神経をピリピリさせる外のトイレ!男性の潔癖症の人が外出先で小便でトイレを使うときに注意するポイント

・外の男性用小便器で尿ハネで気になることないですか?

潔癖症の人が外出先のトイレで用を足すときに、不潔の対象物にトイレが上位にランク
インする人は恐ろしいまでに神経を使いますね。この記事では男性が外出先のトイレで
小便を小便器ですることを前提でまとめていきます。

 

 

普通に便座に抵抗なく座れる潔癖症の方にはあまり参考にならないかも知れません。

 

外のトイレで小便器で小便をすると用を足したあとは膨大のエネルギーと脳のリソース
を過剰に使ってヘトヘトになっている感じがするのは私だけじゃないと思いますが、か
なりの方が苦しんでると思います。

 

私なりの方法をまとめたのでご自身に合うところは参考にしていただければ幸いです。

 

・外出先でトイレ選びするときは5つのポイントを明確した方がいい!

トイレを選ぶ際は可能な限りきれいなトイレを使いたいのは潔癖症の傾向がない人
でもそう思うでしょう。

 

新しいオフィスビルのトイレを選ぶのも大事ですが、トイレの構造も知っておきたいもの
です。

 

一番望ましいのは

 

・扉がない
・センサー式の小便器
・センサー式のハンドソープと手洗い
・使い捨てのペーパータオル(人によっては嫌がるかもしれません)
・トイレの外にペダル式のハンドジェルの設置

のトイレです。

 

私は上記の条件を3つ以上クリアしていなければ、使うことはほとんどありません。
気持ちに余裕があるときや、排泄を我慢することでモレそうなときは使います。

 

また、コーヒーショップなどのトイレは内開きのところが多いのでこいうとこは
すごく神経を使うのでNGです。

 

内開きって戸の開閉時に便器にパンツの裾が付きそうになるので相当神経を使う
のです。(ここを問題にしてない方は使えばいいと思います。)

 

扉がないトイレはオフィスビルや商業施設、デパートなどに多い印象がありますが
扉があれば不特定多数の人が触るところですが、扉がないと手を触れなくていいの
はどれだけ衛生的なことでしょう!

 

 

女性はわかりませんが、男性は小便した後に手を洗わない人がけっこういるからです。

 

 

次にセンサー式のトイレはよほど古いビルでない限りどこのトイレでもほぼセンサー
式だと思いますが、このセンサーで水が流れるタイミングに問題があるところがあり
ます。

 

 

用を足す前に流れるのところは結構多いのですが、この場合は様子を見ながら流れ
だしたら引けばいいのですが、用の最中に水が流れると引くこともできないことが
あります。

 

 

排尿してるときにこの水が流れ出すと高い確率で跳ね返りがあります。
ただでさえ跳ね返りがあるのに水が流れると余計に跳ね返りがひどく
なります。

 

 

これについて調べてみたのですが、センサーにもいろいろな種類があり有力な情報
にありつくことができませんでした。

 

 

あなたはエアタオル派、ペーパータオル派ですか?

 

 

これにも大きく分かれると思います。エアタオルは水滴を飛ばすので手自体にはもち
ろん服にも水滴がつき気持ち悪いという人と、ペーパーナプキンはトイレ清掃員の人
掃除のときに補充するので気持ち悪いというのがあると思います。

 

 

どちらを取るかはそれぞれですね。

 

 

しかし、トイレの外にペダル式のハンドジェルがあると精神的にはかなりいいものです。

 

 

足で操作してジェルを出せるので清潔です。

 

上述した5つのポイントをすべて満たしているトイレってホテルとかが多いような感じ
がします。あなたのよく行く場所で使いやすいトイレをいくつか探しておくといいでし
ょう。

・あまりに自分に合わない、構造に問題のあるトイレだと潔癖の観念がひどくなる可能性大!

これはあくまで私の例ですが、ある公共施設でトイレにいったときのことです。掃除は
そこそこ行き届いていたと思いますが、小便器の微妙な高さから汚れに気をとられてし
まい、そこの小便器に靴を脱いで足を突っ込んだのではという観念に襲われてしまいま
した。

 

 

そんなはずないとはどこかで思っているのですが、凝り固まった思考のクセなのでしょう、
思考が止まらなくり家に帰った後には靴下は風呂場で単独で洗い、靴にはアルコールでひた
ひたになるぐらい噴霧しました。

 

でも、捨てないだけ自分でも大したものではないかと思っています。この観念がピークの
ときは気持ち悪いと思った物はすべて捨てていたので。(HIVノイローゼのとき)

 

このようなことからトイレを使用する際に構造や勝手が普段と違うと神経を多く使ったり、
トリガーとなるものがあるとそこから別な物が派生してしまい不安や心配などの観念を産
みやすくなります。

 

 

あなたもこのような観念が併発しているなら精神の安定のためにも気を付けた方がいいかも
しれません。

 

・私も最近はイヤイヤでもいいかから外側の世界を見るように意識している!あなたも内→外を意識する癖を身に着けると少しは余裕ができると思う

主に神経質気質の人に当てはまることだと思いますが、観念は自分の内側から起こってるもの
なのに「便器に手が触れたのではないのか?」と個室に入ってもないのにそのように間違った
脳内からの指令により起こります。

 

 

とにかく思考が優先しすぎるので思い込みが激しく現実との区別がつきにくいのは難しいので
すが…

 

 

しかし、もし触っていたら触ったという感覚が手にあるはずなのです。
少しづつでも外側の世界に目を向ける意識を持つのも大事です。

 

 

私も先述した小便器に足を突っ込んだのではないか?という観念のときはアルコールを噴霧しま
した。

 

 

同じような例であるホテルの小便器の縁についたカビ?のような黒く変色したトイレを利用した
際にこれに気を取られて手を突っ込んで触ってしまったのではないのかという観念に襲われたこ
とがありました。

 

 

しかし、このときは内→外に意識をすることで過剰の手洗い、消毒行為をせずやり過ごすことが
できました。もちろんそのときの体調などにもよりますが、内→外に意識を向けることを普段か
ら意識づけることは大事なので、日々体調のいい日はなるべく意識することが大事だと思います。