意図せず浮かぶイヤな考えや思いによる反応に抗った行動をすると記憶力や思考力が低下する?!反応しても事実に基づいた行動をするのが重要!

・勝手に思い浮かぶイヤな考えや思いに反応すると過剰な確認行動などが増えませんか?

あなたは頭の中で勝手に繰り広げられる思いや感情に抗うことで自分は頭が
悪いのか?、悪くなったのか?と思うことはないでしょうか?

 

私も昔はそう思っていました。今でもそう思うことはありますが、昔よりは
マシです。

 

マイルールによる手順や確認に時間がかかるため、どうしても時間がかかり
やすい傾向にあるのが神経質気質の人たちだと思います。

 

あなたもそう感じて日々過ごしているならどうやって反応しないようにする
かのコツをお伝えいたします。

 

・ひとつひとつを抽象的な対象としてとらえていたら記憶力や思考力は鈍って当然!

当たり前ですが、何をするのにもマイルールによって手順や確認をしていたら
一般社会では融通がきかない人種としてとらえられてしまいます。

 

例えば、カギを閉める手順を細分化すると

①鍵を鍵穴に入れる

②鍵を回す

③鍵を抜く

④ドアノブを必ず5回引っ張って確認する

⑤鍵を鞄にしまったかを3回確認する

 

というのがマイルールだとすると、この過程を頑なに毎回同じ手順で繰り返します。
そして途中でどこかでも手順が狂ったり、少しでもイヤな思考が入ると最初からや
り直そうとしていたら記憶力、思考力、集中力、判断力は鈍って当然です!

 

手順が複雑で多い上に途中でやり直すこともあると、当たり前ですが時間も余計に
かかってしまいますね。

 

また、マイルールは人によって全く違うため例に挙げた手順が更に増えている人も
珍しくないです。

 

一方で鍵の施錠に於いてがこの細分化されてるのもが最後の⑤だけだったらどう
でしょうか?

 

そして、施錠途中でイヤな思考が浮かび上がっても反応せずに⑤だけの確認のみを
行えたらどうでしょうか?

 

マイルールという概念が存在しないので、⑤の鍵がしまっているということだけ
確認するので消耗するエネルギーは1/5になりますね。これが一般の人達なのです。

 

エネルギーどころか、鍵の施錠を恐らく感覚的にやってるのでエネルギーも消耗
してないと思いますが。

 

なのでとにかくイヤな考えなどが思い浮かんでもそのままの状態にして反応しない
ことが重要なのです。

 

反応してイヤな感情を打ち消そうとしても、余計ひどくなるだけで精神の安定には
全くつながらのです。鍵が閉めるという目的を持ち、閉まったという事実確認をす
る意識を持つことも大切です。

 

・感情に反応すると自己肯定感も低くなる

イヤな感情に反応して打ち消そうとするとエネルギーの消耗と時間の浪費により

「自分はなんてダメなヤツなんだ!」

と卑下してしまう傾向も強くなるでしょう。

常にこういう状態になると自己肯定感が低くなります。簡単にいうと自分自身を
過小評価してしまうので、気づけば

 

「わたしなんかどうせ」
「そんなの無理に決まってる」

 

などというのが口癖になり潜在意識擦り込んしまうので生きづらくなってしまいます。

反省するのは大事ですが、度が過ぎると結果的に自分を責めていることになります。
自分を大切にした方がいいということです。

 

・ips細胞の山中伸弥教授の研修医時代の本を読んで感じること

ips細胞の山中伸弥教授は昔研修医の時は自身がラグビーをやっていたこともあり
整形外科医を目指したそうです。

 

しかし、犬やマウスのときの手術と人間相手の手術とでは緊張度がまったく変わり
うまくできなかったようです。

 

うまい人が20分でする手術でも山中教授は2時間かかったこともあったようです。
このようなこともあり指導医からは「ジャマナカ」というあだ名をつけられたそう
です。

 

邪魔なヤツという侮辱と嘲笑の意味を込められたのでしょう。

 

私はこれを読んで人間相手の手術のときには過度に緊張するあまりに様々なイヤな
感情や思考に呑まれて支配されてしまったと推察します。

 

だから2時間もかかって手術をしていたのでしょう。恐らく山中教授は手術のときに
のみ様々なネガティブの感情に左右されていたのだと思います。

 

山中信弥教授、当記事を読まれてる方に失礼や誤解のなきように書いておきますが、
当記事のタイトルと山中信弥教授は全く関係なく、山中教授の行き詰っていた時代
の精神性と私を含め当記事を読まれて行き詰っている方の精神性で共通する点があ
ると思い感想を少し書かせていただきました。

 

・私が自動車学校で受けた際の適性検査について思うこと

自動車の教習所では座学と実技を講義を受けますね。もう20年前の話なので今ど
ういうカリキュラムになってるかわかりませんが。

 

ここで適性検査というものがありました。正確には覚えてないのですが、私は担当
教官に判断力の鈍さとスピード?などのスコアが低い指摘されました。

 

今思えばこの頃の私も生きづらさを感じていたので、というか物心ついてからなの
ですが。

 

やはりマイルールや強いこだわり、手順などを丁寧に遂行するという気持ちが高い
せいかある部分で低いスコアが出たのだと思われます。

 

こういう面においてもいかにして反応しないようにするのかがポイントになり
気持ちの切り替えもスムーズに行うことの可否も「反応しない」ということに
かかっていると感じます。

 

いや正確に言えば「反応しない」のではなく如何に感情が「反応」してもそれに
付き合わないということです。「反応」しそれに付き合い始めたら自分の頬を自
分でビンタをして「反応」しながらも今すべきことに意識を向けてるということ
が望ましいと思います。