やっぱり神経質なのか?細かいことが気になって囚われて前へすすめないと思ったらそのままでいいから今すべきことに意識を向けよう!

・クヨクヨして悩み続けてしまうことで疲れきっていませんか?先ず不安や心配を背負ったままでもいいのであなたがやるべきことをする意識を向けてみてください。

人付き合い、交友関係などでもかなりの頻度であることと思われますが、
ちょっとしたことでクヨクヨ悩んで勉強や仕事がはかどらないなんてこ
とはないでしょうか?

 

 

仕事でも友達同士の付き合いでも会話の中でAさんに「あなたの仕事は人が
気にしないところまで丁寧にやるね。」と言われたら、これって実はムダな
ことに時間をかけすぎてるのではないのか?と裏を読もうとする…

 

 

また、あなたがAさんが時間をかけて計画した企画よりこっちの企画の方が
方いい気がするとCさんが計画した企画を何気なく言ったのことに対して嫌
われてしまったかも知れない!?

 

 

などぐるぐるといろんなことを回想してしまって何も手につかなくなると
いうことも場合によってはあるかも知れませんね。

 

 

深く物事を考えすぎたり、裏を読もうと詮索するので負のスパイラルに陥っ
てしまい常に悩むという状況が日常化してしまっているので疲れてしまって
いる、さらに悪いことに自分が極度の疲労に陥ってることにも気づくことが
できないでいる。

 

 

こうなると心が折れる一歩寸前かもしかしたら折れているかも知れません。

 

 

・多くの人はそこまで深く考えない!?だからありのままのあなたのまますべきことをやってみよう!

 

先に挙げた詮索して裏を読もうとする例ですが、人間同士の会話の中でも意
味の捉え方は人それぞれあり、人それぞれあっていいと思います。

 

 

ここで、まず認識していただきたいのが多くの人はあまり深く詮索したり
していないということです。

 

 

もちろん神経質で繊細の人が多い職場もあると思いますが、極端な例を挙げ
ると皆が皆同じように神経質で繊細な人たちの職場だと皆病んでいて仕事が
回っていかず、会社が倒産するということになりかねません。

 

 

では、どういう風に解釈すればいいのかというと先ほどの例のように同じ部署
で仕事をしていて特に喧嘩をしてるワケでもないのに言葉ひとつひとつが気に
なっている場合は

 

 

①仕事上のことなので余程普段から仲が悪い人は別として割り切るように思考
する、その上で気になるようならフォローを入れる

 

 

②言葉ひとつひとつに神経質に反応すするという繊細タイプな自分が少しくらい
粗相があったOKとする

 

 

なので少しだけ思考のクセを変えて生きながら、あなたが今すべき仕事にエネル
ギーを向けるように意識していくことが大切でしょう!

 

 

・だけどなんでこんなに細かいとこでクヨクヨしてしまうのか?

 

細かいとこでクヨクヨするというのは一種の神経質の人の性格です。しかし
性格と一言で片づけてしまうとあまりにも乱暴なのでここでは他の3つのア
プローチでご説明したいと思います。

 

何か少しでもあなたの人生が楽しいと思えることに気を向ける。
普段忙しく働いていると意外と自分の好きなことを忘れていてた
り楽しいことがわからないということが多いと思います。

 

 

休日の1時間でも利用して本を読んで何かリフレッシュできることに
も意識をしてみていただきたいです。

 

 

自分の感情を置き去りにしていると、一番身近な人、つまりあなた自身が
文句をいいだします。

 

 

なのでリフレッシュできること楽しめそうなことを探してみてください。

 

 

1日15分でもウォーキングをしてみましょう!歩くことは自律神経を整えたり
は脳内のホルモンのバランスにも寄与してくれます。

 

 

もちろん健康にもいいのです。歩く時間もないという場合も自宅や会社の最寄
駅一つ手前で降りて歩くというのはいかかでしょうか?

 

 

それも確保できなければ会社では階段を使って移動してみたり、ランチは職場
から少し離れたとこに弁当を買いに行くなどでもいいと思います。

 

 

人間も不足しがちなビタミンやミネラルなどの栄養があります。何が不足しや
すいかは個々によって様々です。

 

上記のような場合はビタミンB6や亜鉛が欠乏してることが多いようです。
サプリを摂取して試してみる価値もあるかも知れません。

 

 

これら何でもいいので出来ることから何か参考にしてみていただけると
有難いです。

 

 

・気にしすぎる性格で疲れる!私の思うこと

 

私も気になる性格なので疲れることがよくあります。それもどうでもいい
ことなのですが…

 

 

私は100世帯以上の入居するマンションで生活していますが、他の住民と
エレベーターや玄関で出会うことがあります。

 

 

ほとんどの人の場合特に挨拶もしてこないので、気を遣わなくてもいいので
すが、たまに会釈をしたり挨拶してくる住民も少なからずいます。

 

 

このときに会釈がちゃんとできたのか?挨拶はちゃんと言えたのか後で気に
なってくるのです。

 

 

これがイヤで鏡の前でどのぐらいの角度で会釈すればいいのか練習して身体
に染み込ませたりしていました。

 

 

なぜここまでするのかというと、私には被害妄想的なとこもあり会釈や挨拶
をしないと自分の部屋のトイレを使われるなどというおかしな妄想などがあ
るからです。

 

 

ここではこのおかしな妄想の話は割愛しますが、やはり生きづらさがありま
す。

 

 

しかし、鏡の前で練習することである程度不安を軽減できるようになって
います。

 

・あなたはどういう自分でありたいか?一進一退でもいいから目の前のことを丁寧に行う

 

あぁ、今日は仕事で○○だったとクヨクヨしはじめて囚われてしまって自分
を責めてしまうこともあるかと思います。

 

 

こんなことに悩んでる自分はなんてダメなんだ!!
こういうクヨクヨする自分がダメなんだ、明日らは気にしない!!

 

 

イヤ、否定せずに、またいつもと同じように気にしてる自分がいるけど
これが自分の個性だ。

 

 

とりあえずそのままの状態で今すべきことをやろうと意識を向けてみるトレー
ニングを一日5分でも10分でもしてみていただきたいと思います。

 

 

なかなか思うようには進まないと思いますが、それでも意識してみることは
大事です。

 

 

とにかく今にフォーカスする意識をもってみることを意識してみてください。