勝手に思い浮かぶ不安や心配、雑念で潰されそうになっても抗わず泳がせておくことに意識するための心得とイメージの持ち方

・不安や心配、未来への不安も含めて嫌な考えが浮かんで頭から離れずにいるとどうにかしてそれらを打ち消したくなるものですが…
   打ち消そうと躍起になって泥沼にはまってないですか?

 

これを思考で抑え込もうとしてもうまくいきませんね。あなたも経験あると思
いますが、思考でコントロールすると更に不安な考えが冗長されてしまいます。

 

 

ここではこの頭にに浮かぶ嫌な考えをコントロールしない方法をご紹介します。
先に付け加えておきますが、不安と共存するのはとてつもない恐怖心が襲って
きます。

 

 

なので比較的調子のいいときに、時間を決めて行うのがいいと思います。

 

私もイヤ思考が出ても打ち消そうとせず繰り返し行為も止めて、共存すという
スタンスを意図的に取り入れることがありますが、やはり体調や状態によって
は未だに怖いのです。

 

 

なので、1分ぐらいからでもいいので無理せず生活に取り入れるといいと思い
ます。

 

・いやなイメージや雑念は誰にでもある!抗わずに放っておこう!

頭に思い浮かぶイヤなイメージや雑念は実は誰にでもあるようです。しかし、
神経質気質がない人にとっては特に気にならないのでしょう!?

 

神経質じゃない人は、恐らく多くのことに気にも留めずに過ごせるので神経質
気質の人が不安、心配で潰されるそうなことでも平気でやり過ごせるのでしょう。

 

誤解のないように言っておきますが、神経質じゃない人を中傷しているわけでは
ありません。

 

 

話を戻しまして、私たち神経質気質の人たちは普通の人より繊細で感受性が高く
敏感なのでちょっとした不安でもそれを打ち消そうとしてほんの少しの時間でも
安心を得たいがために確認や繰り返しの行為をしてしまう傾向があると思います。

 

 

これらの行為をやってる本人からすると辛く、どこかでバカバカしいと思ってい
ても止められないのもまた辛いとこですね。

 

 

ここから本題ですが、どうやって抗わないようにするかなんですね。

私のひつのやり方として

頭の中で嫌な思考やイヤささやきがひとり歩きし出したら

・受動的→能動的
・淀み荒みのない無色透明なCD
・ラクに
・軽く
・コンパクト

 

これは完璧に私が不安などのイヤ感情に出くわした時にイメージする合言葉の
ひとつなのであなたの参考になるかわかりませんが、少し解説を入れてみたい
と思います。

 

受動的→能動的(徹底して五感で感じ取れ!)という意味で、
視覚、聴覚、呼吸などに意識を向けるということです。

 

ここで思考が優勢にならないようにという意味を込めています。

 

「淀み荒みのない無色透明のCD」
とは主に確認などの行為があるときに使うのですが、綺麗なCDディスクを
強くイメージすることで思考してるのを視覚にシフトすることで、思考を弱
める意味で使っています。

 

上記2つの五感という要素にフォーカスしたら方の力は抜けて、ラクになり
軽やかになり結果動きにムダがなくコンパクトな動作で動いているというよ
うなイメージです。

 

昔何かの本で読んだことがありますが、テニス選手(名前を憶えていません)
いつもフニャフニャとした動き(このへんの表現も曖昧ですいません)テニス
選手ですがムダな力が全く入らないようです。

 

ムダな力が入らないのでピンチのときでも力まずリラックスしてプレイする
ことでいい結果が残せるようです。

 

あくまでも私のやり方なので、あなたに合うかどうかはやってみないとわか
らないとこもありますが、使えそうなところがあれば使っていただければと
思います。

 

 

・なぜ雑念は放っておいた方がいいのか?

あなたもご承知の通り雑念に抗って、打ち消そうとして不安を打ち消すよう
な行為をして一時的な安心を得たとしても、ふとしたときに先ほどの観念か
ら派生してまた他の雑念が思い浮かびまた不安を打ち消す行為で安心を得る
という経験あると思います。

 

率直に言って疲れませんか?

 

自分の意に反して思い浮かぶイヤな考え、それはもちろん気持ちの悪いこ
となのですがそれに抵抗して雑念を取ろうとしてもそれはエンドレスなの
で。徒労に終わるのです。

 

「取ろうとすると徒労に終わる」のです!

