デリカシーのない人の咳、くしゃみにあなたが腹を立てても無益! こういう人はコロナウィルスが蔓延していても気にしてないので自衛が重要!

・他人の咳やくしゃみでイライラさせられてませんか?

咳やくしゃみどこにいてもマスクどころか手も押えない、人に気を使えない
人は一定数いるものです。

 

 

通勤ラッシュ時なんては缶詰状態で避けることもできないのに、自分の顔の
前で咳き込まれたらたまったもんじゃありません。

 

 

コロナウィルス蔓延の最中、電車やバスという密閉空間で通勤時は濃厚接触
せざる得ない状態なので不愉快極まりないのですが、ひとつ言えることは他
人を変えることはできないということです。

 

 

他人のイヤなところ変えようと躍起になっても徒労に終わります。
余計ストレスがたまるのです。

 

 

だったら現実的な方法として、

 

①自己防衛としてウィルスにさらされないようにマスクと手洗いのうがい
 の徹底をするの先ずは大事ですね。

 

②電車の時間やルートを変える

 

③すぐにはなかなかできませんが、脱サラして起業すると通勤電車からは
 おさらばできます。

③についてはなかなかハードルも髙く覚悟も必要なので先ずは①を丁寧に
することが大切です。

 

 

少し乱暴な言い方をすると通勤ラッシュの電車に乗ってる人の95%
ぐらいは生活のためにどこかに働きに出かけてる人でしょうから他人
のことなんて関係ないのです。知ったこっちゃないのです。

 

 

でも、そんなこと言ったら泣き寝入りになるので、されたらやり返すぐらい
の精神でいいと思います。

 

 

私は、以前座ると所がなかったので電車の乗降口付近で立っていたことがあ
ります。駅で人が乗降者する際にはもちろん邪魔にならないように扉前には
立たず人の通り道は開けていました。

 

 

ある乗客が降りる際に私にぶつかってきました。思いっきり舌打ちしてやり
ました。それに気づいた中年男性の乗客は頼りなさそうな小声で降りろと私
に向かって言ってきました。

 

 

もちろん降りずにそのまま、相手にしませんでしたが。

 

 

性格にもよりますが、あなたもできるならこのぐらいの気持ちで挑んだ方が
いいかも知れません?!もちろんおすすめしてる訳ではないので誤解のなき
ようにお願いいたします。

 

 

事項からは電車に乗ってる人たちのことを、観察して思うことなどを
まとめていきたいと思います。

 

 

・最低限のマナーとエチケットだって?そんなのオレには関係ねーよ!

「あー今日もめんどくせーなぁ…
来る日も来る日も通勤ラッシュの満員電車に乗ってオレはなんのために生き
てるんだ…あぁ?

 

 

あの部長さえいなかった、あの部下はバカだから使えないし、取引先のあいつ
は注文が多くて…

 

 

朝から下らない会議に2時間も使いあがって、バカじゃねーのかあいつら!」

 

 

こんな風に思って毎日通勤電車で揺られて働きに行くサラリーマンは常に
不満とストレスを抱えている人がほとんどなので他人であるあなたの前で
咳き込もうが、くしゃみをしようが関係ないのです。

 

 

満員電車ではおそらく、皆が皆邪魔くさいと思ってるでしょうから結局
自分がよければいいです。

 

 

日々不満を抱えているのでそんなことに朝から気を使っていたら身が持つ
はずもありません。

 

 

・ん!?子供、妊婦がいるから咳するなって!出るんだからしょうがいだろ!

なんだよ!何で通勤時に子供と妊婦が座ってんだよ!!
ふぜけんなよ、オレの席に座りあがって。

 

 

と朝からイライラしているサラリーマンもいるかも知れません。

 

 

妊婦さんは出産前後はデリケートになってることも多いので小さい子供に
咳やくしゃみをされて怒りだす人もいるかも知れません。

 

 

実際先日スーパーでベビーカーを押して買い物をしてる母子を見ました。
商品の品出しをしてるマスクをしてる店員でしたが、丁度母子が通りかか
ったところでくしゃみをしたらく怒ってました。

 

 

 

店員は母子には背を向けている状態だったので、私もその状態で叱責しな
くてもいいでのはと思って見ていました。

 

 

しかし、小さい子供を連れている母親からすると防衛という反応が真っ先に
でたのでしょう!?

