不安と神経質のあるある!?飲食店での出来事とHIVノイローゼ被害者的観念の視点

・HIVに感染してるのでは?という考えに囚われてしまうことはないですか?

 

あなたが飲食店に行って困ることってどんなことがあるでしょうか?
被害者的な観念か加害者的な観念か?、両方持ち合わせているか?

 

どちらにしても苦しいのですが、ここでは私の体験談を元に問題の解決、
ヒントになるようなことを書いていきますので、参考にできるところが
あればどうぞ活用してください。

 

 

飲食店に行けばというか、自宅(自分の部屋の聖域)から一歩でも出ればそれは
トリガーなることは間違いないでしょう!?

 

 

自分の聖域ですら様々な観念に悩まされるのですから…

外出で囚われてしまうのは致し方ないことであなた自身を責めるようなことは
しないであげてくださいね。ストレスがかかるとメンタル的に余計ひどくなる
傾向にあるので、まぁこんなものかぐらいに思っていてください。

 

・気にし過ぎてもきりがない!大丈夫と信じよう!

大丈夫と信じるとは根拠もなく気休めにもならないと思いますが、次から次へと襲っ
てくるイヤなイメージ、不安などの観念で押し潰されそうになり立ち往生することは
ある程度仕方がないと思います。

 

ここで、HIVノイローゼに関しても何か自分自身の中にある理論や感じ方、マイルール
によって不安にを打ち消すために、不安の都度抗体検査を受けるのは現実的ではない
でしょう。

 

HIV抗体検査は全国の保健所で無料、匿名で受けることができますがあまりにも無料と
言っても不安の都度検査していたら精神が持たないでしょう!

 

そして、地方都市の場合などは保健所の職員などに顔を覚えられることも容易に想像
ができます。

 

私自身も不安になり2回受けましたが、不安は消えることもなかったのです。
むしろ受ければ受けるほど不安になると思います。

 

なので、先述したようになんとなくでも「大丈夫だろう?!」と思うようにする意識
を持つことも精神衛生上寄与してくれると思っています。

 

 

・飲食店ではHIVノイローゼのトリガーを誘発しやすい!

飲食店での観念はキャベツの千切り(確かとんかつ定食などの付け合わせ)だった
と思います。

 

これHIVウィルスまみれじゃないか?という観念に襲われてしまいました。

 

だいたいほとんどの飲食店ではキャベツは素手で千切りにしているというイメージ
があり、千切りをしているうちに軽く指を切って出血に気づかないまま付け合わせ
として出されたものではないかと思考が止まらなくなりました。

 

 

仮にキャベツをきざんだ人がHIVウィルス保持者であっても感染力が弱いHIV
はその程度で感染しないことは私もわかっていたのですがいろんな考えが交錯して
正常な判断ができずにいました。

 

 

また、この件とは別に他の飲食店で他の客がトマトジュースを注文していて店員が
それを運んで来たのを見てHIVジュースではなかろかと思ってしまいました。血
液に見えてしまったのです。

・他人の咳、くしゃみはHIVウィルスをまき散らしている!?

 

どこに行っても咳、くしゃみをする人はいて気分が悪いのですが飲食店では特に
腹が立ちます。

 

見ていると口を押えることもしない人もけっこういて、イヤな気分を引きづった
まま食事をすることも多々ありますね。

 

HIVウィルス、肝炎ウィルスは唾液では感染しないと言われていますが、唾液に
もHIV、肝炎ウィルスは存在しています。

 

なので、回し飲み、箸は別でも同じ皿を共有していると皿を介してウィルス保有者
の唾液が自分の口に入ることはあります。

 

 

この程度ではほとんど感染はしないという人もいますが、口内炎などで炎症があっ
た場合感染の確率はあがります。またそもそも口腔内は粘膜なのでバリア機能がな
く危ないではないかと思ってしまいます。

 

 

恐らく粘膜ではあるけどその粘膜に触れても感染することはないぐらい微量なウィ
ルス量だから一般的には大丈夫と言われているのかも知れませんが、常に口内炎に
かかりやすかったり、歯周病を患ってる場合の感染率までは正確な統計がないよう
に思うから不安になるのです。

 

 

私は口内炎もそれほど頻繁にできることもないのですが不安になってしまいます。

 

逆に咳、くしゃみをする側の人が口内炎や歯周病だとすると口腔内が出血してる
ことが多いのでこれらがないウィルス保有者がせき、くしゃみをするよりウィル
ス量の多い唾液や痰をまき散らすことになると解釈できます。

 

なので咳、くしゃみを飲食店内でされると条件がそろえば、他の客もしくわスタッ
フから肝炎やHIVに感染させられることもありえると考えてしまうのです。

 

 

たまに感染するような機会がない、身に覚えがないのに、あり日風邪のような重い
症状が長引き近所のクリニックから大学病院などをはじめとするHIV拠点病院を
紹介されてエイズと判明することがあります。

 

こういうケースとは前述した条件が重なって起こるのではと私なりに勝手に解釈
してしまいます。

 

 

・前項のHIVの感性の可能性の機会の事例を踏まえてどのような対策をとればいいのか?

