ミクロ的には左右対称なんてありえない!左右の整合を測ろうとすると躍起にならない方がいい!

・左右の物のわずかな長さ、左右の微妙な形の差異で振り回されていたら少しラクになるヒントになるかも知れません。

あなたは多くの人が気づかない左右の対称性を求めて膨大な時間とエネルギーを
消耗することはないでしょうか?

 

それはわずかな靴紐ズレだったり、長さだったり、結んだ時の輪の大きさ、紐
の垂れてるときの角度…etc

 

靴紐ひとつとっても人それぞれ、何に執着するか、どのような不安や心配によって
長さにこだわるのかも気分や状況によって変わってくるこもと多々あると思います。

 

この記事では多くの人が気に留めない些細と思われることで、日々疲弊されている
場合にはこの記事をお読みいただくことでだいぶ生きやすくなると思っています。

 

事項からは多くの人が気にしないであろう左右対称への強いこだわりへの付き合い
方などをまとめていきます。

 

・ミクロ的には左右対称はない!もう少しマクロ的に見る癖をつけるのが現実的!

人の顔の目、鼻、耳、眉、頬などすべて全く左右対称の人はこの世に存在しません。

 

どんなSS級のモデルであってもわずかな骨格があったり、片側の口元にほくろが
あったり、目の大きさや角度、左右の輪郭などすべて左右対称ということはない
のです。

 

これを追求すると恐らく素粒子、量子物理学や最終的には宇宙レベルまで話を展開
しなければいけないのでこの記事では割愛しますが、先ずは左右対称ではないとい
ことを頭の片隅に置いていただければと思います。

 

その上で、

 

「木を見て森を見ず」的な見方ではなく、ぱっと大きくマクロ的に俯瞰して大きな
ずれがなければ問題ないという考える癖をつけた方がラクに生きれるはずです。

 

このマクロ的という表現も曖昧や気持ち悪さを覚えてしまい誤解を産む可能性もあ
るので具体例を少し取り上げます。

 

前項で靴紐例がでてきましたが、

 

靴紐の長さの場合結んだ後の先端の部分の長さでも、結ぶ際に左右のバランスを
見ながら均等に結んでもズレることがありますね。

 

これは靴その物素材や素材の個体差、製造段階での微妙な差異などの要因もある
と思います。

 

ましては革の物で職人がひとつひとつ手作業で作るような靴であるとなお更個体差
が出てきてしまうでしょう。

 

機械で作っても微妙なバラつきのようなものは出るのですから。

 

なので、ご自身のの感覚値で何ミリのズレだったら合格という風にした方が、
時間も精神的にもラクなはずです。

 

「左右対称完璧な物はない」
     
「〇〇mmのズレだから合格」

このように思考する癖をつけるのがもっとも現実的で生きやすくなると思います。

 

もちろん、気持ちが悪いと感じるですが、私も靴紐の結び方で長さが合わない度に
何度もやり直し時間と労力を使っていたことがありましたが、このようにするいこ
で大分ラクになりました。

  

・拘りすぎるときりがない!時間と労力を浪費してしまう!

左右の対称性、物の定位置などの不安や心配からくる思考もやはり多大時間と
脳のリソースを浪費してしまいます。

 

時間や回数を決めてもそのときの感覚に納得がいかなかったり、拘りの対象が他の
ことに移り変わってしまうこともよくあるからです。

 

なので、精神の安定のために繰り返すのは理解できますが、左右の対称性のについて
は前述したように、世の中に左右対称の物はないということを前提にした上で〇〇mm
だったら、OKという風にするのがポイントだと思います。

 

普通に歩いていても靴紐の長さは変わってくることもあるでしょう。

 

歩き方でも人それぞれ癖がありかかる圧力でも左右のクセで変わってきてしまうから
です。

 

なので、心労を増やさないためにもあなたなりの合格ラインを決めておくことをおすす
めします。

 

・物の定位置と眉毛の左右の形について私が思うこと

今まで左右の対称性について書いてきましたが、かくいう私も神経質でこのようなこと
でもこだわりがあります。

 

所定の位置に物がないと気持ち悪いですし、物の向き、物によっては角度にも気にする
ときがあります。

 

やはり、冷静に見るとこれらも自分の内面からくるもので不安や心配という感情がある
ものです。

 

話は変わりますが、

 

最近行き始めた美容室で眉毛のブラジリアンワックス脱毛をしてもらったのですが、私
の眉毛の左右差右側が微妙に角度が上がっているのでここの角度は残して左を合わせた
方がバランスがいいということを担当の美容師さんが言っていました。

 

じゃあ、そのようにしてくださいとお任せしたのですが、左右差の骨格がもちろん違う
ということです。

 

また、ピリピリすると右目を上げるような癖があるのでこういうのも影響しているのは
自覚していました。右の額にシワができやすいのです。そして左の額の方が少し広いの
です。

 

左右の骨格の差異はもちろん、なぜピリピリしたときに右側を上げる癖があるのかまで
は不明ですが、癖なども左右に差が出てくるのかとと思いました。

 

余談ですが、眉毛の永久脱毛は考え方にもよるようですがトレンドに左右されたり、
加齢によっても垂れ方も変わってくるようで、気になる方は眉毛の永久脱毛はしな
い方がいいようです。