 

 

と話を戻しまして通勤時の満員電車に乗らなければいけない事情がある母子、
妊婦がいてもサラリーマンからすると関係ないのです。

 

 

文句を言われてもじゃあ、こんな朝っぱらから乗らなきゃいいじゃねか!
と思う人もいるわけです。

 

 

・デリカシーのない人は本屋で立ち読みもする!コロナ蔓延でいつも以上に手指の消毒を!

本屋で立ち読みをするときに鼻をほじって立ち読みをしてる人をみたことは
ないでしょうか?

 

ゾッとしますね。私はあれがいやだから基本リアル書店で本を買うことはあり
ません。

 

鼻糞なんて雑菌だらけ、トイレ行っても手を洗わない人がいたりホント気分
の悪い話です。

 

私はいつも気になる本があると書店でパット確認してその場でアマゾンで注文
するのですが、コロナ蔓延してから書店に消毒液があっても本の中身を確認す
るのを気分的にためらってしまっています。

 

ここまで神経質にならないにしても、吊革、手すりの次ぐらいに汚いところなの
で気をつけたいとこですね。

 

因みにアマゾンはご存じのように倉庫で管理していますね。倉庫では人の手に
触れられる時間が短く、もちろん立ち読みなんてする余裕なんてないので、人
の手に触れられるというのは製本だったり、倉庫での梱包など限られているの
で消毒するのも私の場合けっこういい加減です。

 

そして、梱包するときは憶測ですが素手で触らないと思うのでリアル店舗より
安心できます。

 

しかし、他の記事でも書いてると思いますが、hontoは注意が必要です。
アマゾンにない商品をhontoで注文したら鼻糞のような物がついていました。

 

 

問い合わせると倉庫ではなく書店(店頭品)だったことがわかりそれ以来利用
していません。(今はシステムが代わってるかも知れません。)

 

・この時期こそ吊革、手すりには可能な限り触れない!触れざる得ないときは降車後手指の消毒を!

コロナウィルスが蔓延しているときこそ吊革、手すりにはできるだけ触らな
いのに越したことはありません。

 

 

ましてや潔癖傾向が強いのであれば特にですね。もともとこのような物に
積極的に触れることはないと思いますが。

 

 

消毒用アルコールもドラッグストアでもスーパーでも品薄状態が続いていま
すが、商業施設の出入り口やスーパー、オフィスビルにはほぼ用意されてい
るのでこれらを使うように癖をつけることが大切です。

 

 

とはいっても潔癖があればこんなことを言われなくても習慣として身に
ついていると思うのであまりここで触れませんが。

 

 

また、吊革や手すりを掴まざる得ないときはティッシュを敷いて掴むと手に
付く雑菌の量は大幅に抑えることができるはずです。

 

・結局自衛しかない!マスクが品薄なら作ろう!ハンドソープも品薄ならボディソープで代用しよう!

自分の身は自分でしか守ることはできません。何度も繰り返しているように
他人は誰もあなたのことを気にしていないので、デリカシーのない行動をと
るのです。

 

マスクが品薄ならガーゼなりハンカチを買ってきて作ればいいのです。

 

消毒液が品薄なら公共の物をうまく利用すればいいのです。

 

 

最近私はコンビニで買い物をするときに必ずおしぼりをもらうようにしてい
ます。これなかなか使えるのです!!!

 

 

100円ショップの旅行用品とかのカテゴリーに並んでる小さなクリアポー
チにコンビニのおしぼりを10枚ぐらい重ねてた状態で入れて公共の消毒液
をひたひたに浸して付属のファスナーで閉じて携帯しています。

 

 

いいでしょ!ただの消毒ウェットですよ!
こうやって自衛すればいいのです。

 

 

ハンドソープも品薄ですが、ボディソープをドラッグストアにけっこうあ
りますよ!

