を書いてるのかわかならくなってきますが、とにかくひとまずそのままに
して放っておく、その感覚をそのまま感じてやり過ごすというのも場合によってはい
いのかも知れません?!

 

 

・私は人との関係でグッタリと疲れたら日々の営みが疎かになってもいいと考えている。とりあえず抗わない方がいいと思う。

 

先述したように他者との関係で起こる疲れにより、シャワーや歯磨きなどの営みの時間
が長くなることに関してですが、そういう日があってもいいと考えることも大切だと思
います。

 

シャワー、歯磨きに時間がかかりすぎてしまう自分はなんてダメなんだと、
決して思わないことです。

 

そういう思考を持つことで、自分を責めることにつながります。

 

先述しましたが、抗えば抗うほどこの威力は強力になってくるので、扱わず放って
置くということも時には必要ではないかと思うのです。

 

自分を責めると〇〇すべきだ、〇〇しなければいけないというような風になり自分
の首を絞めて負のスパイラルに陥ってしまうことないですか?

 

このように負のスパイラルにどんどん陥る可能性があります。

 

そういう意味でももっと自分を大切にしてみてください。