判断力を上げるためにも睡眠をしっかり取るのは重要!睡眠ひとつで心身に与える影響が変わってくる!

・あなたは睡眠をしっかりとれていますか?寝起きにスッキリ感はありますでしょうか?

 

もし、寝つきが悪い、夜中、早朝に目が覚めて眠れないということが続くと寝起きも
悪くなるでしょう!

 

よく寝たと思っても昼間はなんとなくだるくすべきことが捗らないということであれ
ば生活のリズムや入眠に関して何か見直す必要があると思います。

 

神経質でクヨクヨと考えいろんなことが頭をよぎり(悪い癖)寝つきが悪いというのは
私もよくあり課題のひとつです。

 

そういう日の日中は物思いに耽り悶々としてることが多いです。

 

睡眠の質ひとつで生活の質を低下させるのは十二分理解しているつもりでもやはり
私自身は体感覚では理解していないのかも知れません。

 

ここでは少しでも眠りをよくするための方法をご紹介いたします。

・睡眠はメンタルの安定にも多少は寄与する

しっかり寝るということは精神のバランスをとる上でも重要です。もちろんもともとの
過敏な性格などの気質があるのでしっかり寝ればこれで解決という訳ではありませんが。

 

しかしながらしっかりと睡眠をとることで成長ホルモンも分泌されて、ターンオーバー
も年齢相応に維持することができます。

 

補足としてターンオーバーとは新陳代謝というふうにイメージしてもらえばいいで
しょう!肌に古くなって堆積にしてる角質などを輩出して新しいものへ入れ替える
という感じです。

 

寝不足で悶々としているときがあれば、どうでしょうか?

 

鍵の施錠確認ひとつにしても、寝不足だと確認という行為ひとつとってもアタマは
ボーっとしてしまい余計に不安を冗長してしまいます。

 

そういう意味でも寝ることは大事です。また昼間でも仮眠できる環境であるならば
積極的に仮眠する方がいいでしょう。

 

PCチェアーに座ったまま20分ぐらいの仮眠は脳疲労を緩和してくれるようです。

 

ただ、仮眠でも個人差などはあるでしょうが1時間以上も寝てしまえば夜中に寝れない
ということもあるかも知れないので。

 

短い仮眠を2回ぐらいするのがいいと思います。

 

また、眠いと行って夕方以降にはコーヒーを飲み過ぎると寝つきが悪くなるようです。
これは研究でカフェインは摂取してから排出されるまでに2~10時間ぐらいはかか
るようです。

 

なのでせいぜいランチタイムやカフェブレイクは2~3時ぐらいまでそれ以降のカフェ
イン摂取は控える方が無難でしょう。

 

・良質な睡眠のためには運動をする

仕事をしてるとその環境によってはジムに通ったり、運動することは難しいという場合
もあると思います。

なのでここでは手軽にできる方法を3つご紹介します。

 

まず仕事で忙しく時間に制約がある場合には運動しようと思わずに何かのついでに
 負荷をかけるなどが望ましいと思います。

 

①オフィスではエレベーターを使わずに階段で移動する

②帰宅時は駅ひとつ分で歩く

③時間に余裕があれば15~20分ぐらいで40℃ぐらいの温度で半身浴をする

 

エレベーターを使わず階段を使うのは思ったより運動になります。駅などの階段でも
あと何段で〇〇カロリーなどという表記ありますね。

 

また、仕事から家へ帰るときは大人の足でだいたい15~20分ぐらい駅ひとつ分
を歩くというの運動になります。

 

そして、半身浴は血行をよくして入眠しやすくしてくれます。

 

これらは他の記事でも紹介していますが、仕事では忙しい場合は無理なく続けやすく
することが重要です。

 

・しっかり寝れてるときはなんとなく気分が違うと感じる

私も寝れない、夜中や朝方に起きてそれから寝れず日中を悶々として過ごすということ
があるのですが、しっかり寝れている日は精神の安定度が違うように感じます。

 

鍵の施錠ひとつとっても、しっかりと寝れているときは不安や心配度がまったく違う
のです。

 

そして、寝不足のときはイライラすることでも、寝れているときは同じような事柄でも
イライラ度が低いと感じます。

 

