神経質で自分でも困るようになってきた!きちんと鍵を締めたか心配で外出が困難に!

・鍵の施錠確認で外出がしにくくなって困る!可能であれば完全に外出出来なくなる前に行動パターンを変えてみませんか?

鍵をちゃんと締めたのかの施錠確認に気を取られて朝から疲れてしまうという
ことはないでしょうか?

 

真面目で几帳面、良心的な性格を持ち合わせていたら特にこのようなことで悩
まされてしまうことがあるでしょう。

 

大雑把な人であれば気にも留めないのですが、何かと細やかな気配りができる
性格だと何故だかこのようなことに囚われてしまいがちです。

 

朝出勤で家を出るときに気になってもう一度家に戻ってしまいムダに時間を使
ってしまいあわやく遅刻しそうになった、一本電車を乗り過ごしてしまった…

 

なんてなってくると少し性格に支障が出始めているサインかも知れません。

 

日常生活に支障が出る前に行動パターンを変えたり、環境を整えたりあなたに
合う安心できる方法を模索できるヒントになるように不安を乗り切る方法を後
ほどご紹介していきます。

 

 

・なぜ?鍵をきちんと締めたのかこんなに悩まなければいけないのか?

 

鍵を閉めたのか悩まされる傾向のある人は前述したように、真面目で几帳面な
人がこのような傾向がありまた受験や仕事などで負荷がかかりストレスが多い
時には得にこうようなことに支配されてしまう傾向があります。

 

真面目、几帳面というだけで常にきちんとせねばならないという意識が強いの
でそこからくる不安を打ち消すためだと思われます。

 

試験でいい点を取る、志望校へ合格を果たす、営業ノルマに追われてるなどの
ストレス化に置かれていると鍵の施錠確認をしないとテストでいい点を取れな
い、志望校に合格できない、ノルマを達成できないなどの不安を打ち消すため
の防御反応として出てしまうと思われます。

 

 

このストレスを打ち消そうという行為は強ければ強いほど確認したりという行
動に出てしまいます。このような不安を打ち消そうとする行為は真面目や几帳
面という性格を持ち合わせていない普通の人でもストレスの感じ方によっては
出てしまうことがあります。

 

他にも家の鍵の施錠確認に限らず窓の扉の鍵だったりガスの元栓の確認をした
りいろんなことに派生してしまう人もいます。

 

更にはこの個人各々の気になるところが、個人の頭の中で勝手に思い浮かぶイヤ
な考えと行動がリンクしてしまうこともあります。

 

そうなる前にはやめに手を打ちましょう!

 

 

・先ず焦らずできることからやってみよう!部屋の環境を整えると少し気持ちに余裕ができるはず!

 

真面目で几帳面タイプな傾向が強いと部屋も比較的片付いている人もいますが、
もちろんそうじゃない人もいます。

 

ちなみに私は後者のタイプなので割と散らかっていました。ここでは割愛しま
すが潔癖症があるので部屋の掃除をする過程で手や服が汚れるのに嫌悪感を感
じるからです。

 

しかしそんな私でも、一時的に意を決して徹底的に掃除をして時期がありました。

 

時間はかかりましたが部屋がキレイになっていく過程で気分も少しづつ変わって
行くのが実感できました。

 

もちろんこれだけで気持ちに余裕を持たせて今悩んでる問題をすべて解決すると
いうのは難しいと思いますが、そこからまた何かきっかけを掴んでいい波に乗り
いい循環を起こしやすいとは思います。

 

・スマホで動画を撮影だけして不安や心配はそのままにしてその場を離れる

 

スマホで鍵の施錠確認をする動画を撮影してみましょう。もちろんこの方法を
とっても気になるときは気になるでしょう!お守りがわりにしかならないかも
知れませんが。

 

そして、不安や心配をかかえたまま出勤してみましょう!
そのときに確認するという行為を我慢しないことです!!

 

どういうことかと言うと、朝だし時間もないし遅刻してしまうかも知れないから
このまま出かけようと無理に我慢せずにこのような理由付けをして置き換えるこ
とです。

 

スマホのお守り動画もあるし、このままにして出勤してみようと念ずることを
してみていただきたいのです。

 

最初はものすごい不安に付きまとわれるかもしれませんが、初期の段階で生活に
支障が出る一歩手前なら乗り切りやすいかも知れません。

 

不安にかられて確認してしまうこともあるかも知れませんが、それでも自分を
責めるようなことはせずにそんな日だってあるじゃない!ぐらいに捉える姿勢
も大事です。

 

 

・習慣化するのは自分との闘いだけど慣れればラクになる!

 

私のマンションの各部屋の鍵は上下にあり、2種類の鍵で施錠しますが、施錠
確認の際に私は上を閉めて1度ガチャ、下を閉めてガチャと確認できるように
なりました。

 

鍵の施錠確認の悩みは玄関で30分や1時間ガチャガチャやり続けるぐらいの
病的な物ではありませんでしたが、昔は10回ぐらいやっていた頃もありまし
た。

 

更に、戻って確認もしていたので、時間もそれなりにムダにしていました。

 

また、帰宅時には下の鍵を開けてから、ガチャと1回やり、上のカギを開けて
いました。これホントに意味がないのですが、心配な過去の記憶をたどってい
るのです。

 

あぁ、やっぱり閉まっていたとどこまでも安心していたいのです。

 

でも、これも意識的にしないようにしていたら鍵の施錠確認に関しては確認
せずに済むようになりました。

 

外出時も上下1回づつ、で計2回です。たまに3回やることもありますが、
基本的に2回で済みます。

 

私の場合ここまでどうやってたどりついたかというと徹底的に感覚を意識する
ということをしていました。

 

①入れる

②閉める

③抜く

 

と意識して時に指差し確認をして一連の動作を行いました。
自信がないときは実際に口に出してもいいと思います。

 

同じ階の住民の往来があるときなどは小声で言ってもいいでしょう。

 

ただ、人にもよるのでしょうが私の場合他の住民と出くわしたときにはどうも
この一連の動作をしっかりと出来た気がしないので、回数が伸びるなどの傾向
もあります。

 

なるべく合わないようにしたり、会いそうになったらスマホでメールなどの確
認をするフリをしてその住民が行き去るまで待ってから施錠しています。

 

でも慣れてくるとそこそこいつもと同じ回数でうまくいくようになってき
ました。