自己肯定感って何?神経質の人が欠落してるかも知れない!?そのままの自分を受容してみよう!

・あなたの心が悲鳴を上げていますよ!あまり卑下しないであげてください。無意識に卑下してないですか?

あなたは自分自身を大切にして生きていますでしょうか?何か新しいことに
挑戦する前らから、どうせ私なんて…、絶対無理とかやってみたいことでも
このようにやる前から自分自身を否定しいませんか?

 

無意識のうち心にブレーキがかかってしまい何事にも躊躇してしまい、何か
しようと思う度に足が竦んで前に進むことができない…

 

何度もそのような思いをしているとはぁ、やっぱりダメかと負のスパイラル
に陥ってしまうこともあると思います。

 

実は私もそういうところを持っています。しかし意識的にポジティブな事を
言ってみたり、行動したりして何とかやりくりしています。

 

しかし、

 

それでもダメなときは、抗わずに一度それに呑まれて自然に回復するまで待
つということもひとつの方法だと思っています。

 

ポジティブに無理矢理なろうとすればするほど、いつもポジティブじゃないと
ダメだと自分を否定してることになりますよね。

 

なので、こういうときはそのままにしておきます。
物事には何でも陰と陽があると思っています。

 

この記事ではちょっと頑張りすぎて生きづらさを感じているのは自己肯定感が
低くなってるかも知れないということにフォーカスしてあなたが少しでも肩の
力を抜いて生きるための方法をまとめていきます。

 

・そもそも自己肯定感とは?神経質な人は自己肯定感が低くなりやすい?!

自己肯定感とは、もっともかんたんい言うと

「ありのままの自分を受け入れることができる」

ことを言います。

 

決して自分の持っているスキルや能力、物質的な物には寄与しな無形な物
と捉えた方がいいと思います。

 

〇〇ができる、○○を持っているという条件がない状態で自分が自信
過剰でも自信がないわけでもない(卑下もしない)ようなことです。

 

スキルや能力は味方によっては無形な物という捉え方もできますが、例えば
医師や弁護士は資格が必要ですね。各々資格がないと医師としても弁護士と
しても仕事をすることはできません。これらの資格を使ってそれぞれを生業
にしているのです。

 

会社勤めで営業成績のいいひと悪い人、これもコミュニケーションスキル
だったり相手の心理の読むことに長けている能力があって営業成績に差が
出たりします。

 

すこし、話が逸れましたが無形だけど自分の軸がしっかりとしていて他人
に何を言われてもブレない人が、自己肯定感の強い人とでも定義すること
ができると思います。

 

では、これを前提に神経質傾向の強い人は何で自己肯定感が低くなりやすいのか?

 

順を追っていきます。

 

先ず神経質な気質の人とは、几帳面、真面目、完璧主義、潔癖(ここでは主に
不正なことを嫌がる律儀な人など)などでこの記事であまり使いたくない表現
ですが、一般的は融通の利かない人という言い方できます。

 

真面目な人や几帳面な人は何でも物事をキッチリと丁寧に進めて行く人が多い
ですね。

 

完璧主義の人も全てにおいてキッチリ、キッチリと進めて行きます。

 

このようなタイプの人たちが仕事をすると綿密に計画を立てて物事を取り組む
と巧遅になりがちです。更に何か想定外のことが起こると臨機応変な対応がで
きないので余計に時間がかかってしまいます。

 

そうすると「拙速は巧遅に勝る」という言葉があるように周りからは仕事が遅
いヤツだ!などとダメ社員のレッテルを貼られてしまうでしょう。

 

幼少期からこのような経験を重ねてくるとどうせ私なんて…
という風になってしまうのは自然です。

 

また、レッテルを貼られてなく、なんとかうまくやってこれたとしても自分自身
は要領が悪くて何でも時間がかかると自覚していると、何か新し事に挑戦するの
も腰が重くなり行動も疎かになってしまう傾向があります。

 

これらの結果、神経質気質傾向の人は自己肯定感が低くなりがちで生きづらさを
感じてる人が私含めて多いのだと感じます。

 

・ありのままの自分を認めると生きやすくなるし、自分を客観的に観れるようになる

ありのままの自分を認めるというのは、否定から入る思考が癖になっていると難
しいですが、出来ないことではなくて、出来ることにに目を向けてみるように意
識を持つことも大事です。

 

私は説明するのは下手だけど、企画するのはそこそこうまいし評価もされている。
など、少しでも出来ることにフォーカスすることです。

 

そして、ネガティブな言葉を使っているなら、そう思ってなくてもポジティブな
言葉を多く使うようにするのも効果があると思います。

 

私自身もネガティブな言葉を吐く癖がありましたが、ポジティブな言葉を吐く癖
をつけるようにしてから少し物事への姿勢が変わったからです。

 

人間良くも悪くも自分で言ってる言葉は、無意識に心理的なそう思い込んでしまう
という特性があります。だったら最初は本当そう思えなくてもポジティブな言葉を
言ってるだけでもマシです。

 

騙されたと思って、ポジティブな言葉を吐く意識をもっていただきたいです。

 

そうすると少し気持ちにも余裕が出て来るでしょう。少しメンタルが落ちていても
私は今日は調子が悪いんだ。そういう日もある、取り敢えず出来ることをやってい
こうかと自分自身を冷静に観れるようになります。

 

このように、言葉をポジティブにすることを習慣化していると行動面でも支障が
出にくくなるはずです。

 

あなたの強み、特性をフルに生かしてポジティブワードをストックしていい流れを
作ってみることを少しづつでもやってみてませんか?

 

波もあり時間もかかりますが、今よりは生きやすくなると思います。