日用品など色んな物を買いだめしてしまう性格はおかしいのか?備えあれば憂いなし!用意周到が 危機に備えることができる!

・日用品の買いだめをついついしてしまう!部屋が狭くなってこまる…日常生活に支障がなければ悩まなくてもいいと思います!

ティッシュやトイレットペーパーなどの日用品、保存が利く物などを買いあ
さってしまうことで部屋のスペースが狭くなちゃったぁということはないで
しょうか?

 

こんな性格ではダメなのか?と悩んでしまうこともあるかも知れません!?
少し話はづれますが、テレビでゴミ屋敷の特集などをしているとゴミであふ
れているという人たちがいます。

 

テレビで出てくるゴミ屋敷で暮らす多くの人の場合は未使用品の商品という
よりはただ単なるゴミのことが多く、部屋中に10年前のコンビニ弁当の容
器や、ペットボトル、カビの生えた食品など主たるものだと思います。

 

しかし、日用品は基本的に消耗品なのでほぼ使うことが確定していると思い
ます。

 

過剰にあると部屋のスペースの問題に悩むこともありますが、災害の多い
日本です。何かあったときのために備蓄しておくことはにいいと思います。

 

欧米人は日本人と比べると貯蓄する人が少ないようですが、そういう意味
で私たち日本人は保守的な民族だと思いますが、こういうときにはメリッ
トもあります。

 

そして、神経質で心配性傾向の性格があればなお更有利に働きます。

 

 

・日本人に保守的なタイプの人が多いのは、遺伝子や地理的な問題かも知れない?!

 

日本人は真面目で時間に正確で、和を重んじる人が多いなど他の先進国と
比べると規則的で保守的な人が多いと思われます。

 

これには色んな説がありますね。そのひとつに島国なので昔から交流が少
なかったり移動しないなどがあげられています。

 

神経質の私が思うには遺伝子や神経伝達物質が関係していると思っていま
す。

 

セロトニンという神経伝達物資が欧米人と日本人ではシナプスの形状が異
なるいうことを脳科学者が指摘していたりします。

 

セロトニンは幸福を形容するようなホルモンですが、これが日本人は流れ
てしまいやすいシナプスの形状なので枯渇しやすいらしいのです。

 

更に、ここからは私の考えになりますがセロトニン事態も枯渇しやすいの
は日本では物事を何でもきっちりするという社会で成り立っているので何
万年という歴史の中でセロトニンが作られにくいものと思われます。

 

 

日本では今でも中高年の人は、下手すると働き盛りの30代、40代の人
で学歴や終身雇用などと信じてやまない人もいるようです。

 

大企業でも副業を認めたり、自宅で仕事をできるようにしたり少しづつ時
代が代わってきているのにやはりなかなか変わりにくいという傾向がある
ようです。

 

・保守的な部分と攻めを使い分ければ神経質な人も日本ももっとよくなると思う!

 

この記事では物の買いだめからはじまり神経質、日本人という民族の特徴
や社会などに触れてきましが、では一体どうやって生きていけばいいのか?

 

日本人で特に神経質な人は保守的なあまりに何をするにしても生きづら
さで悩むことが多いですが、攻めと守りのバランスを意識的にとること
が大事だと思います。

 

この記事のテーマである日用品の買いだめに関しては
備えあれば憂いなしでいいと思います。

 

その上で部屋のスペースが狭くなる問題に関しては、自分自身にとって必要度
をカテゴリ分けするのがいいでしょう!

 

絶対必要な物これがないと困るという物は人それぞれ違うはずです!

 

例えば、使い捨てのコンタクトレンズを常時着けていれば地震のときに手に
入らなくると困ると思います。

 

この場合は非難する際にも絶対外せない物です。なので普段使う分と災害用に
期限を確認しながら買い足していくのが賢明でしょう。

 

期限を忘れてしまうことや、どのタイミングで買い足していくかは使用期限や
有効期限によるのでひとそれぞれ違うと思います。

 

このへんは各自工夫が必要ですが、商品パッケージに色違いの付箋を付けて
管理するなどの方法がいいと思います。

 

少し手間ではありますが青、赤、黄の付箋を付け替えながらこれは赤はあと
何カ月だからこれを先に使うなどして管理してはいかかでしょうか?

 

必要度の例をコンタクトレンズで取り上げましたが、この例を応用して部屋
の大きさや優先順位で物を保管しておけばいいと思います。

 

ここまで買い物に於いて神経質な人が特性を生かす部分まとめました。

 

攻めの部分としてですが、これは社会という物は通常成長を求める物です。
しかし、人は(欧米人でも)変化を嫌う生き物です。

 

でも特に、日本で生活しているとそれは顕著でしょう!!

 

あなたがサラリーマンとして生活している場合はここから先はあまり役に立た
ないかも知れないので、関心がなければ読んでいただけくて結構ですが。

 

しかしもし、営業成績を上げて収入を増やしたいという場合などは売り上げを
伸ばさなければいけません。

 

この場合は攻める姿勢というが必然的に必要なはずです。

 

なかなか日々の仕事がルーティン化してると変えることが難しいですが、
達成したい目標があれば事細かく今日やることまでリスト化しておくこ
とが大事です。

 

多くの会社の場合は前月比120%アップなどの売り上げ目標だけで印刷
した紙を壁に貼って社員を鼓舞しようとしまうが、具体的じゃないと人間
動けないものです。

 

しかし、幼稚園児とかでもわかるぐらい具体化することで人間動けるもの
です。

 

あとはトライ&エラーを繰り返しPDCAなどを使いながら進捗状況を観察
していけば行動できれば必然的に攻めの姿勢になります。

 

攻めの部分は余談でしたが、もしあなたが個人単位で目立った営業成績を
伸ばしたいとお思いなら試してみる価値があると思います。