 

HIVノイローゼという観念に囚われてしまうことはしょうがないのですが、
ひとつ対策としては挙げるのならば免疫力をいい状態に保つということだと
思います。

 

もっとも不潔な状態に過剰に嫌悪感を感じる人は普通の人に比べると消毒行為
などをしていることが多いためそういう意味では免疫力、抵抗力は弱いといえ
るでしょう。

 

しかし、その代替としてサプリなどで栄養素を補ったり、あらかじめ予防
として殺菌作用のある成分のサプリを摂取するなどが現実的な方法と考え
られます。

 

例えばオリーブ葉のサプリなどは殺菌作用があり、風邪予防などにいいとさ
れています。冬の乾燥してインフルエンザなどが流行り出す時期に服用する
人もいるそうです。

 

かくいう私も冬場はオリーブ葉のサプリの摂取をしています。

 

私のいい加減で勝手な解釈で申し訳ないのですが、、殺菌作用があるという
ことはうつりやすい風邪よりは感染しにくいHIVや肝炎ウィルスにはオリ
ーブ葉で免疫力をつけておくことで多少なりとも予防になるのではと勝手に
思っています。

 

また、ビタミンCも慢性的に不足している現代人にとっては摂取することは
意義のあることだと思います。

 

ちなみにHIVは平均10年の潜伏期間を経てエイズとして日和見感染など
はじめ様々な症状が出ますが、HIVウィルス保持者でも5%ぐらいの人は
エイズに移行しない人もいるようです。

 

HIVウィルスの保持者というだけで健康に生活しているのです。

 

これはやはり免疫力の違いなんだと思います。HIV保持者だけどエイズにな
らない人がどのような生活をしてどのような食生活をしているかわかりません
が、健康という素地がしっかりしてるのでしょう!?

 

なので、普段からケアして健康的な状態にしておくのが素地を作ることにつな
がるのではと考えています。

 

また、睡眠時間をしっかりと確保することも大事です。睡眠時間は人それぞれ
ベストな時間が異なるので、何時間寝ればいいとは言えませんが一度睡眠アプ
リを使いご自身の睡眠傾向を知ることはヒントを得る上で大切だと思います。

 

ここでは食生活だの睡眠だのありきたりな対策になりますが、何かひとつでも
取り組みやすいことからでもあなたの生活に取り入れていただければ幸いです。

 

・被害者的な不安と観念、私のエピソードHIVノイローゼ(今でも変わらない)

 

飲食店での被害者的な観念の前になぜ私が今まで対象外だった飲食店で、ある
種の観念に襲われるようになったのか触れたいと思います。

 

私は2010年今から10年前に泌尿器科に入院しました。結石治療だったのですが、
入院が長引き、入院中はとにかく暇なものでして泌尿器科という科の特性上待合
ロビーなどには性感染症の警鐘のリーフレットなどがありました。

 

 

パラパラと見ていると私の住む市で行われてる無料のHIV検査の案内やB型
肝炎、クラミジアや淋病など様々なポスターやリーフレットがありました。

 

「あぁ、なるほどね」みたいな感じで見ていた思うのですが、それからいつだ
ったか覚えていませんが、病院のシャワー室に血痕がありそれを踏んでしまっ
た可能性がありイヤな気分に囚われたのがきっかけだと思います。

 

また、同じ病室にいた人でB型肝炎の人がいました。肝炎の方読まれていたら
とてもイヤ気分にさせてしまうかもしれませんが、あの血痕はB型肝炎の人の
ものなんじゃなかろうかと不安がよぎりました。

 

それからというもの、もともとの神経質に拍車をかけるように不潔に対する嫌
悪感はひどくなりはじめました。

 

退院後はウィンドウピリオドをしっかり開けてHIV検査、肝炎検査(B、C)
を受けて陰性なのですが、この結果は間違いってるんじゃないかという不安に
なり再度検査を受けました。

 

結果は陰性なんですが、身体は重くそれ依頼いつもHIVノイローゼに襲われる
ようになってしまったのです。

 

ここでは簡単に触れましたが、このHIVノイローゼについてはまた細かく別の
記事で書こうと思います。