 

 

別にハンドソープじゃないとキレイに汚れが落とせないってこともないわけ
ですから。

 

 

いくら殺菌作用のあるハンドソープを使っても洗い方が雑であったら意味を
なさないので。1分ぐらいかけて丁寧に洗えばボディソープでも十分なはず
です。

 

 

まぁ、私もそうですが潔癖があると心理的な問題もあるのでこのへん
はなんとも思いませんが。ご参考になれば。

思考から派生するイヤな観念と他者との対話による勝手浮かぶ囚われを誘発する思考からくる感覚過敏

・あなたは人といることに苦痛を疲労を感じませんか?

 

人といると疲れる、話した後はグッタリするということはないでしょうか?
私はいつもグタグタになるので、積極的にはあまり人と関わらないように
するのですが…

 

話してるときはまだいいのですが、その後に疲れがどっときてしまいます。

 

特に他人に良くみられるようと頑張ってるわけでもなく、良く見せようと
思って話してるわけでもないのに疲れてしまいます。

 

それは顕著に日常のルーティンにも弊害が出ます。

 

例えば、その日の夜はシャワーを浴びる時間が長くなったり、歯磨きをする
時間が長くなる、その他日常の無思考でできる営みに余計時間がかかってし
まいこれもまたストレスになります。

 

私も今だに自分にあったいい対処法というのは試行錯誤している段階ですが
私なりの見解を書いていきます。

 

 

・勝手浮かぶ囚われを誘発する思考と感覚過敏はセットで考えよう!

あなたもご存じだと思いますが、念のためにこの種の思考について簡単に触れ
ることにします。

 

それは、意図せず次から次に浮かぶ考えや映像、音だったり、不謹慎な考えだっ
たり多種多様に湧き上があり頭から離れなくなり悩まさせることです。

 

これらの思考は普通の人でも起きてる間に1日に500もの意図せず思い浮かぶ
思考があるといわれているようです。

 

しかし、多くの人は特にこの種の思考に囚われることなく日常生活をおくることが
できるのですが、神経質気質の人はなかなかうまくいきませんね。

 

神経質気質の人の場合、こららの思考はそのまま不安やイヤイメージを誘発して
観念に移行してそそれに伴い、こららが強くなればなるほど感覚過敏に悩まされ
るような気がします。

 

例えば手が届く範囲のところに嫌悪感を感じる雑巾があったとします。

 

観念に囚われてときは五感を正常に使えていなと思うので、雑巾に手に触れた
と思考してしまい、思考が感覚過敏のような状態を作っていると思うのです。

 

思考が駆け巡ってる時点で脳は平常時と違い騙されてる可能性が非常に高いです。
なぜなら本当は雑巾に触れた、触れないはもっとシンプルに判断できるはずだか
らです。

 

先述した五感ですね。なのですごく難しいのですが、感覚過敏で同じ考えに囚われ
ているなと感じたら、一度深呼吸するなりして五感に意識を向けてるクセをつける
ことが大事だと思います。

 

 

 

・一日500回もある勝手に思い浮かぶ思考はなぜ多くの人はやり過ごせるのか?

 

思考があること自体は異常ではないのですが、なぜ神経質気質の人は過剰に反応して
しまい囚われてしまうのか…

 

もともと持った気質や遺伝と言ってしまえばそれまでなのですが、一般的には神経伝達
物資であるセロトニンの不足と言われています。

 

しかし、これもモノアミン仮設といってまだ仮説段階なのでハッキリしたことがわか
っていないのです。

 

じゃあ一体何なのか?

憶測ですが、同じ観念だとしても人それぞれ感じ方が違うのは情報の取捨選択ができない
のではないかと思います。

 

例えば、

 

歯を磨こうと洗面所に行き、歯ブラシに歯磨きペーストを取ったときに、その日の昼に友人
と旅行の話をしていて昼にイメージした風景が浮かび上がったまではいいのですが、その昼
にはイメージした風景に派生して他の映像も浮かんでいました。

 

しかし、歯磨きペーストを取ったときには風景以外の映像を思い出すことができるず
それが頭から離れなくなってしまった、そしてそこから何かまた別の思考が入り込み
頭が混乱してきてしうような状況です。

 

本当は歯を磨くという営みだけを行えればいいのですが、歯を磨くという営みを妨害するよう
思考が入り込んでしまい、またそれを阻止する機能がないのでそこに囚われてしまい歯磨きに
時間がかかりすぎてしまったり、物事が散漫になるのと考えます。

 

 

・思考を思考で丸めこめば暴走は止められなくなるのはなぜ?

