普通の定義って何?あなたはあなたのままでいい!「こうあるべきだ!」ではなくあなたはどうしたいのか?

・他人の軸に流されてると何となく感じて!?流されて生きることをダラダラ許容することに嫌気はさしませんか?

あなたは何かにつけて人と比較したり、されたりして育ったという経験はない
でしょうか?

 

今10代でこの文章を読まれている方は何がまだかぶれてないかもしれませんが。
そしてこれからの先の教育でも昔よりは個人の考えを尊重されると思うので支障
が出てきにくい世代であると思います。

 

10代の方は何か学校教育や親御さんの教育方針で悩まれてる方のみお読みいた
だけれ何かヒントになると思います。

 

で問題の20代、30代以降の方は洗脳という教育で自分の個性をことごとく潰
されてきた世代だと思われます。

 

その潰された結果として本当は自分がどうしたいかなんてわからないと思います。
いやそれが当然なはずです。

 

あなたも、「こうしなければいけない!」、「こうあるべきだ!」と自分の意志に
反して思っているのなら一度それは捨てることです。

 

あなたの「普通」とあなたの友達の「普通」の基準はまったく違うので他人に無理
に合わせなくてもいいということです。

 

こういう、ひとつひとつのことが自分自身を苦しめていてさらにそれに気づけない
こともあるので一度世の中で言われている常識というのを疑ってみるのが解決の糸
口だったりします。

 

まして私たちは神経質タイプで特にこだわりの強いタイプの場合は日本の古い画一
的な教育を受けることでより洗脳されやすいからです。

 

この記事では皆がこうだから迎合しなければいけないと思っていて、それが息苦し
さを感じている、それすら気づけてないという場合はこの記事にたどりつくことも
難しいと思います。

 

しかし、「べき思考」「しなければいけない」という類のことで少しでも負担に
感じている場合には気づけるチャンスだと思いますので、このようなことで悩んで
いる場合は少しでも生きやすくなる方法をお伝えします。

 

また補足ですが、

 

当サイトでも何かを例える際に「普通」というのはよく出て来ていますが、誤解なき
ようにここで補足しておきます。ここで出てくる「普通」というのは何でもかんでも
人に迎合するという意味ではありません。

 

神経質で生きづらい気質があるが故に、カギの施錠確認で30分かかるなどで日常生活
に支障が出てるときに「普通」はこんなに確認するだろうか?という意味合いの事です。
社会通念上の問題はまったく関係ありません。

 

・他人になんてあわせる必要は皆無!無理に迎合するから歪みがでる!

日本の画一的な学校教育によって自分の個性や価値観などはつぶされてきた世代では
洗脳によって潜在意識に強く刷り込まれてしまっています。

「良い学校を卒業」
    ↓
「良い会社に入社」
    ↓
「結婚して家庭を築く」
    ↓
「家を建てる」

このような例がもっともわかりやすいと思います。

これを万人に当てはめて生きていると、もちろんこの生き方に合っていて幸せを感じて
いる人は別として歪みが出るの当然なはずです。

自分気持ちをなおざりにして生きていると何か弊害が出てくると思います。
神経質の人は特に。

でも、ここで一度これが絶対に正しいのか?面倒なお願いですが、あなた自身で考えて
いただきたいのです。

本当にこのような生き方あなたにとって合っていて、幸せを感じられるか?

潜在意識に刷り込まれてるので、洗脳を解くのは時間もかかり大変ですが

「why」
  
「why」
  
「why」

と自分自身に問いかけるのを習慣にしていただければぼんやりと霞んでいた蜃気楼の
ような物がだんだんクリアになってくると思います。

 

自分の個性、価値観を出して生きてい行く方がストレスが少ないので生きやすくなるはず
です。

 

もちろん社会に迎合することもあります。極端に言えばそれは法律です。

私たちは人間社会で生きています。人間社会は複雑なので何か最低限の縛りを課さなければ
いけないので法律は守るということです。

 

・自分自身がよりよく生きるためには最低限イヤことでもやらなければいけないこともある

 

前項では他人に迎合したりせず自分らしく生きた方がいいということをお伝えしました。

 

しかし、私の言ってるのはなんでもかんでもやりたい放題すればいいという意味ではあり
ません。

 

あなたが目標を達成させるために、やりたくないこもやらなければいけない時期も
あるはずです。

 

あなたが一流の板前さんなることに憧れ自分の店を持ち料理を提供することで幸せを感じら
れると思ったらどこかの料亭に弟子入りして親方の元で皿洗いなどから長い下積みというの
は必要でしょう。

 

これが、よりよく生きるための最低限のベースになるものでしょう。

 

でも、押し付けらえた画一的な価値観でううだつがあがらないまま過ごすよりも生きやすい
と思います。

 

少なくても、「おいしくつくるべきだ!」、「おいしくなければいけない!」なんて
考えて板前さんになる人はいないでしょう!

 

・トヨタ自動車のニュースを見て私が感じた事

トヨタ自動車は「なぜなぜ分析」というのを取り入れて日々の仕事をしているというのは
有名な話ですが…

 

やはり「why」と疑問を持ちそれを掘り下げて行くことは本質をみやすくなると思って
います。

 

だから、私は「why」と習慣を持った方がいいと思っているます。トヨタ自動車がどういう
意図で「なぜなぜ分析」を導入しているかはわかりませんが。

 

しかし、このような生産方式を採用していても数如何にサボろうという社員はいるようです。
当たり前ですよね。だって食べるために就職するとそうなって当然です。

 

そして、トヨタ自動車のような大企業になればなるほどそういう人も多くなるはずです。
豊田章男社長は終身雇用は難しいと言っています。(2019年の記事)

 

この記事を見て画一的な教育も原因のひとつではないかという風に感じました。

 

また、この記事を書いている2020/6/16は新型コロナウイルスによる政府の緊急事態宣言が解除
されていて多くの企業が四苦八苦している最中です。

 

人々の働き方もテレワーク導入などで大きく変わってきています。画一的な教育で素早く変化
に対応できずにいると露頭に迷うことにもなりかねないわけです。

 

なので、「why」を日々意識して生きていくこと重要だと思っています。