潔癖でパンツ類の試着ができない!嫌悪感を30%軽減するパンツの試着方法!

・他者の物との共有が不潔でしょうがいない!困っていたら少しでも参考にしていただければ幸いです。

神経質で潔癖タイプの人は人の触れた物はどころか自分の私物でさえも汚いと
思うことがあると思います。

 

私も帰宅したらすぐに洗濯、シャワーを浴びるタイプでシャワーから上がったら
スマホ等、室内でも使う物を除菌しています。

 

服を買うときには私の場合トップスはボトムスほど嫌悪感はないのですが、
ボトムスの試着に関しては大仕事になります。

 

非常に神経も使い、帰宅してからの消毒行為とシャワーを浴びる時間は普段より
も大幅に長くなります。

 

あなたはどうでしょうか?ボトムスのみならず試着という行為自体に嫌悪感があり
ますか?

 

この記事では重度の潔癖の方は対象にしていません。試着に於いて嫌悪感を感じ
る、極度の神経も使うけど何とか試着できるという方向けの記事です。

 

ご自身のベッドなどの聖域以外から出ることが困難な重度の潔癖の方はまだその
段階でないはないのでこちらの記事をお読みいただけたらと思います。

 

ということで事項からは嫌悪感どう付き合い、如何に嫌悪感を減らすかという具体
的な方法をお伝えします。ちなみにタイトルにある30%というのは私の主観によ
るものです。

 

・パンツ類の試着には覚悟が必要!試着をするということはいつもより確実に汚れるという前提で挑もう!

潔癖症の人にとってパンツ類のみならず人によってはトップスも試着はイヤなはです。

しかし、潔癖でもちょっといい服を着たい、オシャレをしたいということもあると
思います。

 

寧ろ私たち神経質気質の人の方が、普通の人より服装に於いてもこだわりが強いかも
知れませんね?!

 

前置きはこの辺にして本題に入りますが、

 

服を試着するという行為は、当たり前ですが店頭に並んでいる誰かが試着した可能性
がある服を試着するのですが。

 

そして試着は間接的に誰かが試着したかも知れない服に手足を通しますね。

※ここからはリアルな話でイヤな表現を含みます。気持ち悪くなるかも知れないと不安
な方はこの章は飛ばしていただいて、次の章をご覧ください。

 

自分の前に試着した人は汚い公衆トイレで大便をして手を洗わなくても平気な人が
試着しているかも知れません?!

 

服を構成する糸と布を介して間接的に自分の前に試着した人の皮膚や角質が同じ部位
に付くわけです。

 

当然汚い公衆トイレなので、その便座に付着していた汚物なども自分の前に試着した
人を介して間接的に触れることになってしまいます。

 

一般的にお尻付近は座ってる時間が長ければ長いほど色素沈着をしてしまい、尻部分
の角質は厚くなりガサガサになってる人が多いようです。実際にお尻の黒ずみをケア
するジェルなども販売されていますね。

 

このようなに汚物をはじめ古くなった角質は必ず付くわけです。

 

そして、一般的に清潔な人と言われる人でも(人間誰でも)1回放屁をすると数千~
数万もの大腸菌が放出されているといいます。

 

大腸菌群がトイレットペーパーを何枚通過するという実験でも36枚から検出できな
くなったという実験もあるようなです。

 

とにかく自分自身のものすら汚いのでこの辺りの物を他者と間接的に共有するという
のは覚悟が必要ということになります。

 

・当たり前の話だけど服の試着も陳列棚の奥から商品を取り出してフィッティングルームへ

賞味期限を気にする人はスーパーやコンビニで陳列している食品を一番奥から取り
出すように服を試着する場合も一番奥から取り出して試着するのば無難と言えます。

 

ここでその理由を説明するまでもないと思いますが、軽く触れると多くの人は取りに
くい奥にあるものより目の前の商品を取り出すからです。

 

多くの人はサッと目の前にある物を取ってフィッテングルームに行くのです。

 

ということは、更に取りにくい頭上の棚にあったり、腰をかがめるような下の棚に
ある商品は試着される率が極めて低いはずです。

 

無論この方法は少量生産で小ロットしか置かないセレクトショップなどではほぼ
不可能です。ほとんどの場合ユニクロなどのある程度の数を確保する量販店でし
か使えない方法です。

