規則正しくしないと気が済まないのは?性格のせいなのか?洗顔の手順から電車の座る位置などが いつも同じところじゃないとなんか不安になる…

・徹底したマイルールを遂行しなければ不安で仕方がない!気分が不安定に陥りやすい場合は参考にしていただければ幸いです。

あなたはいつも規則性や自分の決めたマイルールなどを求めてしまうってことはないで
しょうか?

 

日常でルーティン化している歯磨きや洗顔、シャンプーの手順、電車の座る席、飲食店
でのいつも座る席など…

 

とにかくこだわりが強いせいかいろんなことを自分自身に課し手順通りにしない
と気持ち悪いという神経質な特性を持ち合わせていると日常生活でも不都合が生
じてしまいかねませんね。

 

いや、もう既に生きづらくなってるいるかも知れません!?

 

自分の課したノルマのような物で自分を無意識のうちに縛っていてマイルールの通りに
いかないと何か悪いことが起こるなどと考えてしまったりすることもあるかも知れま
せん。

 

 

・真面目で責任感が強く几帳面な性格が悪く働くと出てしまう!?

 

なんでもきっちりと物事をこなそうとして、尚且つ完璧主義的な傾向があるとこの
ようなスパイラルに陥ってしまいます。

 

なぜか?

 

原因ははっきりしていませんが、幼少期から育ってきた環境だったり、親が厳しい、
産まれながらの性格がこのようにさせていると考えられています。

 

マイルールに乗った手順でやらないと気持ちが悪く、もしマイルールから逸脱して
しまうと納得のいくところまで戻ってマイルールの手順でやるのは何か悪いことが
起こるかも知れないという風に脳が思わされてしまうからです。

 

神経質で繊細なので可能な限り日常におけるリスクを徹底して下げるためにこのよう
なことを行ってしまうと思います。

 

・客観的な問題ではなく主観的な問題!繰り返しの作業や確認を怠らない方が気持ち的にラクだから続ける脳!

 

マイルールを作り何度も納得がいかなければ何度も同じことを繰り返してししまい
途中で止めたくても止められないのは、自分自身が安心という確信を少しでも持て
るようにするためです。

 

少しでも安心できれば気持ちはラクになるからです。

 

しかし、肉体的には疲れるのは事実です。でも気持ちの面で安心できないと不安な
ので第三者から観るとおかしいと思われることもやり続けてしまうのです。

 

もちろん、本人も脳の別な部分では自分はおかしいと悩んでいることが多くあり
ます。

 

これが自分に自信がない、自己肯定感を失ったりしやすく拍車をかけけて更に
エスカレートしていきます。

 

負のスパイラルに陥ってしまい、やがて気分的にスッキリしなくても肉体的な疲労
から自分自身が満足せずに一種の行動は一旦は終わりますが、原則的にエンドレス
です。

 

・ストレスが強いと疲労に勝って繰り返しや確認を何度もしてしまうのはなぜ?

 

ストレスがかかっているという状態は、闘争ホルモンアドレナリンが分泌している
からと言えばわかりやすかも知れません。

 

このような常態では自分の防御反応も強く出ると考えられるので、繰り返しや確認
などの行為を何度もしてしまうことが多いと思います。

 

そして、こういう状態のときは以外にもそこに集中しているので疲れているはずな
のに何度同じことがループしても続けてしまいます。

 

限界が来るまで過剰な行動を繰り返していることでしょう!

 

限界が来ると魂が抜けたかのように何もできなくなその場に横になってしまったり
することでしょう。

 

 

格闘技例えばボクシングなどでも同じようなことが言えると思います。
試合をしている最中そこで勝負をしてる人達は殴られても痛みを感じて
いないことが多いです。

 

私はキックボクシングをしているので、リングで集中しているときは痛いというの
がほとんどなく、終わった後痛いを思うことが非常に多いのです。

 

私はプロではないですが、プロの人を観てると限界まで戦い続けますが、限界を
過ぎたときにリングの上で倒れます。しばらく意識がなく担架でリングから担ぎ
出される人もいます。

 

 

・さまざまな些細なことにフワフワと浮遊していた幼少期

 

私も規則性を求めたり、同じ手順でやらないと気が済まないというのが幼少期
からあったので生きづらさを常々感じていいました。

 

もちろん神経質なので今でも根本的な部分は変わりません。
年齢に応じて反応するものの対象が変わっているだけです。

 

年齢とともに、知識は増える物なので反応する対象も変わるのは当然と言えば
当然なのですが。

 

私が小学校の頃の通学、下校時に通る道にはモザイク模様のタイルがあったの
ですが、私はそこを踏むときにけっこう細かいモザイク彫刻を踏む際の自分な
りのマイルールがありました。

 

ここの横10列目、縦10列目の角に左足から踏み込み、右足で踵で踏んで
このモザイクタイルを通るというのあったのです。

 

通学時は朝の朝礼などもあるので、横10、縦10と数えてると時間が足りなく
るので焦っていたのですが、その焦りが拍車をかけてホントに10の10なのか
と不安になり学校に遅刻することも多かったです。

 

そこで、あるとき横断歩道を塗装してる業者の人を見て、このタイルに印として
ペンキを塗ればいいと思いペンキを塗ることにしました。

 

しかし、周りの目が気になってなかなかペンキを塗ることができませんでした。

 

ですが、花火大会という学校行事があり人目のつかない夕方に塗るチャンスが
めぐって何とか塗ることができました。

 

考えてみればやはりこのころ何かこのタイルの踏み方ひとつで何か悪いことが
起こるかもしれないという考えがあったので、非常に生きづらい幼少期を過ご
してきたと言えます。

 

 

・あえて自分自身にイヤなノルマを課せて乗り切れるものもある!

 

前述の私のモザイクタイルの例ですが、どうしてもタイルが気になって頭から
離れない私も中学に入学しときに、敢えて今までとは違うことをしていました。

 

それは、小学校も中学校も通学、下校にこのタイルを通るのですが、小学校の
ときは家から学校が近いのでクラスの人と通下校するということがほぼ皆無だ
ったのです。

 

しかし、中学校は徒歩20分くらいかかるのところだったのでクラスメイトと
同じ道で会い通下校することも増えていきました。

 

1人のときは人目を気にしなくていいので、タイルの踏み方にこだわりがあり
ましたが、他者といるとなかなか露骨にすると変に思われのでなかなか一人の
ときとは同じような行動がとれなくなったのです。

 

もちろんマイルールに乗った踏み方をしないと気持ちが悪いのですが、
気持ち悪いをそのままにしているとやがて時間の経過とともに軽減し
ていくのを少し感じました。

 

もちろん、一人のときは小学校時代と同じような踏み方をしていましたが、
クラスメイトがいる場合はこのノルマを課してやり過ごしました。

 

これが私なりにイヤなノルマでも状況などの条件があれば乗り切れると種の
ものもあると学んだことです。