気分が安定してい落ち着いているときでも確認行為がある!少し愛着があると物を大事にすることの表れか?

・あなたは大切に扱いたい物に神経を使い疲れることはないですか?

 

不安や心配という観念に苛まれている時間が多い私たちですが、私は新しい洋服を買っ
て家に帰ると少しだけいい気分になるってことあるんですが、あなたは何か手に入れて
少気分が高揚することなどはないしょうか?

 

まぁ、そのいい気分も束の間なのですが……

 

 

服を買って家に帰るとタグをはさみで切ると思いますが、あなたはどうされていますか?
私の場合このタグを切る際に服の生地も切ってしまったのではないかと何度も確認してし
まいます。

 

 

特にニット製品などは、ちょっとのことがほつれにつながるので気を付けている
のですが、この確認壁にけっこうエネルギーを使います。

 

 

あなたもこのようなことはないでしょうか?

 

何か愛着を感じた物、新しいものなどには私はこのような傾向があります。まぁ、買った
ばかりの物はほとんどの人は大事に扱うと思うのですが…

 

この記事は事項以降も私の服の扱いの例でまとめいきますが、あなたのケースに当てはめて
参考にできる点はどんどんご自身の生活に取り入れていただければと思います。

・物は恐らく大事に扱われることは物にしてみれば嬉しい!そして物は使ってもらうことでもうれしい!

服は私に着られることで喜んでいる!このように考えてみるといいのかも知れませんが…

 

服を大事に扱いすぎると結局のところ着れなくなり、きれいな状態で保管することになり
3年後ぐらいにクローゼットの奥の方からそういえばこんな服買ったなぁ…

 

 

いざ着ようと思ったらトレンドが変わり少し時代遅れになっていてリサイクルショップに
売りに出すことに。

 

 

本来、服は着られることが嬉しいと思うはずなのですが、1度も着られる機会が
ないままリサイクルに出されるのは可哀想かも知れませんね。

 

 

そして問題のタグのカットで生地を傷つけてしまったのではという観念は、傷つけていな
いはずなのですが、困ったものです。

 

 

それは服を大切に扱おうという意識が強すぎるあまりに起こっている錯覚だということ
は理解してるのですが。

 

五感を使えば考える間もなく肌感覚でわかるはずなのですが、このようにこの文章を
書いている私でも観念の渦中にいるときは冷静に判断できないのが困りものなのです。

 

 

こういうときって肚で呼吸していないのですね。

 

肩が強張って確認しているので、後で肩こりでスゴク疲れてしまいます。

 

・真新しい物は大切に扱いたいという強い気持ちの裏にあるからいけないのか?!

誰でも新しく新丁した物は最初は大事に扱うと思いますが、神経質気質の人はこの
思い方が半端じゃないから神経を異常なまでに尖らせてしまうことが多いかも知れ
ません?!

 

 

そしてこの大事に扱わなければという観念は脳内の過剰な誤作動によって起きている
と思われます。

 

脳の誤作動から洗脳によるものなので理由はないのです。

 

 

意識して見抜かなければ囚われてしまい、確認行為が疲れるまで続くことになります。
許容範囲をあらかじめ設定しておくことが望ましいでしょう。

 

 

・この物を大切に扱わなければ罰があたるという観念が異常なまでに大切に扱うのか?なぜ罰があたるのか?誰に罰があたるのか?

服が持つブランドの歴史を汚してしまうのか、粗末に扱うことによりブランド価値を下げて
しまい自分に罰があたるのか?

 

そのとき、そのときに降りかかっていろんなとこに派生してしまう観念なのでこの正体
を突き止めても拉致があかないのですが、観念で行動が抑制されたり、過剰に行動して
しまうのはしょうがいないですが…

 

観念が出るのはしょうがないですが罰はあたりません。

 

脳からの間違った信号で誤作動しているだけなので罰はあたりません。

 

 

家に泥棒が入られるということもほぼないことでしょう!ここでもし泥棒が家に入られて
も服の扱いが悪くて罰があったということではありません。

 

なぜなら服をいい加減に扱ってる人がいるとその人たちみんな泥棒に入られるという理屈
になってしまうからです。

 

そうしたら、意識せずに服を粗末に扱っている全国の人が泥棒に入られてしまうことに
なりませんか?

 

この意識と無意識というにも観念に通ずるので難しいところですが…

 

テレビや新聞で泥棒件数が一日100万件とか報道されてるの観たことありますか?
社会問題になってしまいますね。

 

・恐怖感が勝ってしまうという厄介な脳の構造、私のやってるトレーニング方法

冷静に考えればわかるはずなのですが、人間一度考えてしまうとデメリットばかり目に
つくのは脳の特性です。

 

これは神経質気質で不安や心配が多く日々心労を抱えてる人だけじゃなく、
普通の人でも同じです。

 

ただパニックに陥ると恐怖感は独り歩きしてしまいます。神経質気質だと余計にこのよう
な傾向にあります。

 

こういうとき行動が過剰になる、行動が抑制されるという場合には苦しいですが、逆の行動
を取る意識を普段からイメージしておくとパニックに陥っても少しだけ余裕を持てるかも知
れません?!

 

比較的気持ちに余裕があるときに、

 

「私は今肩に力が入っていて何かの観念に囚われている」

不安や心配が派生して勝手にイメージされてしまう観念、行為の後にあなたが一番疲労を
感じるときにでももごもごと呟いてみるといいと思います。

 

私の場合肩だったり、頭痛だったりと こめかみがピリピリしたりそのときによってどこか
になんらかの症状がでるかわからないのですが取り敢えず肩の力を抜いて呼吸をゆっくりと
長く保つことを普段から意識しています。

 

とにかく意識して無意識レベルで安定するようになるまで意識してトレーニングしないと
観念は非常にしつこいので日頃から意識することが大事だと思います。

 

そして、安定していても継続することは重要です。