不安と神経質のあるある!?飲食店での出来事とHIVノイローゼ加害者的観念の視点

・何らかの危害を人に加えてしまったのではないか?という感情で苦しんでいませんか?

 

飲食店での不安などのの被害者的の観念についてもまとめましたが、この記事では
加害者的な観念を持ってる人の視点でまとめてみたいと思います。

 

物理的なこと以外も含めて危害を加えてしてしまったのではないか?と自分を責める
ことです。私自身はこの観念はほとんどなく、飲食店に於ける危害を加えてるのでは?
という感情は皆無です。ここでは危害を加えたのではないか?という私の知人の苦し
んでる内容を書いていきます。

 

彼も苦しんでいますので、飲食店で働くスタッフはもちろん客として行く場合でも
あなたの参考になるかと思います。

 

・五感で感じる意識を常に持つこと!たぶんこれしかないと思う!

五感で感じるという意識を持つということは簡単そうで実は結構むずかしいことだと
思います。

 

人間無意識でやってることが90%以上とも言われています。汗をかいたり、体温を
調節したりするのも私たちは意識してやってるわけではありませんね。

 

なので、呼吸するときでも鼻から空気を吸い込み口から吐くということを五感を感じ
ながらするということは大事なことだと思います。

 

イライラしていたりすると、ハァハァハァハァと呼吸が浅く、そのイライラに囚われ
てる状態ですね。

 

イライラしたりするのは人間の性ですからある程度はあるでしょう!
その上で微かな感覚でも、

 

「今自分はイライラしてるとから呼吸を丁寧に行おう!」

 

と意識できるようになると日々の雑事なども丁寧にできると思います。

ひとつひとつの営みを丁寧にできると、

 

「他人に危害を加えてしまったのではないか?」

 

と悩まされることも少なくなると思います。

 

・飲食店でHIVの加害的な観念のある知人のエピソード

 

私の知人は飲食店勤務が長いのですが、彼は昔アルバイト先で皿洗いをしていて
指を切って出血したらしいのです。

 

そのときには絆創膏を当ててそのまま皿洗いを続けたらしいのですが、それから
しばらくしてから公共広告機構かなにかのHIVのTVコマーシャルを見たらし
くそこから飲食店で手を切ったのがリンクしたらしいのです。

 

加害者のように悩む人は自分よりも他人という意識が強いようで、とても良心的な
彼は気が滅入ってしまったようです。

 

それからというもの何とか仕事は続けてはいるものの(今も飲食店勤務ですが)
2年ぐらいは赤いものは血液、血液=HIVと方程式が成り立ったようです。

 

料理を提供する飲食店でお客様に自分の血液を口に入れてしまってHIVに感染
させてしまったらという不安がすごく強いようです。もちろん彼はHIVではあ
りません。

皿洗い、ホールスタッフ、調理といろんなとこで経験を積んでいるので、今はほと
んど食材の仕入れや指導することがほとんですが、もちろん調理もすることも多く
やはり自分が出した料理は特別神経を使うようです。

 

手を頻繁に見るくせがあり、彼には手を見るという神経回路が構築されています。
また、これとセットで時計を見るくせもあるようです。

 

手を見た時にアナログ時計の場合4時ジャスト、9時ジャスト、4分、9分のとき
4、9が含まれるときの時間、秒針が4、9を回ってるときは5回手を見ないと落
ち着かないと言います。

 

デジタル時計の時も同じく4、9が表示されているとやはり5回手を見て出血がない
か確認するようです。

 

5回見るという不安を緩和する行為を行うことで安心を買っているようです。

 

 

・自分が人に何かしてしまったのではないか?彼が他の飲食店に客として行ったときの観念

私はこの飲食店勤務の彼と他の飲食店に客として行ったときにも、危害を与えてしまうの
ではないかという観念に悩まされていました。

 

ブッフェに行ったときのことです。ブッフェはご存じのように予め提供されている料理
を好きなものを好きなだけ皿に盛るというバイキング形式のスタイルですが。

 

ここでは彼は何に気を使ったかというと、パスタを掴むトング?、菜箸、お玉…etc
自分が触る、もちろん他の客も触るものですが、これらににも異常なまでに神経を使
っていました。

 

触る前には必ず自分の手を見て出血が無いかの確認、併せて先述した時計の秒針の確認
と毎回繰り返されていました。また自分の勤務する飲食店と勝手、客という立場になっ
たせいか普段の環境が変わることによりストレスがたまったのでしょう!

 

どういうワケか普段出ない観念も派生して出てきたようなのです。

 

自分の触ったトングなどにもし血液がついていたらここにいる人たち全員が自分の家に
押し寄せてくるという恐怖感を感じたようです。

 

その不安を払拭するために不安を緩和する行為として自分が触った物はすべてまっすぐ
に置いたと後で聞きました。

 

この件はこれで済み、自分の働く飲食店では他の観念も派生することはないようですが、
やはり本人は疲れるいるように見ていて感じました。

 

・飲食店での加害者なのではという観念でHIVノイローゼに悩まされたらどうすればいいのか?

加害者のような気分の観念の場合も被害的な観念で挙げたように健康に保つことが大事だと
思うのですが、実際に飲食店での加害者のような気分のHIVノイローゼは私自身はないの
でわからないのです。

 

考え着くことはやはり他者にHIVや肝炎のウィルスを感染させることに極度の不安や
罪悪感を感じるようですので、手を切らないようにすることが一番と思います。

 

深爪をして手を切ったり、水仕事が多いとささくれ、冬場などは乾燥で切れやすくなる
のでハンドクリームを塗って日々ケアをする。

 

また、被害的な観念とは違いこのケースにおける加害的な観念は意識的に感覚に注意を
向けることができる点で五感をフルに使うということが望ましいと考えられます。

 

例えばですが、先述したように出血がないか手を観察することなのですが、ここで思考
を入れないことです。難しいのですがここで思考してしまうと不安を払拭することに躍
起になってしまい何度も確認してしまうということを繰り返してしまうからです。

 

なので、視覚で観察する。同時に五感を使って手をこすってみるのもいいと思います。
なぜなら少しでも指に血痕がついていると指紋の溝に入り込み多少なりともざらッと
した感触があるからです。

 

そして、出血した直後であれば少し粘度があったりしますね。どちらにしても肌にで感
じることができると思います。

 

五感で感じようと意識することも大事だと思うので一瞬でも五感に意識を持っていく
ようにイメージしてみてください。

 

惰性で確認を繰り返さないためにも、今なぜ、指を見るのか、なぜ指をこすり合わせる
のか意味づけをしてみるといいかも知れません。

 

「意味づけと+五感」です。