囚われや思い込みによる我慢や無理をしたり、頑張ることが神経をピリピリさせて神経質に拍車をかける!

・ピリピリしているような感覚が頭の片隅にでもありますか?!囚われや思い込みもその時点で気づけていますよ。

あなたはいつも何かに抑圧されたり、何か物事に追われてこうしなければ
いけないというような固定観念に支配されてないでしょうか?

 

その固定観念とはここでは社会的なものではなくあなたの思考から導かれ
るものもです。つまり誰も介入してことないので強制力がないということ
です。

 

誰にも強制されていないのに自分自身の脳によってこのように支配される
のも息苦しいですね。私もそうなのでよくわかります。

 

特にしなくてもいいのに〇〇しなければいけないとの思い込みにより身体
が疲れているのに無理をしたり、我慢して〇〇し過ぎてしまう。

 

それは特定ヵ所の掃除であったり、鍵の確認であったり各々違いますが、
何でも度を超すぐらいやってしまい結局物事の本質を見失ったりおかし
な方向に行ってしまうことが多いと思います。

 

「過ぎたるは猶及ばざるが如し」という諺があるように何でも度を超すと
間違ったことになりかねないです。

 

あなたもあなたなりのこだわり、囚われ、思い込みなどで支配されている
て疲れてきたらに肩の力を抜くことにも意識的にでもしてみていただくと
少しでもラクに生きる一歩だと思います。

 

・エネルギーの振り分けをうまくしないと神経質が暴走してしまう!

過度に神経を尖らせていると当たり前ですがどんな人間でも疲れてしまい
ます。

そしてこれもまた当たり前ですが他の部分はおろそかになってしまいます。

 

私たち神経質気質の人たちはエネルギーが強すぎるので、この振り分けが
できないと心身が疲弊してしまいます。

 

例えるなら今はデザインやイメージも刷新されているトヨタカローラですが、
カローラにフェラーリのエンジンを搭載して走行してるのが神経質気質の私
たちです。

 

この例だとエンジンもボディもハード的な話になるので運転する人間という
ソフト的な要素が加わっても各々ハード(パーツ)があべこべなのでアンバラ
ンスな状態を生むというのがより厳密で適切な表現だと思われますが。

 

仮に人間というソフト面として扱うのがうまい人(運転がうまい人)でも
使いますのは大変でしょう。

 

しかし、神経質者はパワー溢れるエンジン(脳)を自らの知恵を使って(または
知恵をつけて)コントロールしなければいけません。

 

神経質気質の脳や神経伝達物質等のハードという部分とソフト(疲弊を感じて
いるという自我)の部分を上手に扱わなければいけません。

 

こう考えると一体、人間含め他の動物はハードなのかソフトなのかよくわから
なってきそうですが…

 

とにかくうまく生かしてやらなければこのフェラーリのエンジンもうまく動い
てくれません。

 

・全体主義的な思考を持つことにも意識を向けてみよう!

物事ひとつのところだけ過度に意識が行くと他のところはおろそかになってし
まうのはあなたも経験上あると思います。

 

鍵の施錠確認に没頭しすぎるあまりに電車に乗り遅れて遅刻してしまった、ガス
の元栓の確認に意識が向いてしまい、重要な書類を忘れてしまったなどがこれに
あたると思います。

 

少し全体主義的な視点で物事を見てみると、鍵が施錠されてるか心配だけど遅刻
しそうだ、ガスの元栓が本当に閉まってるのか心配だけど何か忘れ物はないか…etc

 

頭の片隅にぼんやりとでもいいので心配や不安というものを背負った状態でも
時間はあと何分、忘れ物ない?と変換するように意識するのクセをつけるとい
ことです。

 

好転反応とでも言うのでしょうかイヤ思考が次々とグチャグチャ出てくるので最初
は気分的にも行動的にも一進一退どころか一進二退、一進三退ということもありま
すが、卑下せずそんな物だととらえることも大事です。

 

何か新しい思考を身に着けるのにはそれなりに時間もかかります。

 

・やりたくないことを頑張り過ぎてしまうから心身にも影響が出る

誰でもやりたくないことをするのには重い腰上げて動き出すものです。

会社勤めのサラリーマンの90%は毎日満員電車に揺られて生活するために働くと
いうのが人生の目的になっている人が多いでしょう。

 

お金が貰えて一定の生活が保障されてもイヤな物はイヤなので疲れが出やすいのです。

神経質気質の私たちも先述のように思い込みや囚われによりイヤな思考やそれを
打ち消すための行動に躍起になってしまう、つまりやりたくないことを相手にし
てしまうのでグタグタになるのです。

 

囚われやイヤな思考に対するひとつの在り方として相手にしないでやり過ごす
ことも方法の一つです。

 

また、イヤな思考が勝手に思い浮かんでいる、勝手に脳が囚われているというの
を客観的に観るようにイメージすることです。

 

すぐに抗わずこのようにイメージすることにも頭の片隅にでも置いておいていた
だければと思います。

 

・豪放磊落に思うがままに生きるのが本当の自分がわかるではないか?!

自分の脳で勝手に繰り広げられるイヤ考えや思い、囚われ、そしてそれを打ち消
そうとする突発的な行動は私自身の悩みでもあります。

 

これらにうまく付き合わずにいられると恐らく本当の自分、自分のやりたいこと
好きなことが見えてるくる気がしています。

 

それは、有限である思考という脳のリソースを節約して大幅にクリーンアップ
できると考えているからです。

 

重いPCも不要なソフトなどを削除するとキビキビ動いてくれるように、余裕を
作ることができるともっと快適に生きることができるはずではないでしょうか?

 

日々奮闘していますが、頑張り過ぎずに淡々とやり過ごして行きましょう!