オンラインでの服の購入とわずかな糸のほつれから返品を繰り返す!不完全が気持ち悪い

・商品の不具合についてあなたはどの程度なら許せますか?

 

あなたがオンラインで服を購入した際にほんの数ミリの糸のほつれが気になる、
左右の縫製わずかに非対称なのが気になりクレーム入れたり返品したりしたこと
はないでしょうか?

 

細部まで神経を尖らせてる私たち神経質気質で完璧主義傾向の強い人によくある
話だと思います。

 

これも返品交換を繰り返しエンドレスに終わることが多い話ですが…

 

このケースの場合に関しては自分と不完全な社会とどう折り合いをつけていく
のか、つまりどこまでを自分の許容範囲にするかということだと思います。

 

私が今までオンラインで服の購入、返品交換を繰り返してきてどうやって許容
していったかをまとめていきます。

 

・なぜわずかな糸のほつれで返品交換を求めるのか?

3mm、5mm、7mmあるいはときに1~3cmぐらいの糸のほつれがあるかも知れませ
んが、気持ちが悪いのはきちんと揃ってないことにより、何か悪いことが起こるかも知れ
ない、ただ単にほつれているのが不愉快だ…

 

私の場合2010年ごろはHIVノイローゼが酷かったので、それに連動してか完璧を求める
傾向が強かったと思います。このように地上の細かいことに完璧を求めて何とか自分の潜
在的な不安や心配とバランスを取っていたのだと思います。

 

もちろん、この傾向は今でも替わってないので、不安や心配などが強いときは顕著にこの
ような状態に陥ることが度々あります。

 

毎日が不安や心配という観念との闘いでハッキリとは覚えてないのですが、HIVノイローゼ
がひどくて頭がいっぱい、いっぱいだったのは確かです。

 

ストレスでイライラ、そしてイライラしてる状態そのものがHIVの観念とリンクしてた
のかHIVになるかも知れないという不安や心配からくる観念が強かったのだと思います。

 

いろんな思いや思考が交錯していたので今よりも正常な判断は困難だったと思われます。

 

糸のほつれでもちょっと引っ張るとするっと抜けるものもありますよね?
服飾の用語はわかりませんが、細かく縫製している糸と糸の間にたまたま
はさまっていた糸と表現すればなんとなくわかると思いますが…

 

あれって、ひっぱるときれいにするっと抜けるのです。
しかし、私の場合はこのわずかなことにのこだわりが何度も返品交換を繰り返していました。

 

どんなにうまく縫製しても先端部分は数ミリは糸が出るものなのですが…

 

結局きれいに縫製されてることに安心したかったのだと思います。

 

・どうして許容範囲を広げるのか?どこまでを許容範囲とするか、どうやって許容範囲を広げればいいのか?

許容範囲は当たり前の話ですが人それぞれ持っている感覚が違うの一概にこれと決める
ことができません。

 

結局自分なりに探していかなければいけないのです。

 

そして、なぜ許容範囲を広げるのかというと、自分自身を生きやすくするためです!
自分の中での許容範囲をあらかじめ押さえておくと許容範囲を広げていきやすくな
ります。

 

具体的には先述した縫製の間にはさまっていてするっと抜ける糸ならそれは許容範囲と
すると決めることです。

 

これは客観的に見ても不良品でも何でもないので私の経験上とにかく決めることが賢明
です。

 

ここで返品交換を求めるとムダに時間とエネルギーで消耗してしまいます。
そしてほかの不安や心配の観念などにも派生する可能性が高いのです。

 

次から次へと出てくる観念に襲われないためにもこことで止める勇気をもっていただき
たいのです。

 

また、私のように糸のほつれが気になっていて、糸のほつれを見つけたらどういうふうな
ほつれ方をしてるのかを冷静に見るようにする意識を持つことは大事です。

 

これは、服の糸のほつれに限らす神経質気質の人が安心という感情を得るために完璧を
求めると冷静さを失ってしまいます。これは心を目的にしているために何度見ても本当
大丈夫か?という懸念が襲ってくるのです。

 

なので、事実のみに意識を向けることが肝要です。

 

縫製と縫製の間に絡まりあきらかにはさみでカットするとグチャグチャになるような
場合は返品すればいいと思いますが、カットして見た目に問題ない場合は返品するの
だけの時間と労力を天秤にかけてみた方がいいのではないかということです。

 

もちろん、完璧傾向が強いとこのようなことでも躍起になって没頭しやすい性質が
またそれがいろんな思考を暴走させてしまうのが痛いところではあるのですが…

 

躍起になってるときには息はハァハァ上がって、肩はこわばっていると思います。
こういう状態のときはスイッチが入ってしまっているので正常な判断ができてい
ないはずです。なので物事と格闘するということを休んでほしいのです。

 

そして少し落ち着いたら、どういう対応をするか決めるといいです。

 

ここで返品するという選択した場合もどうして返品するのかあなたなりの基準を持つ
ようにすればいいと思います。思い込みなのか観念という思考が先行してるのかを見
分けるのは難しいので五感を意識してみてください。

 

よく見て、触って、肌で感じてみてあなたの感覚を身に着けてみてください。

 

・ユニクロオンラインで何度も返品交換をして精神もボロボロに

ユニクロのオンラインで買い物をして返品交換を繰り返して結局は何も買わずに
返金してもらったということが結構ありました。

 

中にはあきらかなほつれというものもありましたが、それは1つか2だったと思
います。

 

それ以外はすべて細かな糸のほつれです。

 

当時私はひとつの服に20~30分ぐらいかけて細かく縫製を確認していました
のでほつれ、破れなど確認している私自身も精神状態はひどかったと思います。

 

とにかく順序を決めて縫製されてる箇所をすみずみまで確認するのです。

 

特に脇部分やポケット(過去に破れていたことがあったから)は破れていな
いか丁寧に確認していました。

 

そして、不満があればすぐに電話です。

 

ユニクロのコールセンターに何度電話したかわかりませんが、いつも上席対応で
同じ人に対応してもらっていました。

 

Nさんという方でしたが、当時の私はHIVノイローゼでいっぱいいっぱいだった
のでクレームのつけ方もかなり傲慢だったと記憶しています。

 

ユニクロの倉庫で梱包する人たちにも、返品されてないもの、誰も試着してないと
思われる服(潔癖もあるため)を選んでもらうように強要していたこともありました。

 

まぁ、うるさすぎるクレーマーにもその都度対応してもらっていたので、対応して
いただいたNさんも大変だったと思います。

 

それと同時にギャンギャンクレームを言う私自身も精神がどんどん崩壊していくの
を感じました。

 

しかし、イライラは止まらずイライラするたびに物に当たりちらしキッチンの扉を
蹴り、壊すことに快感を覚えるようになりました。

 

不安や心配の種は日常生活のいたるところに落ちています。あなたも私のように負
のスパイラルに陥る前にどこで折り合いをつけるかを一度考えてみるといいでしょう。

 

ユニクロのみなさんにはご迷惑おかけました。この場で謝罪したいと思います。