思考に限らず勝手に思い浮かぶイヤな感情、イメージをコントロールしようとすれば
するほど捕らわれてしまうのは嫌な感情を無理矢理打ち消そうとすると余計苦しめら
れ事になります。

 

自然に湧き出てくるイヤな感情は、何か新しいアクションを起こすときは特につきものだ
と思いますが、一種の自己防衛だと思います。

 

自己防衛がはたらいて思ってもないイヤな感情、イメージが繰り返されるためそれに
抗って打ち消そうとすると自己防衛の準備がなされれることがないままの状態で放置
されるので潜在的にイヤ感覚が暴走するだと思います。

 

自分でも何を書いてるのかわかならくなってきますが、とにかくひとまずそのままに
して放っておく、その感覚をそのまま感じてやり過ごすというのも場合によってはい
いのかも知れません?!

 

 

・私は人との関係でグッタリと疲れたら日々の営みが疎かになってもいいと考えている。とりあえず抗わない方がいいと思う。

 

先述したように他者との関係で起こる疲れにより、シャワーや歯磨きなどの営みの時間
が長くなることに関してですが、そういう日があってもいいと考えることも大切だと思
います。

 

シャワー、歯磨きに時間がかかりすぎてしまう自分はなんてダメなんだと、
決して思わないことです。

 

そういう思考を持つことで、自分を責めることにつながります。

 

先述しましたが、抗えば抗うほどこの威力は強力になってくるので、扱わず放って
置くということも時には必要ではないかと思うのです。

 

自分を責めると〇〇すべきだ、〇〇しなければいけないというような風になり自分
の首を絞めて負のスパイラルに陥ってしまうことないですか?

 

このように負のスパイラルにどんどん陥る可能性があります。

 

そういう意味でももっと自分を大切にしてみてください。

他者との心理的な距離の取り方と切り離しが難しい神経質な人の弊害!自分のメンタルテリトリーを守る方法!

・第三者の言動や行動によって自分の思考や観念などが暴走して心的エネルギーを搾取されていませんか?

あなたは他人との関係の中で思い込みによる思考に支配されたり、他者と接する
ことである特定のイヤな感情に呑み込まれるてしまうことはないでしょうか?

 

他者によって自分軸をブレさせられてしまうことなどです。

 

例えばあなたと他者とのやりとりで、相手が笑った時に口角があがったときに微
妙に鼻毛が出るのが気になって話に集中できない、そして鼻毛に鼻垢がついてい
てそれにフォーカスしてしまい、肝心の話ができななどの場合です。

 

それはファミレスの店員だったり、コンビニのアルバイトだったりあるいはカフェ
の店員かもしれません。

 

客と店員という立場ならオーダーを取るとすぐに去ることはできるものの、店員
の特定のイヤ部位が頭から離れなくなり苦しくなるということもあるでしょう。

 

また、仕事上での関わりの場合はオーダーを取ることより困難が伴いますね。
相手の特定イヤ部位に気を取られながら仕事の打ち合わせなどをしなくては
いけないので。

 

話をしていても身に入らず、肝心なことをメモできなかったりして
後で怒られてしまうこともあるかも知れません?

 

抽象的で普通の人にはあまり理解されない話だと思いますが、もしなんだから
上述した例のようなことで囚われてしまう場合にはうまい乗り切り方をご説明
します。

 

・神経がある特定のことに意識を取られるのは仕方がない!そのままの状態でいいので今必要なことにフォーカスしよう!

神経質の人は私含めて他者との関わりの中で様々な情景が背景に映し出されて
しまい囚われてしまうのはそれだけ感受性が強いということです。

 

このような状態に置かれると心身が非常に疲れますが、そのままの状態でも
あなた自身を決して否定することはどうかしないで欲しいのです。

 

この渦中にいるときはなかなか難しいのですが、
※自分自身を認めてあげてください!ほめてあげてください!

