なんとなく手がベタベタする!何も触れてないはずなのに何か手についてるような気がして気持ちが悪い!感覚過敏になってるこの種の観念との付き合い方

・どこにも触れてないのに触れたような感覚で悩むことはないですか?

思考が優先しすぎてしまうと感覚神経も錯覚するのかどうも触れた感覚が残って
しまうということはないでしょうか?

 

電車に乗っていて前に座っている人が咳き込んでる姿を見るとどうも唾液が自分
の手にかかった気がする、どうも手の一部分に唾液が飛んで濡れたような感覚が
確かにある…

 

だけどよく見てみも視覚的には唾液が飛んだ形跡がない、でも濡れた感覚が確か
にある。

 

こういう葛藤を繰り返して、朝から脳のリソースを使って疲れてしまい仕事や
学業に集中できないということもあるかも知れません。

 

更には痰を切ってるような咳だったので痰がかかってベタベタするという現実
なのか妄想なのかわからなくなりパニック陥ってしまうケースもあると思いま
す。

 

汚染されたという恐怖心、少し血が混じってるんじゃないか…?

 

肝炎?HIV?に感染させられたのではないかという恐怖におののかされて
パニック状態にということもときにあると思います。

 

1回で消毒でして終わりであればいいのですが、とかくこういうときは過剰に
反応してしまうので消毒行為が止まらなくなります。

 

こうようなときにはどう対応したらいいのか?

 

 

事項からは私自身も未だに難しいと感じてるやや強引でキツイ方法をご紹介
します。

 

・1回消毒して終わり、それ以上は消毒しない!自分の基準と一般的な基準のすり合わせ

パニックに陥ってるときは観念モードのスイッチがオンになってしまっている
汚い物という思考が一度想起されると連鎖的に消毒行為という形で表れてしま
います。

 

このパニック状態だとなかなか冷静さを取り戻すことは難しいのですが、
自分でもどこかで消毒液をなすりつけているはずなのに………

 

でもこのかすかな感覚、例えが変ですが、1000ピースのパズルの1ピースの
カケラのような感覚が少しでもあるのなら10回のうち1回でもいいのでこ
れに従ってみていただきたいのです。

 

 

そして普通はどうだろう、普通だったらここまでしないよなぁと不安から派生
される妄想と現実を見抜くことに意識を向けることも大事です。

 

 

この見抜くというは平常時から意識していないと、パニックのときには正しく
判断できないので普段から感覚に意識を向けてトレーニングをすることも大切
です。

 

見抜いたらそこで消毒行為は止めるという習慣を感覚で身に着けるといざという
ときに対応しやすいでしょう。

 

パヴロフの犬のようにベルでよだれが出るように、感覚神経と嗜癖行動をうまく
リンクさせるトレーニングを肚の底で理解することです。

 

・気持ち悪い感覚には一度抗わずに呑まれてその感覚を味わう

いろんな方法がありますが、ここでは一度その今感じてる感覚に呑まれてみると
いうご提案です。

 

ホントにその言葉の通り、

 

「あぁ、今私は前に席に座っている人に痰切りをされた際に血液が混じった
唾液がかかってしまい肝炎だかHIVに感染したかも知れない、気持ちが悪い。」

 

という感じで5分、10分可能であればそれ以上感じ続けてみてください。
時間の経過とともに感覚が変わってくるはずです。

 

もちろん、反射的に手持ちのエタノールや除菌ウェットなどで拭き取るという行動
に出て消毒するかもしれません。でも何回でもトライすればいいのです。

 

わかったいてもすぐに消毒してしまったという認識をすることから時間を延ばして
いけばいいと思います。焦りは禁物です。

 

・物理的に触ることでベタベタするものに関しての嫌悪感は手洗い消毒を!

色んな人が触れるドアノブは雑菌だらけなので、潔癖の傾向がなくても気持
ち悪いと思う人がいても何も不思議ではありません。

 

トイレに行って手を洗わない人、鼻をほじってそのままの手であちこち触る人
などいろんな人がいます。

 

実際に触って(事実を主軸に)気持ち悪いと感じるなら手を洗い消毒をするのが
賛成です。

 

そして、その上で先述のように手を洗った感覚を肚の底を感じてるように意識
していただきたいです。

 

 

汚いと思う物を物理的に触ったので手洗い、消毒はしても過剰にやりすぎて
生活に支障が出てないように意識してトレーニングしてください。

 

 

今まで1時間かけて手を洗っていたら、50分を目標に手洗いをするように
少しづつ負荷をかけていくのいいでしょう。

 

 

この辺はホントに難しいところですが、すこしづつでも現実と妄想なのかを
区別するように意識してください。

 

人によって症状は様々ですが、食品のベタベタ感なども同じです。

 

例えばあながた外食するのにどこかの飲食店に行って、

掃除があまりいきとどかない飲食店ではしっかり拭いてもらいそれを視覚でしっかり
見ることの意識を持ちましょう。決して思考しないことです。

 

 

ドアノブなど不特定多数の人がさわるところは育児中の方などは、母性本能からか
かなりナーバスになり潔癖の状態が出来上がる人も珍しくないようです。

 

 

もともとの神経質気質から派生して潔癖になる人も多くいるので一般的の人の認識
と自分の認識をすり合わせるのて許容範囲を見つけることをしてみるのも独自のこり
かたまった妄想などの思考が優位になるのも抑えることができると思います。

 

・イライラがひどく精神が不安定のときには感覚過敏がひどいと感じる

私はイライラしていたり、精神的に不安定なときほど感覚過敏がひどくなると
感じています。

 

普段でも何か頭の中で勝手に湧き出るイヤな思い、不安や心配などあるとすぐに
感覚過敏がひどくなる傾向があります。

 

例えば、よくあるのがトイレの便座の蓋を閉めるときには自分の生殖器を触って
ない手で意識して蓋を閉めているはずなのですが…

 

どうも生殖器を触った手で蓋を閉めたという思考と感覚へと洗脳?されているよ
うな気分になります。

 

こうなると蓋は除菌するのですが。

 

しかし、

イライラがひどいときにはこの比ではないのです。

 

あちこっちに思考が派生していくので、トイレ全体の掃除をしたり、イライラ
に脳のリソースを浪費されているのか、一連の雑務が終わった後に

 

「あれ?手洗ったっけ?」となったりすることもあります。

 

そうするとまた、掃除過程で触ったところを除菌して、ハンドタオルも何枚も取り
換えたりするということにもつながります。

 

イライラしていると「今、この瞬間」がなおざりになっているので、記憶が飛んで
いるような感覚になるのだと思います。