物事の細部に囚われ過ぎて先へ進めない!「木を見て森を見ず」は置いておいて全体思考へシフトしよう!

・物事の細部に囚われてスルー出来ない!円滑に物事を進められないと感じて生活していませんか?

あなたは勉強や仕事などの営みをはじめ日常のあらゆるところで、客観的に
観ればどうでもいいことに囚われて時間がかかり過ぎてしまうことってない
でしょうか?

 

製本したときに教科書の縁についた0.5mm?ぐらいのインクなのか、再生紙
特有のものなのか?となんなのかわからないぐらいのことに30分も1時間
も見続けて真剣に悩むなんてことは…

 

仕事の会議で相手の使っているペンのグリップについたいるわずかな汚れは
何なのか?とそこに集中しすぎてしまうあまりにもっとも重要なテーマを全
く覚えていない…

 

様々なケースがあるでしょう。あなたのケースで上記に挙げたようなことで
生活に支障が出ていると感じているならばこれから先の少しでもスムーズに
すべきことをこなす方法をお伝えいたします。

・潜在的に不安や心配という要素がありそれに抗わない方がいい

人間誰でも個人差こそあれど不安や心配という感情はあるものです。その上
でですが、私たちのように神経質な気質を持ち合わせているとさらにこの傾
向が強くなります。

 

しかし、日常的にあまりにこの種の感情が強い場合はやはり不安、心配という
思考の嵐の中で生きているので疲労感は並みではないです。

 

そこでバランスを取るために何かにしがみつきたいというのが性ではないで
しょうか?

 

イヤな感情が襲ってきたら前項の例で挙げた0.5mmほどの製本した際に付着した
何かを見続けることで思考の嵐から意識をそらしたりして自分の中でバランスを
取ろうとしていると思われます。

 

なので、日常生活でひとつのことで30分、1時間何かに気を取られてしまい
前に進めないという状態なら先ずバランスを取ろうとしていると受け止めて自分
自身を認めてあげるのが賢明です。

 

・精神の安定を得るということにフォーカスすると物事の本質や目的を見失う

前項からの例のように教科書の製本の際に付いた何かわからない0.5mmほどの
小さな付着物を不安や心配という感情に襲われるたびにそのページにわざわざ
戻り見続けたり、触ることで安心を得ようとしても安心は得られません。

 

自己の精神の安定のためというのが無意識に目的化されているので、このよう
な状況ではいくら見続けようとしても、いくら触ってもほんの一瞬はホットす
ることはあるかも知れません。

 

しかし、根本的には何も変わらないのです。現実世界で生きることにフォーカス
するように習慣化する思考に切り替えるのが大切です。

 

とは言っても、不安や心配で苦しいのでそれは素直な感情なのでそのままで
いいのです。否定も肯定も良いも悪いもありません。

 

その重い気分のままでけっこうです。今すべきことは何なのかということに意識
をすることです。

 

難しいですが、あらかじめ紙に書いておくといいです。

例えば

1、私は不安や心配にすぐに呑み込まれてしまう人間だ。

2、イヤ思考、感情が襲ってきたらページを戻ったりしても教科書の〇〇ページの
  0.5mmほどの付着物を見たり触ったりすることで安心を得ようとすることが多い。

3、教科書は自己の精神の安心得るための物ではない

4、教科書の目的はなんなのか?
       ↓
  勉強してテストでいい点数をとるため、さらには受験で志望校に合格するため

 

このように具体的に書いて、何度も反芻してあなた自身の目的意識をしっかりさ
せることが大事です。

・ひとつの抽象的な事柄から次々といろんな物に派生してしまうわたしのよくある話と同級生の話

しつこいようですが、この記事で挙げている製本の際についた印刷物の付着物に
気を取られるのは未だに私もよくあることなのです。

 

本を読んでいるときにも製本の際についた、インクなのか製紙の際に付着したも
のなのかなんなのかわからないときにそこを、見たり、5回触ったりなどのマイ
ルールがあります。

 

そのときに思い浮かぶ不安や心配という思考や感情は客観的に観るとほんとに抽象
的すぎてつながりのないことなのですが、私の中では繋がりがありある論理的なこ
とが多いのです。

 

その中でも客観的に観ても大多数の人でも比較的理解しやすい例として自分の誕生日
と同じページ数に自分が怖いと思っていることやそこから容易にその怖いことに派生
してイメージできてしまうとその感情を打ち消すために、他のページの製本の付着物
に戻りマイルールを実行するということです。

 

このようなことは日常茶飯事です。でも本を読む目的にフォーカスするように心
がけています。

 

また、私の同級生でも似たような人がいました。

 

Aさんは几帳面で真面目な性格なのですが、彼は数学の時間に分数などで書く括線を
定規で全て3mmと統一していました。

 

その都度定規で測って線を書くので時間がかかるのです。

 

とにかく線を3mmでまっすぐにというのこだわりが強かったようです。

 

彼は数学は得意でしたが、線を3mmでまっすぐかくということがストレスになること
もあったようです。

 

テストで解答用紙に線を書き込む答案は時間がかかるのでその類の点数は悪かった
です。

 

まさに「木を見て森を見ず」でしょう!テストでいい点数を取るという目的から線
を3mmでまっすぐ書くというのが目的になってしまってるのです。本末転倒です。

 

やはり彼も潜在的に何か不安や心配を抱えていたようです。

 

もしあなたもこのようなことで日常生活に支障が出ていたら、手段と目的を
しっかりと意識するという習慣に思考を使いましょう。