 

その意識を頭の片隅にでも置いておいていただければと思います。

 

他者のイヤな部分に囚われてしまい話に集中ができない、仕事に支障をきたす
してしまうときには敢えて

 

「あぁまた、この人の鼻毛にオレは囚われているな取り敢えず仕事の話
をすることに意識しよう!」

 

とこんな風にしてみていただきたいのです。

 

1度や2度でこのようにうまく意識を切り替えることはできません。
何度も何度も繰り返して意識することが大事です。

 

重要な打ち合わせで相手のイヤ部分に気を取られて意識しても話に集中できない
場合にはスマホの録音機能やボイスレコーダーで録音して後で書きこ起こすので
もいいと思います。

 

こうすれば後で相手の意図する重要なことも少し落ち着いて聞くことができるの
で相手の意図することへ対策をとることができるはずです。

 

このあたりはあなたの職種や状況やシーンで変わってくるので一概に言えませんが、
何かご自身にあった方法で仕事を円滑に回すことができると思います。

・自分自身を卑下すると仕事はスムーズに進まない!

前項でもお伝えしていますが、相手とのやりとりで話に集中できないという例を
あげてお話したように、自分をダメなヤツだと思わない方がいいということです。

 

「なんてダメななんだオレは!」と思ったら先ほどのスマホ録音機能やボイス
レコーダーで録音するという発想にもなかなか至らないと思うからです。

 

まず、

「私はこの人と話すときは、相手の鼻毛や口調がに気に取られてしまうのは仕方がない!」

その上それではこの人と仕事をするときにはどうすれば円滑に進められるのかという
ことを考えるのです。

 

そして、時間は倍かかることになりますが後でスマホの録音機能やボイスレコーダー
で聞き直せば仕事に支障が出ずに済みます。

 

・自分の心身と時間は犠牲にしたくないと思ったら転職もあり

前項のスマホ、ボイスレコーダーで後で聞き直すということに違和感を覚えたかも
知れません。

 

時間と労力が倍かかる上に給与に反映されないからです。
特定の人物のせいで非常に効率が悪く歯がゆいはずです。

 

だったら転職するという方法もあります、しかし転職で気をつけなければいけない
のは

「あなた自身の特性をしっかり理解するということです!!」

これをせずに何となく給与などの待遇という甘い罠嵌り、あまりにもご自身に合わない
仕事を選び転職してしまうと同じ事を繰り返す可能性があるからです。

 

なので、あなたはどんな職種が向いているのか、その職場にはどんな特性の人間が
集まりやすい傾向にあるのか、事細かくリサーチすることが必要になります。

 

先述している例の通り、対面での仕事の場合は働くのに心身に支障が出るのが
わかったので、次は1人で黙々とこなせるる方がいいだろう!

 

じゃ1人で黙々こなせる仕事は何があるのだろうか?
図面を書いたりするのはどうだろう?、しかし打ち合わせは対面になる…

 

何か資格は必要なのだろうか?
などとどんどん絞り込んでリサーチしていくのです。

 

必要があれば資格を取るための勉強も必要かも知れません。同じことを繰り返さない
ためにも徹底的にリサーチすると大きく外すことはないと思います。

 

・私が昔、対面での仕事の打ち合わせで相手の折衝でイヤな考えに支配され自分のテリトリーを侵されていたときの話

私も他人のイヤ部分が五感を超越して私の精神のテリトリーを侵されて心身が疲弊
することは日常茶飯事でした。

 

朝出勤してときどき合うイヤ相手と話をするとこで、そこに気持ちが引っ張られて
しまい、疲れてグタグタな状態でも寝ることもできないでいました。

 

例にも出したように、相手との会話に集中できなかったのでボイスレコーダーで録音
しながら相手の言葉を小鳥のさえずりだと思うように置換しながらその場を乗り切っ
ていました。

 

そして、今自分は相手に自分のメンタルのテリトリーを侵されている疲弊している
というようなシーンをテレビモニターを観るように意識して仕事をしていました。

 

テレビモニターで観る映像というのは客観的な物なので、自分を客観的に観るという
ことで少しだけ気持ちに余裕が生まれたような気がします。

 

その時だけ他人事のように観るようにして場を凌ぐことができれば、ストレス度も
少しラクになるはずです。

 

あなたも必要に応じて取り入れてみるのもいいでしょう。