不安や心配は思考で止めようとコントロールし始めたら負のスパイラルにハマってしまう。柳の木ように生きてみよう!

・あなたは不安や心配に抗って思考で丸め込もうとして慢性的に疲労を感じていませんか?

 

勝手に思い浮かぶ不快な考え、意図せずアタマの中にイメージされてしまうイヤな
映像、服を着る、ボタンをとめるなどのことにも時間をかかってしまい朝から疲れ
はててしまっていたら時間も体力的にもかなりキツイはずです。

 

 

私は神経質気質で長いこと物心つくころからこだわりが強く生きづらさを感じてい
ました。ひどいときは時間の浪費、疲れてやろうと思っていたことができなかった
ということも今でも多々あります。

 

あなたも逃げ場のないイヤな感情に囚われていたら乗り切り方を参考にしていただければ
幸いです。

 

 

・そもそもなぜイヤ感情や思考は馬車馬のように暴走するのか?

色んな説がありますが、ここでは話を解りやすくするため昔、例えば弥生時代
などと現代人を比較してみることにします。

 

 

弥生時代では遺跡から武器などが多数見つかっていますが、これは食べ物の争い
だったり、自分の集落(陣地)を守るために必要だったものだと想像でき、この時
代の人間社会においてはその日暮らしなので命がけだったはずです。

 

この時代旧石器時代14000年ぐらい前から紀元前4世紀ぐらいまだとやはり生きる
か死ぬかの世界なので防衛反応が強くあったことでしょう。

 

一方で私たち現代人は飽食の時代に生きていてコンビニに行けば24時間いつで
も食料を手に入れることができます。

 

お金がなくてもセフティーネットとして生活保護の申請も出すことは可能です。

 

ホームレスなどでもボランティアの炊き出しがあったり、寄付などで食事を提供
してもらえたりすることがあります。期限切れのコンビニ弁当の無料配布もある
ようです。

 

このように、私たち現代人はほとんどの場合食事を確保するのに必死になる必要は
ほぼないと言えます。

 

しかし、DNAなどは1万年程度では大きく変化しないのものなのか旧石器時代
からも人が持つ防衛反応が現代人にも残っていると考えるのが妥当という説です。

 

 

敵との物理的な争い、食料の争いがない状態で防御システムだけが残っているので
未来に起こるかも知れないし、起こらないかもしれないことに過敏に反応するのが
不安や心配などが行き過ぎた感情とも言えると思います。

 

残酷な言い方をすれば現代人は平和だから未来を考える余裕があるからいろんなこ
と考えてしまい、古代の人はそんな余裕がなかったのかも知れません?

しかしだからといって社会的に忙しく活躍している人も悶々として苦しんでいる
人はいます。

 

ではこのイヤな思いに悩まされる人と悩まされないの違いは何なのかということに
なると思いますが………

そこを掘り下げていくと不安や心配を余計に誘発してドツボにはまってしまいます
のでここでは取り上げないでおきます。

 

 

・意図しない不安なイヤ感情は気持ちが悪い!ささやくな!黙れ!

意図せずいつ襲われるかわかないイヤなささやきは非常に気持ちが悪く、時間と体力、
メンタル的にもボロボロにしてしまいます。

 

行動をも制御されてしまうので、学校に行けなくなったり仕事もできなくなった
り酷くなると引きこもり廃人のようになり人生をメチャクチャにしかねません。

 

私自身も悩んでるので飲み込まれて潰されそうになることも多々あります。

 

頭の中でのささやきはホントに厄介で、物に当たり散らしたくなることもある
でしょう。

 

過去の私は物をよく壊していました。ストレスが多く不安や心配が多いと
物に当たるという神経回路が完全に出来上がっていたんだと思います。

 

ささやくな!黙れ!といっても勝手に暴走してしまうのでどうすることもできない
のです。

 

アタマの中はイヤな観念で常に回転しいるのです。一般的な人は思考を1日
3~4万回ぐらいするなどと言われていますが、5~6万回という説もあり
ます。神経質気質の人は2倍、もしくわ3倍ぐらいあるのではないかと私は
感じています。

 