また私の場合は温度や湿度など天気によって精神の安定が左右されることが多いので
この辺は課題なのですが、寝ることや寝れる環境に部屋を整えることは大事です。

 

私は体脂肪6%ぐらいで、これはプロボクサー並みのようですが、脂肪が少ない分夏場
でも寒さを感じることが多く寒いというのはかなり身に応えます。

 

私のように冷えがひどく悩んでいらっしゃる場合はプロテインを摂取をしたり、身体
を冷やすような物は控るような工夫も必要です。

 

前項で出てきたコーヒーなどは身体を冷やすので生姜湯など温める物を摂取することも
大切です。

 

砂糖の多いスイーツが好きな場合は身体を冷やしてしまいます。

 

なので自然の甘味のさつまいもなどを少量食べるなどするといいでしょう。
さつまいもも食品からすると身体を冷やす食品ですが、砂糖よりはマシです。
また栗やかぼちゃ、ナッツ類などを少量食べるのがいいと思います。

 

もちろん精神の安定のためにはバランスは大事なので、ときにスイーツを食べることで
ホットできるならそれを取り入れるのもいいでしょう。

 

私もチョコレートは大好物なのですが、カカオ80%ぐらいの物はよく口にします。
100%を食べることもあります。

 

これでも日常的に砂糖てんこもりの缶コーヒーと菓子パンを朝食昼食兼用という多くの
現代人よりはよっぽどマシなはずです。言い訳かも知れませんが?!

 

また、私の場合食品添加物も意識して選んでいます。カカオ分の高いチョコレートは
添加物などが少なくポリフェノールも高いの抗酸化になり多少なりとも健康?!に寄
与するのではと考えています。

 

クヨクヨ考えすぎて寝れない!神経質な几帳面タイプの人が寝れるようにする対策3選!

・クヨクヨしたり悶々と思い悩んで寝れない!先ずそういう自分を認めてあげてください。あなたが心が文句をいいます!

日本人は一般的に真面目な民族という風に他の先進国では認識されているようです。

 

しかしその中でも神経質なタイプな私たちは余計に考えてしまい睡眠のバランスを
よく崩すということもあると思います。

 

私も疲れているのに、何かに取りつかれたように思考が止まらなくなり寝れなく
なり更に朝は早く目が覚めてしまい、そこからまた寝れずに昼間はだるい気分で
過ごすなんてことはよくあります。

 

寝れないというのも、対人関係で悩み寝ることができない、学校や仕事のストレス
を抱えているなど。

 

枚挙に暇がありませんが、この記事では神経質気質の人が寝れるようにするための
対策を3つ順を追ってお伝えいたします。

 

・良質な睡眠の前にそもそもなぜクヨクヨ考えてしまうのか?

日本人は欧米諸国に比べるととりわけ自己肯定感というのが低いというデータが
あります。

 

自己肯定感とは簡単にいうと自分を認めることができないということです。
これが低いと何事も自分をほめることはせず否定ばかりする傾向が強くな
ってきます。

 

私が思うに過去のことに固執して悩むという事をし過ぎてしまうのことは、自己
肯定感が低い人が多いというのも要因のひとつだと思っています。

 

ではなぜ自己肯定感が低い人が多いのか?
更に掘り下げていくと、

 

日本の教育、慣習などが原因してるのかと考えています。

 

高度成長期の日本の教育というのは皆が皆画一的な人間を機械のように教育する
という風潮がありました。

 

それは、良い学校を卒業して、良い会社に入社して、結婚して家庭を築くという
という画一的なものです。

 

しかし、よく考えれば当たり前の話ですが全ての人間がこのような人生を望んで
いるのではありません。

 

もちろん、このような時代に、このような生き方を求められ適応でき幸せに生き
た人もいたでしょう。その一方でこのような生き方が合わず少しでもはみ出てし
てしまう人もいるはずです。

 

少しはみ出してしまえばそれは日本社会では間違った人生というようなレッテル
を貼られてしまいます。

 

良い学校を卒業して、良い会社に入社して結婚して家庭を築くという価値観こそ
が正しいと教育で植え付けられていたという問題があります。

 

そして、そこから派生して日本はなんでも時間もキッチリしていて、ルーズな
ことは許さないという風潮があります。

 

それは電車やバスの時間などは分かりやすい例えでしょう。
天気や災害、交通状況などでダイヤが乱れることはありますが、基本的に
定刻通りの運航です。

 