 

なので、理論上は放っておくのが一番なのです。

 

もちろん雑念や不安の渦中にいる際はそんなことも言ってられないのですが
頭の片隅に置いておいていただければと思います。

 

 

・不安や雑念を放っておかないと神経が余計病む!

私たち神経質気質の人は不安や雑念に飲み込まれると没頭しやすいという
気質もあるせいかグタグタになるまでのめり込み日常生活に支障がでるこ
とも日常茶飯事だと思います。

 

 

今日この時間に勉強しようと思っていたけど、イヤな感情から打ち消し行
為に追われて疲れて勉強する気にもならずに寝てしまったなどよくある話
だと思います。

 

 

夜疲れて神経がピリピリした状態でベッドに入っても、寝れてるようで実は寝
れてないなんてこともざらにあると思います。

 

 

自然に湧き上がる不安な感情や思い、イメージなどはある程度仕方ないのですが、
打ち消し行為をするこは本当はしたくもないことですからストレスになります。

 

人間ストレス化にあると自律神経という自らコントロールできない領域で交換
神経というのが優位に働きます。

 

この交感神経というのは闘争ホルモンなど言われるアドレナリンのようなイメ
ージを持っていただければいいのですが、交感神経は通常朝優位に働き夜は働
きが弱くなります。

 

しかし、夜間帯に繰り返しや打ち消し行為で躍起になっていると寝る間際にな
って交感神経が強く働くのでピリピリして睡眠の質が悪いということが起こり
えるのです。

 

 

なので、できれば寝る間際にはリラックスした状態で少しでも質の高い睡眠を
とっていただきたいのです。

 

睡眠の質が悪いとホルモンバランスも乱れてしまいます。特に女性の場合は
PMSなどの症状も派生することもあるので注意が必要です。

 

 

・不安やイヤなイーメジに囚われないためにも運動もした方がいい

私の経験では不安が強ければ強いほど基本的にはハードな運動が好ましいと
思っています。

 

うつっぽいのが良くなってきたときに朝のウォーキングなどはいいことだと
思います。不安なイメージなどが先行するとうつのような状態にもなる場合
もありウォーキングにした方がいいケースもあると思います。

 

健康のためにもウォーキングは賛成です。

 

しかし、うつのような状態が伴わないが不安や雑念が強い場合は考える余裕
を与えるようなウォーキングでは物足りないと思っています。

 

 

とにかく思考がきわめて優勢なので軽い動作では色んな考えが交錯してしまう
傾向が強いからです。天気のいい日にウォーキングは気持ちいいと思いますが。

 

しかし、あまりにも不安や心配が強い場合には道に落ちている、どうでもいい
ゴミに気を取られてしまいかねません。

 

 

私も比較的気分が落ち着いているとき外を歩いていて、道端に落ちている
タバコの吸い殻を見て自分の口入ったのではというイヤ思いにかられます。

 

口に入れば感触で解るはずなのですが、どうも入ったと囚われてしまうのです。
しかも私は常時マスクをしていて入りようがないのですが…

 

 

常識的に考えてもこの地球上で晴天時の無風のときに道に落ちているタバコの
吸い殻が重力逆らって浮遊するはずがないのですが困ったものです…

 

 

その他にもあのタイルを踏まなければ何かイヤなことが起こるのではないかと
いう思考が優先するはよく聞くと思いますが、とにかく精神的に余裕がなく、
ひどいときにはゆるやかな有酸素運動ではあまりいいように思えません。

 

 

では何がいいのか?

 

私はキックボクシングをやっているのですが、ハードな全身運動ですので
少なくてもマスなどをしてる間は不安や心配に囚われずに済みます。

 

不安に囚われてると相手にやられてしまうので、生存本能を働かせるため
にもマスをやってるときは逃れられます。

 

 

私は潔癖の症状もあります。しかしこの問題もクリアできます。
ジムに行く靴から服装と普段着る服装を完全に分けるのです。

 

ジムではシャワーは浴びません。家に帰ってから浴びます。

 

潔癖とは別の話になりますが、水虫に罹患する人が増えているようです。
スポーツジムやヨガスタジオなどで罹患するケース多いようです。
女性も増えているようです。

 

 

ハードな運動ができる体力があればあなたも試してみるのもいいかも
知れません。

 

 

キックボクシング以外にもボルダリングなどもいいと思います。
あなたの合う全身運動を探してみるのがいいでしょう。