これではグタグタになるのも無理はないのです。どうかあなた自身自分を責めない
で欲しいです。

 

 

・不安を誘発させるのささやきにはおまじないが必要だと思う

私は不安のささやきには複数のイメージ画像、言葉を使い分けています。
それはそのときの不安感情、シーンや場所によっても使い分けています。

 

例えば汚いものでも軽いささやきの場合

 

お手洗いしたら外出先でも、自宅でもほとんどの人は手を洗うと思いますが、
手を洗ったときには私は

 

・汚いと思う他のところに触れないようにする(ひじで蛇口をプッシュ)
・ペーパータオルをつかう
・よし大丈夫

というようにしています。

 

 

また、不安のささやきにまけてそこから抜け出せなくなった場合には
100円ショップで陶器、コップなどをあらかじめ買っておいて、いざと
いうときはバキバキに割って壊すというのもスッキリします。

 

これ人にもよると思いますが、ストレス発散になります。

 

私の場合は逆に気持ちくよくなってきて止められないというか止めたく
ない、つまり壊し続けたいという欲求が強くなりました。

 

こういうのも不安や心配なす気質なのかもしれませんが、続けたいという欲求が
強くなりやすい場合はこの方法は慎重にやっていただきたいと思います。

 

 

私は賃貸物件に住んでいますが、壁に穴を開ける、扉を壊すということもか
なりやってきています。

 

 

結局壊すことへの神経回路が優位になってしまっていたので止めることが難
しかったのです。

 

なので、あなたが賃貸物件に住まわれていて、私のようにある部分で攻撃的な
面もあり尚且つ物を壊すという方法でストレスを発散させようとする場合は気
を付けたほうがいいかも知れません。

 

 

壁に穴を開ける、扉を壊してしまうと故意にやってるわけで無駄に修理費がかか
ってしまいます。(故意にやらないくても退室時請求される)

 

この方法でストレス発散しようとお思いでしたら壊すための食器類をのかなり
余分に買い込んでおいた方が無難かもしれません。

 

 

・あなたの不安や心配は何がトリガーになるのか?対処も人それぞれ

あなたにとって一番怖い不安感情とはどんなものでしょうか?

 

何によってトリガーを引き起こすのか?それを冷静に見抜くことも
必要になってきます。

 

あなたもご承知の通りひとくくりに不安と似たような感情と言ってもあなた
にとって恐怖を感じる対象物が私にとっては全く気にならないこともあるか
らです。そしてまた逆も然りです。

 

なのであなたにとって怖いと感じる観念にはどのように対処していくのが
ベストかノートなどにまとめてすぐに見れるようにしておくのもいいかと
思います。

 

あなたの不安心配ノート(取扱説明書)を一冊用意して完全オリジナルのもの
を作ってみてはどうでしょうか?

 

私も自分のノートがあります。

 

そして、見てイメージを変える工夫をすることも大事です。

 

難しい作業ですが、1回5分や10分くらでも、いや1分でもいいので徐々に
ステップアップしてみて欲しいのです。

 

 

心が折れることもあります、一進一退でもいいのです。その日の体調によって
は一進二退でも一進三退ということもあるかも知れません。

 

でも自分を自分で責めたりすることはしないで欲しいのです。

 

今日は特に体調が悪いから仕方がないぐらいに捉えて欲しいのです。

 

考えてもみてください。風邪をひいて40℃の熱でうなされている状態で
歩くのと体調が普通のときに歩くのとでは雲泥の差があると思いませんか?

 

前者はフラフラして歩行もままならないけど、後者は普通に歩行していられま
すよね?

 

不安や心配の感情にも波があり、全く同じ観念であっても疲れ方や体調、天気、
季節によっても左右されると思うのです。

 

 

実際私も寒い、天気の悪い日は同じような不安でも恐怖感や囚われ方は天気のいい日
に比べると悪いと感じています。

 

 

不安や心配が強いときは自分をケアする時間に充てたり、少しでもラクで心地よく
過ごせるように環境の整備をすることも大事だと思います。

 

 

ゆっくりでもいいのでデスク周りをホコリ取りワイパーなどでキレイにする、
普段頻繁に使うものケア何でもいいとおもいます。