何か細菌やウイルスに感染したのではないか?どこにでも存在する見えないものとどう折り合いをつけるか?

・自分自身が不利なように勝手に脳内で悪いイメージ思い浮かび反応することに疲弊していませんか?

あなたはあなた自身が日々気にしているなる「細菌やウイルスに感染したのではないか?」
という不安や心配に呑まれてしまい動けなくなったりすることはないでしょうか?

 

どこかに外出して特定の何かに反応してしまい頭が勝手にイヤな思考をグルグル
はじめてしまうと大変息苦しくなりますね。

 

それは電車やバスの手すりはもちろん、あらゆるところに思考が派生していきますので
その生きづらさと言ったら…

 

ここでは細菌やウイルスに過剰反応してしまい生活に支障が出てしまっている場合に
それを軽減するヒントをまとめていきます。

 

・消毒したという事実だけを意識しよう!血液と嘔吐物以外のものはとりあえず消毒すればいい!

結局のところいくら消毒をしても気分が安定することはありません。むしろ消毒
をすればするほどその行動は止まらなくなり疲れて行動が止まるという感じでし
ょうか…

 

なので、肉眼で確認できない細菌、ウイルスは消毒したということだけに意識を
向けましょう!

 

頭の中で勝手に浮かび上がる極度の不安や心配、そしてそこから派生するイヤな
思考は一度そのままの状態にして、とにかく消毒液のスプレーポンプを押す、踏
む感覚に意識を向けるのです。

 

そして、ボトルから排出される消毒液という液体のニオイを感じて、液体が手
に滴ったり、噴霧された液体を手で感じながらそれをこすりあわされるのを丁
寧に意識しましょう。

 

そして今消毒したという事実だけにフォーカスしましょう!

 

しつこいですが消毒してる最中に思い浮かぶイヤな思考は無理消そうと
せずにそのままの状態で消毒することに意識を向けるのです。

 

何度も何度もしつこくこの意識をあなたの中に落とし込んでいただければ最初
は大変ですが、少しラクになると思います。

 

とは言っても、外には使用済みの絆創膏や嘔吐物が散らかって場合もあります。
もちろん自ら触ることはないでしょうが、触ってしまったよう気分にさせられ
ることはいくらでもあるでしょう!

 

こんなときはどうしたらいいのか?

 

こういうときにも、自分思いや思考に振り回されながらも先ず、一呼吸して感覚
に意識を向けることがポイントになります。

 

そしてご自身の手を見ていただきたいのです。何かに触れていたら感触があるは
ずです。そして手に嘔吐物等の残骸がついているはずです。

 

それでも気持ち悪いと思うので最後に消毒して済ませましょう。
このときの消毒も先述した要領で消毒するのがポイントです。

 

・食事で入ってくる細菌やウイルスを殺菌する胃液

食事をしていもてどこにでもある常在菌を含む細菌やウイルスも胃液によって
ほぼ殺菌されます。ほぼという表現は誤解を生むかもしれませんが、取り入れ
ても問題ないぐらい胃酸で殺菌されます。

 

胃酸の殺菌力は鉄を溶かしてしまうぐらいの酸性です!!

 

ということは漂白剤成分である次亜塩素酸NAや次亜塩素酸ソーダよりも殺菌力
などは優れているということになるはずです。だって衣類を漂白しても脱色す
ることはあっても溶けることはないからです。

 

しかし、今述べた通り胃酸は鉄も溶かしてしまうぐらい効果があります。

 

もちろん例外もありA型肝炎などは食事でかかることもありますが、
生水、生もの、魚介類などに気を付けていればほぼ問題ないです。

 

もし仮A型肝炎に感染しても重篤な持病などがなければ生命に危機を及ぼすこ
とはないと考えていいでしょう。不安があればワクチンを接種しておくといい
でしょう。

 

と、どこにでもある細菌やウイルスに関しては体内に侵入しても胃酸の働きで
抑えることができます。

 

・B型肝炎ウイルスは感染力が強いので気を付けた方がいい!

B型肝炎ウイルスはC型肝炎ウイルスと比較した場合血液中の濃度が1000倍
以上と言われています。

 

そして、単独で増殖はできないにしても環境によっては6カ月も生存するよう
です。

 

なので、あまりないことだと思いますが、他人が使った絆創膏が自分に触れ
てしまった場合にはよく手を洗い、消毒をするのが無難です。

 

もちろん、傷口や粘膜を介さない限り感性の機会はないのですが、自分自身に
傷口がないように普段から気を付けて、切り傷があったらご自身を守るために
も絆創膏は常に携帯しておくことをおすすめします。

 

ちなみにB型肝炎の人が使用した注射針を針刺し事故等で刺さってしまった場
合の感染率は2~3%などと言われています。

 

・B型肝炎の感染経路における矛盾と私が思うこと

前項でB型肝炎についてお話しましたように非常に感染力が強いウイルスです。
しかし、「B型肝炎ウィルス 感染経路」などで検索してもレアなケースが載っ
ていないのです。

 

例えばいつも思うのですが、飲食店でB型肝炎の方が素手で調理するような食品
を手、指の出血に気づかず調理していた場合のことが想定されてないのです。

 

一番わかりやすいのは、チェーン展開されていない個人のお寿司屋さんなどで
すね。ほとんどのチェーン店はビニール手袋や機械で握っていたりするので気
になる場合は行く前に一度調べればいいのですが。

 

個人のお寿司屋さんは大将が素手で握っていますね。

 

条件によっては感染してしまうのではないかと思うのですが、そのようなこと
は検索しても出てこないのが現状です。

 

さらに、サラリーマンが昼に食べる定食屋などの付け合わせのキャベツの千切り
なども同じことが言えると思います。

 

私は実際にキャベツの千切りなどは、血液らしき物で染まってないか見てから食
べています。

 

その他に、食器も血液と思われる物がないことを確認してから食べています。
少しでも工夫して冷静に判断できるぐらいになれば今あなたが飲食店に行く
ことができない状態でもできるようになってくると思います。

 

私はHIVノイローゼがピークだったときは飲食店に行くことができなかったのです
が今は行けてますので。

 

ただ感染力が強いB型肝炎に関しては神経を使い気にして食べています。