知覚過敏的な状態が確認や繰り返し行為を暴走させてるのか?!

・あなたは感覚的な刺激に対して違和感を感じることはないですか?

不安や心配から派生される観念はある特定のイヤなイメージや考えが次々に浮かぶと思い
ますが、こららを打ち消して少しでも安心するために確認をしたりおなじことを何度も繰
り返し行うことがあると思います。

 

また、感覚的な過剰な刺激からもこれらの行為に及ぶものもあると思います。

 

例えば手を洗うという行為ですが、ハンドソープを手につけて洗っているけど、せっけ
ん成分が何度あらっても落ちた気がしない、洗面台の水が手に飛び跳ねてるような気が
して手洗いがエンドレス。

 

どちらの場合も濡れてるので正確に判別しくいといえばそうなのですが、それでもせっ
けん成分を落とすのに1時間、2時間洗面台の前に立ち続けてもまだヌルヌル感が取れ
てない気がするというのはやはり知覚過敏と言っても過言じゃないでしょう!

 

このような状態に陥って困っていたら、これから先は扱い方などをお伝えします。
参考にできるとことろがあればどんどん取り入れていただければ幸いです。

 

・脳の捉え方に誤った認識があるから、マイルールと独特の理論によって自己洗脳してしまう?!

 

前項のようにハンドソープの話ですが、じゃあなぜここまで知覚過敏が出るかというと
やはり、脳の誤った認識によるものや後天的に各々の独特の理論によって、独特の神経
回路を作り出してしまったということだと私は考えます。

 

この知覚過敏的な状態に陥るのは脳内で他の感覚的な情報の取捨選択できないから
ということも言えるのかも知れません。

 

神経質気質の人はひとつのことに強いこだわりがあったりするので相対的に他のこと
が疎かになりやすいんだと思います。

 

かくいう私もそうですが、全体思考というのが苦手な傾向が強いようです。

 

私も手の洗い方ひとつでもマイルールがあるのですが、特定の箇所を集中して洗うと
相対的に他のところがやはり疎かになるのか、手を洗い終わった後にあれ腕まで洗っ
たっけ?ということになることがあります。

 

そして、特定の箇所を洗ってるときは精神の安定のために洗ってるのか、ホントにキ
レイに洗えてるかということばかり気にしてしまうので、手を洗うという事実がなお
ざりなってしまっているという自覚があります。

 

 

その結果、同じ繰り返し行為でエンドレス状態に陥ることになると思うのです。

 

 

ディテールにこだわりすぎるような脳の機能に問題があったり?と難しいですが、知覚
(感覚)過敏的な物があれば脳の洗脳による認識を自覚して客観的に見てみることも必要
かなと思います。

 

・人間は十月十日皆未発達の状態で産まれてくる!?象は22カ月この差が発達過程に影響をもたらすのか?

アフリカゾウは妊娠期間が22カ月で約2年も妊娠している稀有な存在ですが、
人間は300日前後です。

 

 

ヒト、犬、猫などは哺乳類の中でも妊娠期間は短く産まれたばかりでは完全に保護的な
状態です。特に人は生後2年ぐらいは保護者が常に見えてないと泣いて訴えてきます。

 

 

ヒトはもともと、超がつくほど保護的な動物でおんぶにだっこで育児にも大変な作業に
なります。(私は未婚で育児経験なし)でも見ていると大変そうに見えます。

 

 

このようにもともと保護的な上に、胎児の発育段階に於いてDNAの塩基配列に問題
がある、細胞分裂がうまくいかない、染色体に異常があるなどもともとの何らかの素
因の異常があれば社会的に生きづらい子供が産まれてきてしまいます。

 

 

これを防ぐためには遺伝外来の有効活用や今後AIを駆使することにより妊娠前からさら
に細かく知ることができるでしょう。

 

 

動物は生物学的には種の保存というのか、子孫を繁栄するというのが本能的にあるよう
です。

 

しかし、いつも気苦労が多く心労を抱えて人間の身からすると生きることに大変な苦労を
強いられることになるので保護者になる方としてもよく考えることが重要だと思います。

 

 

・生きづらさを自覚しているから確認や繰り返しの行為を産むと思う

先ほどからお話ししていますが、ハンドソープの例のように感覚神経を過剰に刺激して
しまい正常な認知を行えないために、ストレスを感じてしまい余計に確認や繰り返しな
どの行為が出てしまうのではということを述べましたが。

 

それでも子供(未就学)のころはまだマシなはずです。
保育園でも幼稚園もまだなんとかなるでしょう。

 

しかし、だんだん成長してきて小学校に入学したころになると集団とプレ社会生活も始
まり色んな営みが増えてきます。

 

集団の中にいるとある程度協調性も問われるざるえないというシーンにも出くわすはず
です。これが画一的な日本の教育の悪いところでもあると思うのですが…

 

それは、置いておいたとしてもやはり、マイルールやマイ理論がありながらも周りに
多少なりとも矯正しなければいけないという同調圧力などが働くため神経質気質の人
は強いストレスを感じると思います。

 

そして、無理して我慢して矯正していくので、歪みが出ても当然でしょう!

その代償として就学した頃には個人差はあるもののさらに確認や繰り返しの行為が増える
と思います。

 

私もそうやって生きづらさを感じて過ごしてきてるので、なんとなくそういう人が多いの
のかと感じるところです。