他者との心理的な距離の取り方と切り離しが難しい神経質な人の弊害!自分のメンタルテリトリーを守る方法!

・第三者の言動や行動によって自分の思考や観念などが暴走して心的エネルギーを搾取されていませんか?

あなたは他人との関係の中で思い込みによる思考に支配されたり、他者と接する
ことである特定のイヤな感情に呑み込まれるてしまうことはないでしょうか?

 

他者によって自分軸をブレさせられてしまうことなどです。

 

例えばあなたと他者とのやりとりで、相手が笑った時に口角があがったときに微
妙に鼻毛が出るのが気になって話に集中できない、そして鼻毛に鼻垢がついてい
てそれにフォーカスしてしまい、肝心の話ができななどの場合です。

 

それはファミレスの店員だったり、コンビニのアルバイトだったりあるいはカフェ
の店員かもしれません。

 

客と店員という立場ならオーダーを取るとすぐに去ることはできるものの、店員
の特定のイヤ部位が頭から離れなくなり苦しくなるということもあるでしょう。

 

また、仕事上での関わりの場合はオーダーを取ることより困難が伴いますね。
相手の特定イヤ部位に気を取られながら仕事の打ち合わせなどをしなくては
いけないので。

 

話をしていても身に入らず、肝心なことをメモできなかったりして
後で怒られてしまうこともあるかも知れません?

 

抽象的で普通の人にはあまり理解されない話だと思いますが、もしなんだから
上述した例のようなことで囚われてしまう場合にはうまい乗り切り方をご説明
します。

 

・神経がある特定のことに意識を取られるのは仕方がない!そのままの状態でいいので今必要なことにフォーカスしよう!

神経質の人は私含めて他者との関わりの中で様々な情景が背景に映し出されて
しまい囚われてしまうのはそれだけ感受性が強いということです。

 

このような状態に置かれると心身が非常に疲れますが、そのままの状態でも
あなた自身を決して否定することはどうかしないで欲しいのです。

 

この渦中にいるときはなかなか難しいのですが、
※自分自身を認めてあげてください!ほめてあげてください!

 

その意識を頭の片隅にでも置いておいていただければと思います。

 

他者のイヤな部分に囚われてしまい話に集中ができない、仕事に支障をきたす
してしまうときには敢えて

 

「あぁまた、この人の鼻毛にオレは囚われているな取り敢えず仕事の話
をすることに意識しよう!」

 

とこんな風にしてみていただきたいのです。

 

1度や2度でこのようにうまく意識を切り替えることはできません。
何度も何度も繰り返して意識することが大事です。

 

重要な打ち合わせで相手のイヤ部分に気を取られて意識しても話に集中できない
場合にはスマホの録音機能やボイスレコーダーで録音して後で書きこ起こすので
もいいと思います。

 

こうすれば後で相手の意図する重要なことも少し落ち着いて聞くことができるの
で相手の意図することへ対策をとることができるはずです。

 

このあたりはあなたの職種や状況やシーンで変わってくるので一概に言えませんが、
何かご自身にあった方法で仕事を円滑に回すことができると思います。

・自分自身を卑下すると仕事はスムーズに進まない!

前項でもお伝えしていますが、相手とのやりとりで話に集中できないという例を
あげてお話したように、自分をダメなヤツだと思わない方がいいということです。

 

「なんてダメななんだオレは!」と思ったら先ほどのスマホ録音機能やボイス
レコーダーで録音するという発想にもなかなか至らないと思うからです。

 

まず、

「私はこの人と話すときは、相手の鼻毛や口調がに気に取られてしまうのは仕方がない!」

その上それではこの人と仕事をするときにはどうすれば円滑に進められるのかという
ことを考えるのです。

 

そして、時間は倍かかることになりますが後でスマホの録音機能やボイスレコーダー
で聞き直せば仕事に支障が出ずに済みます。

 

・自分の心身と時間は犠牲にしたくないと思ったら転職もあり

前項のスマホ、ボイスレコーダーで後で聞き直すということに違和感を覚えたかも
知れません。

 

時間と労力が倍かかる上に給与に反映されないからです。
特定の人物のせいで非常に効率が悪く歯がゆいはずです。

 

だったら転職するという方法もあります、しかし転職で気をつけなければいけない
のは

「あなた自身の特性をしっかり理解するということです!!」

これをせずに何となく給与などの待遇という甘い罠嵌り、あまりにもご自身に合わない
仕事を選び転職してしまうと同じ事を繰り返す可能性があるからです。

 

なので、あなたはどんな職種が向いているのか、その職場にはどんな特性の人間が
集まりやすい傾向にあるのか、事細かくリサーチすることが必要になります。

 

先述している例の通り、対面での仕事の場合は働くのに心身に支障が出るのが
わかったので、次は1人で黙々とこなせるる方がいいだろう!

 

じゃ1人で黙々こなせる仕事は何があるのだろうか?
図面を書いたりするのはどうだろう?、しかし打ち合わせは対面になる…

 

何か資格は必要なのだろうか?
などとどんどん絞り込んでリサーチしていくのです。

 

必要があれば資格を取るための勉強も必要かも知れません。同じことを繰り返さない
ためにも徹底的にリサーチすると大きく外すことはないと思います。

 

・私が昔、対面での仕事の打ち合わせで相手の折衝でイヤな考えに支配され自分のテリトリーを侵されていたときの話

私も他人のイヤ部分が五感を超越して私の精神のテリトリーを侵されて心身が疲弊
することは日常茶飯事でした。

 

朝出勤してときどき合うイヤ相手と話をするとこで、そこに気持ちが引っ張られて
しまい、疲れてグタグタな状態でも寝ることもできないでいました。

 

例にも出したように、相手との会話に集中できなかったのでボイスレコーダーで録音
しながら相手の言葉を小鳥のさえずりだと思うように置換しながらその場を乗り切っ
ていました。

 

そして、今自分は相手に自分のメンタルのテリトリーを侵されている疲弊している
というようなシーンをテレビモニターを観るように意識して仕事をしていました。

 

テレビモニターで観る映像というのは客観的な物なので、自分を客観的に観るという
ことで少しだけ気持ちに余裕が生まれたような気がします。

 

その時だけ他人事のように観るようにして場を凌ぐことができれば、ストレス度も
少しラクになるはずです。

 

あなたも必要に応じて取り入れてみるのもいいでしょう。