何か不安や心配して何もできないなら先ずしないことを設定して挑もう!リスト化のススメ  

・不安で心配が襲ってくる!あたまの中をクリアにするためにも必要、不要の線引きを意識的に無意識レベルにカラダに擦り込む意識を持つことも大事だと思います。

 

普通の人が気にも留めずにいられることをいつも不安や心配という感情に支配されて
時間やエネルギーを消耗させていないでしょうか?

 

感受性が高い分いろんなことのリスクや問題点に注意が先行されてしまうために
精神が不安的になるものももちろん注意が散漫になりやすいと思います。

 

それでも何とかこなせるけど、多大な時間とエネルギーがかかってしまって疲れて
他のことがおろそかになる…

 

この記事では不安や心配が強いために本来すべきことに手がつけられずにいる場合
にどうやって乗り切るかの方法をお伝えしたいと思います。

 

・すべきことをするにあたってどのような不安や心配に支配されるか予めリスト化しておく

あなたが仕事でも勉強でも、人との付き合いでも何かすべきことがあるけどある
特定の不安や心配に支配されて思うように物事が進まないという場合にはこれら
の感情をリスト化するのがいいと思います。

 

あなたが日頃抱える不安や心配などを事細かくリストしておくのです。
リスト化した事は何かするときは「不安や心配をしないリスト」ととして
お守りのように常に持ち歩くという方法です。

 

常に持ち歩き気持ちの余裕のあるときにはスマホではなくリストを見る癖をつけるの
重要です。

 

例えば、

あなたが職場で会議の途中にいつも鍵の施錠をしたか気になってアタマから離れない
場合にはリストには「会議のときは鍵の施錠をしたかの心配はしない」という風に印
刷した物を見るのです。

 

もちろん、人によって不安や心配の種は違います!いろんなとこに派生してしまう
方もいるでしょう!

 

鍵の施錠の心配ではなく、仕事そのものの与件やリスクを回避する考えがが次々と
出てきてしまい、メインとしている事業がおろそかになってるなど…etc

 

このような場合は

 

「メインの事業で出てくる与件やリスクは3つ以上考えない」
というようにメモするなり、入力して印刷するなりして持ち歩くのです。

 

これを平常時から見ることで少しづつ無意識レベルに落とし込むようにするのです。

 

鍵の施錠確認も仕事での与件やリスクでも同じですが、100%はないということ
を身体で覚えることができるようになると思います。

 

最悪致命傷を負わないようにするためにはどうすればいいという発想ができれば
気持ちは楽になるでしょう。

 

難しいトレーニングですが、ちょっとづつの積み重ねが重要なので、一歩進んで
二歩や三歩下がってしまうこともあると思いますが、そんなものだと思ってご自
身を責めずに重い腰のままでいいので気長にやってみていただければと思います。

・神経質気質の人はIQが高いのかも知れない!

神経質な人は感受性豊かで色んなことが、これをこうするとこうなるから、こうした
方がいいと先回りする思考や様々なリスクを簡単にイメージできてしまうので不安や
心配という感情支配され、さらにそれが派生してイヤな思考まで想像してしまいがち
です。

 

これは普通の人が全く気しない、気づかない、イメージできないようなことまで
そちらに神経が回ってしまう傾向があるのである意味IQが高いということが言え
ると思いいます。

 

気づけない人、イメージができない人がほとんどなのでその世界で生きていると息苦
しいと感じるのはもっともです。

 

因みに私はIQとは関係がないと思いますが、記憶力がかなりいいと自覚しています。
物によっては3歳ぐらいの記憶もあります。

 

しかし、記憶力がいいとイヤなこともかなり覚えていたりするのでトラウマになって
ることもあります。

 

記憶というのは脳の偏桃体という部位が関係するようですが、恐らく神経質気質の人
は感受性が高いところがあるので、感情が偏桃体に強烈に作用することで記憶力が高
かったり、その感情を元に過去の自分のアタマに蓄積されてるデータを瞬時に探すこ
とができるから情報処理能力が高い人が多いのかも知れないと感じます。

 

・なんでもかんでも紙に書いて具体的にすることが大切だと思う!

紙に書いて具体化するということは、人間を矯正する力があります。TODOリストなど
もそうですが、すべきこと、しないことを書き留めることでトレーニング次第では機
械的にできるようになると思っています。

 

私は自分すべき仕事を1週間単位で管理していますが、これを怠ると行き当たりばっ
たりの行動を起こしてしまうことがホントによくあるのです。

 

なので、しっかり自分のすべきことを具体的書くことをこころがけています。

 

さらに、5W1Hも使っています。中学校の英語ですね。

・いつ
・どこで
・誰が
・何を
・なぜ
・どのように

これらを文章で表現すると、

「2020/05/29にスターバックス〇〇店で私が朝9時にPCの電源を入れて
 売り上げの目標を共有するために〇〇の資料を添付して〇〇さん宛に
 メールで伝える。」

 

とこんな風に具体化すればするほど怠けることなく継続しやすいのです。

 

なので、この5W1Hを「不安心配しないリスト」として応用したわけです。
メンタル的な問題に当てはめるのは難しいと感じていますが、それでも意
識した方がまだマシだと思っています。