思い込みが原因かも知れない?仕事、プライベートの付き合いで迷ったら他者とすり合わせをしてみよう!

・仕事でもプライベートでも思い違いがあるものです。あなたと相手との関係性の維持と継続に必要性があれば少し深堀することがあってもいいと思います!

あなたはご自身のいいところ、悪いところもすべてをひっくるめて自分を
認めていますか?

 

自分の弱点はあまり人に見せたくないものですが、そこにフォーカスし過ぎて
しまうと何でも一人で抱え込んだり、相談したりすることも出来ずに自分の殻
に閉じこもり人間関係も疎遠になっていってしまいませんか?

 

しかし、なんとなくジェスチャーで意志の疎通がしやすい日本人同士でも他者
とは話し合わないと分からないこともあります。

 

話し合うことで被害妄想的な思い込みは実は違っていたということがあったり
相手はまったく気にも留めてなかったというようなこともあるものです。

 

 

私の場合もまったく同じで、昔職場でも一匹オオカミでいた時期がありました。
人も信用してないので、疑り深いところも多々あり生きづらさも抱えてこの生き
づらさを打ち消すためなのか、消毒や鍵の施錠などの確認行為などが強かったと
思います。

 

鍵の施錠は自分の考えている手順通りにやらないと外出中に誰かにトイレを使わ
ているのという変な妄想にかられることも多かったです。

 

今でもこれらの気質や消毒や確認などはありますが、ピーク時よりはましになっ
ています。

 

そして今でも人と積極的に関わることは好きではありませんが、自分の中で自分
を認めているので昔よりは生きやすくなっています。

 

あなたも今後対人関係でも生きづらさを少しでも減らして他者、との関係を構築
したい既にある人間関係を継続、維持したいとお考えだと思いますが、事項から
は他人との距離の置き方、付き合い方のヒントになることをお伝えします。

 

・十人十色すべて同じ思考、思想なんてあり得ない!

当たり前の話ですが、人間顔が違うようにすべて同じ思考と思想を持った人なんて
いないはずです。似たような思考思想はありますが、まったく同じなんて人はただ
の一人もいません。

 

DNAの掛け合わせでが同じ兄弟姉妹であってもすべて同じなんてことはあり得ません。

 

よく考えてみると私たちは人間は60兆個の細胞から出来ていると言われています。
同じDNAを持った人間でも60兆個もの細胞があればまったく同じ働きはしませんね。

 

例えば肌のターンオーバーひとつとっても、生理周期にしても、腸内細菌のバランス
にしても違うはずです。

 

なので、やはり人間関係を構築、継続、維持しようとすれば話し合いから初めること
が大事だと思います。

 

・人間関係の構築にはノンバーバルな情報が最も重要なのもあながちウソではない!

誰でも他人同士齟齬があるからこそ意見をすり合わせてお互いの齟齬を縮めてお互い
が交えるところ、つまり交差点を探るのが私はいいと考えています。

 

私は相手を先入観で見ていて、話してみて全く違うということがわかったということ
がありました。それと同時に私の思い込みで相手もコミュニケーションが取りにくい
ということもありました。

 

昔コールセンターで働いていたときのことです。

 

コールセンターという職種はほとんどの時間をPCモニターの前でインカムをつけて顧客
との対応なので内部の人間と話す時間の方が短いのです。

 

あなたもどこかのコールセンターに電話した経験があると思います。電話をすると
受話器を通してあなたが話してるオペレーター以外のオペレーターの声なども聞こ
えることはなかったでしょうか?

 

そう。コールセンターはオペレーターが集約されてるところが多いのでこのような
ことが起こります。

 

オペレーターという職種はほとんどの職場で対応方法言葉遣いなど研修があり丁寧
な対応を求められます。その中でも私はかなり丁寧な言葉遣いで対応だったと自覚
しています。

 

それでも、私は内部の人間からするととっつきにくい印象があったようです。先ほ
ど少し触れましたが、相手と思う自分と自分が思う相手に齟齬があったのです。

 

電話でも言葉遣いは他の人より丁寧で、内部との人とやりとりも丁寧でした。しかし、
多くの人がそうですが生活のためにする仕事で社畜として出勤していました。

 

私は言葉は非常に丁寧に振舞っていても表情はいつも険しく、イライラ気味なのも
自覚していました。

 

これが相手にはいつも不機嫌そうで関わりたくない人と映っていたようです。それと
同時に私も相手とのやり取りでいつもこの人は必要な情報もろくに伝えない人でやり
にくい人と思っていました。

 

とは言っても、顧客情報をしっかりと把握できるシステムだったので特にノンバーバル
なやりとりでも機能していました。

 

しかし、あるとき私の部署の責任者といつもの相手と仕事上コミュニケーションを
取らなければいけない状況がありやりとりすることになったのです。

 

このときは日々の業務以上に意志の疎通が必要な物でした。部署の責任者含め3人で
顧客満足のことについてのサービスの刷新を計るというものが10日ほどありました。

 

話し合いが始まり1分もしないうちに部署の責任者に

「〇〇さんはいつも不機嫌そうだ!」

と言われてしまいました。

これは言葉云々ではなくて表情や態度の問題で、もう少し明るく振舞って欲しいとい
うようなことを言われました。

そのときの私は?????でしたが、バーバルな情報よりノンバーバルな情報の方が
相手に映る印象が強いということがわかりました。

 

すこしづつ私なりに努力して7日目あたりからいつもの私がやりにくいと思っていた
人の態度も変わっていくのがわかりました。

 

その後日々の通常業務に戻りましたが、顧客満足のサービスの刷新の件を機に私が
やりにくいと思っていた相手は今までとは変わり業務上必要なことをきちんと伝え
てくれるようになりました。

 

部署の責任者のようにはっきりとこうだとはいいませんが、私のノンバーバルな態度
で相手の方がやりにくかったのかも知れません。

 

アルバートメラビアンというアメリカの心理学者は、

7%が言語情報(言葉)

38%が聴覚情報(トーンや喋り方)

55%が視覚情報(表情やしぐさなど)

で他人に与える影響がかわると言っています。

 

私は他人に与える視覚情報ではまるで意識していなかったというよりこの点について
電話業務なので気を使っていませんでした。

 

それなりに濃厚なコミュニケーションをとるということで、相手に与える視覚情報も
必要だということを学びました。