しかし、アメリカなどに行くとバスなんかは遅れるのが当たり前で運転手が降り
てタバコを吸っていたり、コンビニ行ってしまうという光景を見たことがありま
す。

 

でも、乗客は誰も文句言わないんですね。日本でこれやると大変な問題に
なります。

 

このようにキッチリとし過ぎるあまり堅苦しい環境で生きていて、且つ元が真面目
な人は他人が問題視しないところにも過剰悩みクヨクヨする気質というのを助長し
てしまうから自己肯定感も余計に低くなると私は思います。

 

・①ここちよい入眠をさそうためには運動

運動は他の記事でも書いていますが。ここではウォーキングをご紹介
いたします。

 

ウォーキングはあまり運動に馴染みのな人にも生活に取り入れやすいから
です。

 

1日15~20分のウォーキングです。ウォーキングなどの軽い運動でも
自律神経という人間か自らの意志でコントロールできないものを整えてく
れます。

 

自律神経には交感神経と副交感神経というものがあり、前者は活動モード
後者はリラックスモードに働く神経という例えばわかりやすいと思います。

 

一般的に交感神経は朝、から上がりはじめ昼から夕方に下がってきます。
逆に不交感神経は夕方あたりから優位になりはじめます。

 

しかし、寝れないという状態は夜に交感神経が優位になっていると考えら
られます。

 

夜に不交感神経を優位にするためには昼間のデスクワークの場合だけだと
バランスを取りにくいです。

 

なので昼にランチに行くときには積極的歩いたり階段を使うことなので
入眠のしやすさに寄与してくれるはずです。

 

・②自然と触れ合う

時間に余裕があるときは森林浴や自然の多いところをウォーキングするの
はそれなりに睡眠にいい影響を与えてくれるでしょう。

 

というのも人類は自然にはぐくまれて生きているので、私たちのDNAには
それが少なからず残っていると思うからです。

 

人によって触れ合い方は各々違うでしょう。バラが好きな人は自宅の庭を
バラ園のようにしている人もいます。

 

観葉植物なんかも部屋に飾るだけでも癒しがあると思います。

 

私は虫がイヤなので森林などには積極的に行きませんが、その木々から抽
出したアロマの天然の香りは好きです。

 

私のように虫嫌いでもアロマで自然と触れ合うことはできます。
また、人によっては熱帯魚なども心地よいのではないでしょうか。

 

リラックスできると眠りやすくなります。

 

・③学ぶこと

学ぶということは何も学校のお勉強だけではありません!

あなたの興味、関心のあるもので趣味やオンラインで学ぶイーランニング
的な物何でもいいので、ご自身に向いてそうなことを見つけるというのこ
とは精神的に豊かにしてくれる要素もあります。

 

心配や不安ばかりではどうやってもバランスは取りにくいものです。

 

・もっともっと自分をほめてあげる習慣をつけよう!

 

先述したように日本人は自己肯定感が低いという人が多いのですが、これは意識して
ほんのちょっとしたことでも自分をとにかくほめる、ポジティブな言葉を言うことを
繰り返すことが大事だと思います。

 

私たちは教育で洗脳されているので、意識的に自分自身をほめてポジティブワードで
身を固めましょう。

 

こんなようなことありません?

 

あなたが職場で部署の上司から部署内で親睦を深めるという目的で何か行事を企画
してほしいとある同僚と二人で企画することになったとしましょう。

 

何か企画するということは意見を出し合うことなので、相手を否定する気は全くなく
ても相手のアイデアはついつい本音でこれはダメじゃない?

 

とか、あぁ、言っちゃった!と後でクヨクヨと悩むかも知れません。
でも新しい企画を作る過程でアイデアを出し合う段階でよくあることですよね。

 

0から1を産み出すのですから当然です。

 

ここでクヨクヨ悩むのでなくて、

「普段本音なんて言えないけどこういう企画を回されて自分の意見を率直言う機会が
あってラッキーだ!」

 

とこういう風に自分自身を肯定することを蓄積していくことでクヨクヨするという
ストレスにも免疫をつけてくれます。

 

ネガティブになってもいいんです。ネガティブになっても何度も何度も繰り返してい
くことが大事です。