気持ちを安定させるためと満足を得るためを目的にしていない?心を軸に置くと繰り返し行動ループしてしまう!

・イヤなな考えで振り回されて行動が止まらないあなた!少しでも自分自身の外の出来事に意識をするイメージを持ってみませんか?

次から次へと襲ってくるイヤな考えや思考を抑える、イヤな気分を安定させようと
する、気持ちにフォーカスするあまりに本来することがおろそかになっていないで
しょうか?

 

心の囚われがあちこちに派生してしまい、それを打ち消そうとすると抜け出すのが
難しいので注意が必要です。

 

ガスの元栓や鍵の施錠確認をするときも、ものすごく冷静に考えれることができれ
ば五感で確認したという事実と意識がイヤな思考への支配に瞬時に入れ替わってし
まうせいで確認行動が起こると考えます。

 

精神の安定のため、気持ちを落ち着かせるためにというのを目的に置いてしまうの
でエンドレスになってしまいます。

 

偉そうに書いていますが、かくいう私もやはり気持ちを安定させるためにわかって
いても繰り返しの行動が多々あります。

 

この記事は少し抽象的ですがあらゆる営みをどのようにこなすかをできるだけ具体的
に書いていきます。

 

・心に軸を置かないで事実に基づいて行動する!

神経質気質な性格を持ち合わせていると何かと、日常の外出するときにガスの元栓を
閉める、鍵を閉めるという営みに於いても火事になったら、泥棒に入られたらという
過度の不安を解消するために、過度な行動に走ってしまうでしょう。

 

心配、不安という目に見えないものに主軸を置きすぎるために、目の前の、ガスの元
栓を閉めた、鍵を閉めたという事実から意識が遠のいてしまいます。

 

心配や不安という目視確認できないことに安心を求めることが目的化されてしまうと
何回やっても安心できなくなってきます。

 

なので、心配で不安のままでもいいのでガスの元栓を閉めた、鍵を閉めたという事実に
基づいた行動が必要です。

 

心と現実(事実)との問題を切り離して行動しなければ、負のループに嵌ってしまいやすく
なるのです。

 

なので、ガスの元栓を閉める、鍵を閉めるという場合は閉めるということが目的になる
ので目的意識を持って挑むということなのですが、非常に難しいのはよくわかります。

 

それができたら、わざわざ検索してこの記事を読まないですからね。

じゃあ、どうすればいいのか?

「指差し確認」はわかりやすいと思います。電車の運転手さんが駅のホームでよくやっ
てますね。

 

あれを何度も何度も反復して身体で覚えることです!!

 

人がいて見られると恥ずかしいと思う場合は、第三がわからないぐらいにポケットに
手を入れた状態などで人差し指を指すなどすれなどして凌ぎましょう。

 

このように行動に基づくことなので、しないよりはした方が事実にフォーカスしやく
なります。

 

・指差し確認以外にもイメージトレーニングも大事

前項で指差し確認で事実確認をする方法をお伝えしましたが、これでも不安に押しつ
ぶされてしまうこともよくあることです。

 

それは、先ほどの例で人がいて落ち着いて鍵を閉めるという行動をないがしろになっ
てしまう場合などです。

 

その他にも、人とのやり取りで速さを求められる場合などは事実を確認する意識を持
ちながら営むということがおろそかになってしまうでしょう。

 

また少し複雑な例ですが、

職場で資料作成して、作り終えてそれを見直して確認してるときに上司から

 

「〇〇君、さっき頼んだ資料作ってくれたんだね。じゃあこれ会議で使うから
 みんなの分プリントするのに○○さんにコピーしてもらわないと。」

という感じで持ってかれてしまうというシーンもありますね。

 

ここではこのようなケースの確認は割愛しますが。

 

こういうケースは除いても、イメージトレーニングは単純な鍵の施錠確認などには
応用できます。

 

気持ちに余裕のあるときに、鍵の閉めて指差し確認してる姿を何度もイメージする
のです。

 

これを日々繰り返しやっていると、鍵の施錠の時に他人に出くわしてもイメージする
余裕が少し持てるようになるはずです。

 

泥棒に入られたらというのに加えて、自分の変な姿を人に見られるという心に主軸が
入れ替わってしまっても、瞬時にイメージに置換できればイメージに従って事実確認
をすることができるわけです。

 

・行動を強化するとイヤな感情は緩和される

取り敢えずイヤな感情を抱いたままでもいいので、気が乗らないままとつとつと行動
することで、イヤな感情は緩和されていくはずです。

 

しかし、今する営みの目的に意識を持つことが大事です。

 

先ほどからガスの元栓、鍵の施錠についてお話しているように事実に基づいて
行動すること、指差し確認で施錠したという事実を確認するということです。

 

何度も何度も意識してやることで少しでも行動が主体になってるという瞬間を主観
で理解できるようになってきます。

 

もちろん日によって波がありますが、それが普通です。

 

心に主軸を置いてしまうのは仕方がないのですが、抗わずそのままでいいのでとにかく
行動に主軸を置くことに意識してみると身体で理解できる瞬間があるはずです。

 

・抽象的に悩んでも行動にうつす癖をつけてると思い込みだということがわかることがある!

私は天気や気温などにメンタルが非常左右されるのことが日常茶飯事なのです。

 

身体が鉛のように重くて、電気ケトルに水を入れてコーヒーを淹れるまで1時間以上
かかってしまうこともあります。

 

起きても動けないのです。でもそのままの状態でも動くようにして仕事をしてると
今日はムリだとろう思っていたけど、決めたノルマをクリアしていることも結構あ
ります。

 

しのごの言わず取り敢えずやってみると思い込みということもあるので、先ず少し
でもいいので動こうとすることをしてみるのは大事だと思います。