 

しかし、余談ですがユニクロだけでもオシャレでトレンドを取り入れた格好をすること
は可能です。

 

・発売したばかりの服を陳列棚の奥から取り出して試着する

 

あらかじめ品定めしておいて発売日に店舗に行って試着するという方法も有効です。
更に前項でお伝えした陳列棚の奥から取り出すということも一緒にするといいでし
ょう。

 

ただ、この場合であっても事前に店舗のスタッフが試着してたなんて可能性もあり
ます。

 

ただ、それでも発売されたばかりの服なので試着されてるリスクは低いはずです。

 

・ボトムスを試着する際の私のやっている方法と心得

私がボトムスの試着をするときには、夏のどんなに暑い日でもヒートテックを履
いて試着に挑みます。直接触れたくないからです。(短パンは試着せず購入)

 

前項2つでご説明した方法でフィッテイングルームに行き靴を脱ぎます。
靴は私の場合試着に行くとき専用の靴を一つ用意しています。

 

靴下は昔は100円ショップの履いて試着する度に捨てていました。
ヒートテックの類のタイツもホームセンターで安い物を買いその都
度捨てていました。

 

最近は靴下もヒートテックも洗濯すればまた着用することができようになりま
した。

 

少し話が逸れましたが消毒用エタノールと除菌上っとは常に持ち歩いているの
で気持ち悪いと思ったらその都度消毒をします。

 

レジでお会計をして帰宅したらすぐシャワーですがその間に先ず、肌着である
靴下とヒートテックを洗います。

 

シャワーから出てこれらを干してから洗濯槽クリーナーで1回目の除菌します。
これが終わると2回目の洗濯である、下着と上着の洗濯です。

 

そして、この洗濯が終わると買って来たばかりのボトムスを洗濯します。
そのあと試着するときに履いていたボトムスの洗濯になります。

 

最後に洗濯槽クリーナーで2回目の洗濯槽の除菌をして終了です。

まとめると

①靴下とヒートテックの洗濯

②1回目の洗濯槽クリーナーで洗濯槽の除菌

③その日に買ったボトムスの洗濯

④試着する際に履いたボトムスの洗濯

⑤2回目の洗濯槽クリーナーで洗濯槽の除菌

 

なのでボトムスの試着をするとその日は(疲れて日をまたぐこともある)は洗濯機
を5回回すことになります。

 

大仕事なのです。

 

非常に疲れるので試着に行くという前日は睡眠を普段よりも長めにとってコンディ
ションを整えるようにしています。

 

・何故ここまでボトムスの試着に嫌悪感を覚えるのか?そしてその矛盾

私がボトムスに嫌悪感を覚えるのは先述のようにトイレや排泄物のほか、血液疾患
にも恐怖を感じているからだと思います。

 

私は男ですが細身なのでユニクロではレディースのボトムスばかり履くことになり
ます。

 

女性の方から大顰蹙を買うかも知れませんが…
敢えて書かせていただくと

 

自分の前に試着した人が生理不順やPMSで試着中に経血がボトムスについていたら
という不安があるからです。

 

私の中で他人の血液も見るとHIV、肝炎というイメージを連想されてしまい軽くパニ
ックになってしまうのです。

 

なので、ヒートテックを履いたり洗濯物を分けたり自分の中で納得ができる範囲で
何重にも対策を講じています。

 

昔ひどいときには絆創膏が落ちているのを見るだけでHIVにかかったのではないか
という思考に支配されていることもありました。

 

ただ、その一方ではHIVに関しては感染力は極めて低いことは理解しています。
でもやはり思考はどうしても先行してしまうのです。

 

また、矛盾点としてボトムスに高い嫌悪感ががるのにトップスはある程度人並に試着
できるのは偏った思考の支配による物だと思います。

 

冷静に考えるとトップスの試着も汚いはずです。例えばトップスとボトムスを同時
にフィッテイングルームで試着する人もいる訳ですから。どう頑張ったって間接的
トップスも汚染されるわけす。

 

更に言えば人が触るものすべての物はもはや汚いもの、もちろんそう認識はしている
のですがどうもボトムスが私の中で特に嫌悪感を感じるのです。