便器に裾がついたかも?!神経質な人にはカフェやファミレスのトイレって無理!使い勝手の悪い内開きトイレ

・外出先のトイレは内開きのことが実に多い!潔癖があると扉の開閉方向ひとつとっても神経を尖らせる!あなたはこの悩み大丈夫ですか?

便器にパンツの裾がついたかも知れない?!と思ってしまうことがあるかも
知れません?

 

外出先のトイレでは不特定多数の人が使うという前提があるためにそのような
思考が意図せず勝手巡ってしまうのだと思います。実際にパンツ、さらにスカ
ートなどはフワフワとしているのでどうも付いたのでは…?

 

このように悩まされ、手を洗いお手洗いから出てくると今度は手を洗ったとき
に洗面台の汚水があたったかも知れないという2次的な不安にかられることも
あるかも知れません。

 

裾が便器に付いたのではないかとずっと回想しつづけて思考のリソースが便器
と裾にフォーカスしすぎてしまっているためにアタマの中でタイムラグのよう
な物が生じてしまい手を洗うときの感覚や情景がおろそかになっているためで
しょう。

 

そして、2次的、3次的に次々と回想を繰り返してしまい疲れてしまうのです
が思考が止まらずいつも何かに追われているという状況が続くので帰宅すると
グタグタになり何もできないなんてことも日常茶飯事…

 

・不安や心配は誰にでもある!それを打ち消そうと躍起になるとドツボに嵌る!

そもそも不安や心配はどんなに強面で近づきがたい人にもあるものです!
一見強そうな人というのは逃げるのがうまいだけかも知れません。

 

しかし、心配や不安を常にかかえる繊細な神経質タイプの人は、自分の中で気
になる問題を解消するためにあれやこれやと思考や行動を過剰に繰り返すあま
りに疲れやすいのだと思います。

 

そういう意味では強面で近づきにくい人よりも、繊細な神経質タイプの人の方
が強いのではないかと感じています。

 

きっとエネルギーが強すぎるのでしょう!実際に私もエネルギーが強いタイプ
と自覚しているのですが、未だに扱いが下手なため負のスパイラルに陥りムダ
に時間を浪費したり、エネルギーを使いすぎ枯渇してグタグタになり横たわる
ということが多々あります。

 

そしてこれも自覚していますが完璧傾向が強いためさらに拍車をかけてしまい
アンバランスなことばかりやってしまいます。

 

なので、ここで挙げているトイレで裾がついたかも知れないということに関し
ては付いてしまったかも知れない?!という思考が入ると身震いするような嫌
悪感を生じますがトイレから出るまではそのままにするという風に思考よりも
感覚に意識を向けるトレーニングが必要だと感じます。

 

そしてそのままやり過ごせれば、トイレから出た後はアルコールで除菌すると
いうことを一連の流れにするのも効果的だと思います。

 

今は便器に裾が付いてしまったかもしれないが、手を洗ってトイレから出たら
裾を消毒できる!から今はとりあえずそのままにしておこうという意識が持て
るようになると少し冷静にもなれて気持ちに余裕が生まれると思います。

 

・潔癖人間にとってはトイレは苦痛!どうして外のトイレは内開きが多いのか?

外のトイレって内開きが多く特にトイレに嫌悪感を感じない人でも狭くて汚い
と感じると気持ちが悪いものだと思います。

 

これは、検索していただければすぐ出てきますが外開きの場合はトイレから外
に出るときに外にいる人にぶつかり危険だからという風に言われています。

 

一方で一般家庭の家では逆のことが多く、つまり外開きが多いですね。
これはトイレで倒れたときに内開きだと扉が邪魔になり救出しにくい
などの理由があるようです。

 

特に超高齢化社会ですから、普通の家庭ではほぼほぼ外開きでしょう!

じゃあ、ファミレスやカフェなどはじめ内開きの公共のトイレで倒れてしまった
場合救出できないじゃないか…?どうするの?という疑問がでますね。

 

ここに関しては説明が曖昧で困るのですが、緊急時には飛行機のトイレのように
扉を畳むように開閉しなくても簡単に取り外しができるように設計されているよ
うです。

 

しかし、すべてがそのような作りになってるわけではないので難があると思い
ます。私もカフェやファミレスにはよく行きますが、内開きの扉を注意深く見
てもどうもそのような作りになってるように見えないからです。

 

もしかしたら、私がわからないだけで特殊な作りになっているのかも知れませ
んが!?

 

外側の人間にぶつかって危険ということであれば内開きにしてももっと空間を
広くしてもらいたいものですね。

 

その方が扉の開閉の際に便器に裾がついた気がする?という思考が独り歩きする
のをある程度緩和することができるからです。そして開放的な方がリラックスで
きます。

 

・カフェの内開トイレのせいで何度も洗濯!

私が行くカフェは内開きのトイレが多く扉の開閉の際には神経をピリピリさせ
ながら開閉します。

トイレ個室内に左足から入り、右足をトイレの外にという状態をキープして
扉がどのような弧を描くかのイメージを掴み個室内で扉と洗面台が右足に付
かないギリギリのラインに右足をキープします。

 

このように開閉するのですが、この時に先に入れている左足の置き位置の微調整
が必要です。そのまま開閉すると便器にパンツの裾が当たってしまうからです。
開閉具合によって微妙に左足の位置を移動させながら開閉する必要があります。

 

しかし、どんなに神経を使い苦労して開閉しても裾が付いてしまったという思考
がぬぐえないので結局は帰宅すると洗濯することになります。

 

1回では満足できずひどいときは回数を何回回にわけて計5回選択することを
課していました。

 

日を跨ぐわけで、その都度洗濯槽クリーナーで除菌という家事も追加されるため
ピリピリしていた時期がありました。

 

最近では洗濯1回、洗濯槽クリーナー1回で済んでいますが、それ以前になるべく
内開きのトイレを使わないようにしています。至極単純で明解な話なのですが内開
きのトイレ可能な限り使わない方がいいということを再認識しました。

 

私は男性ですが、女性は時になかなかトイレを選んでる余裕がないこともあると
察します。

 

ご自身の嫌悪感を感じるものとどう向き合うか私がここで述べたことを少しでも
参考にしていただければ幸いです。