鍵の施錠が100%されてるのか確信が持てない!心配と恐怖でおののくは神経質な性格が問題だった?

・玄関の外で今日もガチャガチャガチャガチャ止まらない!鍵の過剰な施錠確認でお困りでしたら一つでも参考になれば幸いです。

鍵の施錠をきちんと滞りなくしたのか確信がもてないということはありません
でしょうか?

 

几帳面、真面目、責任感が強いというタイプの神経質なタイプの人にはこういう
傾向の人もいます。

 

鍵を閉めたか確認するのは誰でもあり特に奇異な行動とは言えません。
いざ外出したけど心配になり一度戻って施錠確認するのも奇異ではな
いです。

しかし、一度戻って施錠確認しているにも関わらず、再度戻って確認していたら
少し日常生活に支障が出始めているかも知れません。もちろん2度でも3度でも
本人がそれを支障と感じなければ特に気にすることもないでしょう。

 

ただ、家族と住んでいるなどの場合で家族を巻き込んでしまう場合は家族が参って
しまうかも知れません。

 

鍵を閉めたはずなのに、閉めてない!?ときちんとした確信が持てないなので何度
も繰り返してしまう、そのような確認行動をすればするほど何をやってるかアタマ
ボーっとしてきてしまう…

 

あなたがこんなことでお悩みで日常生活に支障をきたしていたり、それが原因で
家族と不仲になっているならこれから先もお読みいただいた方がいいかも知れま
せん。

・100%完璧にこなす!これに囚われるから不安に苛まれ同じ行動を繰り返す

この世の中に完璧な物事は存在しません。しかし几帳面で真面目で責任感が強いと
100%にこだわってしまう傾向があります。

 

そんなことは言われなくても頭ではわかっていると思いますが、でも繰り返して
しまうのが辛いとこでしょう!

 

では完璧を目指さないけどどうやって完璧に近づければいいか、どうやって安心を
得られればいいのか?

 

少しでもあなたのヒントになり使っていただければと具体例を3つ挙げていきます。

①スマホで鍵の施錠確認を撮影したり、施錠し忘れグッズを活用する

 

②五感をフルに使う

③100%はないということを肚の底で理解する

 

一番取り組みやすいのはスマホで動画撮影や施錠し忘れのグッズを使い安心を
得るという方法です。

 

職場についてからも不安があればその動画を何度観ることができます。
もちろんこの方法も万能ではなく、この動画はウソじゃないかという
考えに支配されると何回観ても納得いかなくなります。

観れば観るほど頭はぼんやりしてきて心配や不安に支配されることになるでしょう。

 

②の五感をフルに使うというのは鍵をシリンダーに差し込む感覚、鍵を回す、
シリンダーから抜き出すというのを観て聴いて、手の感覚をリアルなまでに
感じることを意識するという方法です。

 

感覚を感じるのは思考がフルに働いてるときにはなかなか難しいので普段から
(鍵の施錠以外)のことにも意識を向けることが大切です。

例えば歩く際には足の裏の靴のインソールが地面に着くときと離れることをリアル
感じながら(イメージしながら)歩くなどを平常時から意識することです。

 

この平常時というのがポイントです。いざ緊張してるときに意識しようと思っても
他の思考が優先されてできないからです。

 

しかし平常時から意識していればそれはやがて習慣化されます。習慣化されてくると
多少気持ちの乱れがあっても修正しやすくなるということです。

③の100%は存在しないということを肚の底で理解するというのは一番難しい
ですが最終的にこれを理解できるようになるとすごくラクなるはずです。

 

これも②の習慣化の積み重ねですぐにできるようになるものではありません。
何度も100%はないということを意識することです。

 

これと②の感覚をリンクさせることができれば相乗効果でうまくいくかも知れません。

 

・鍵の施錠確認という行動を繰り返さないのを継続するためには心構えも必要

何度も施錠確認をしていたら誰だって疲れてしまいます。なので先に述べたことを
頭の片隅にでも置いていただいてあなた自身どのように生活していきたいかを思い
描くことも大事です。

 

結局施錠確認に時間を費やして疲れて、あなた自身が本当にやりたいことができな
いやりたいことを犠牲してしまっているなら、あなた自身が望んでる姿を先に味合
うなどのイメージをすることです。

 

そうすることで不安や心配があっても先に挙げた五感を使うという方法などでも
かすかにでもなんとなく閉めたという感覚があると感じれれば、じゃあ少しづつ
でもちょっとでもしたいことをやってみるかという風に他のことにフォーカスし
やすくなると思います。

 

・外出中に泥棒に入られてのか?心配な場合は仕掛けを作っておくのもいいかもしれない?!

鍵の施錠確認を徹底するというのはその根底には泥棒に入られたらというの心配
があるからでしょう?!

それならばダミーの防犯カメラや本物なら尚いいですが。

防犯カメラを取り付けるだけで空き巣に入る側からすると防犯意識が高いとそれだけ
で泥棒も狙いにくいと諦めが入ります。

 

それがダミーだとしても心理的にかなりハードルが高いのでやはり空き巣の抑止効果
は高いはずです。

 

そして部屋内には外出先から確認できるWebカメラを設置するなどするとさらにこちら
側の安心はつながります。

また、警備会社に契約するというのも安心につながります。

 

このようにいくつも仕掛けを作っておくことで相乗効果を得ることができるのであなた
にある方法を実践されるのがいいでしょう。

 

・私が鍵の施錠において心配や不安に支配されるワケとは?

私も鍵の施錠にはいつも心配と不安をかかえているのですが、私の場合泥棒に入られた
らいうもあるのはあるのですが、自分が外出中にトイレを使われたらというのに考えに
支配されています。

 

潔癖気味の傾向もある私でトイレにはこだわりが強いのです。どうも誰かに使われた
のではないかという考えが頭から離れなくなります。

 

冷静に考えると泥棒がもし家に侵入してきてもトイレなんて使うはずはなく金品をとっ
てさっさと逃げるというのはわかるのですが、それでもその考えが拭い去れないのです。

 

ここで私なりにトイレにしかけをして納得することにしています。

それは外出前にトイレ掃除をして床などを拭いたトイレクリーナーを便器に入れて流さ
ないまま外出するというものです。

 

更に床に落ちていた髪の毛を便器のこの部分に置いておくというこを仕掛けにすること
もあります。

 

また、あるときはトイレットペーパーを少し破いた状態にしておいてこれを目印に誰にも
トイレを使われていないと思うようにしていこともあります。

 

鍵の施錠確認からトイレの話なってしまいましたがあなたなりに納得出来る方法をとる
方法がいいでしょう!