潔癖症の人が遠出、泊りがけで外出先のトイレを使用、大便するときのコツ

・潔癖で外泊が必要なときにあなたはトイレで困ることはないですか?

 

潔癖症の人が遠出、泊りがけ、出張、あるいは旅行などする場合には避けて
通れないのがトイレ問題ですね。

 

トイレは潔癖症の傾向がない人でも、直接便座に座れないという人は珍しく
ありません。

 

普通の人ですら、便座が気持ち悪いと感じているぐらいなので私たち潔癖
の傾向があればなお更気持ちが悪いですよね。

 

ただ、潔癖症の人でもトイレの便座に座ることができるという人もいて、
この辺も同じ神経質気質で同じ潔癖に属する人でも何に嫌悪感、何に不
安を感じるか、何に反応するかは人様々なのですが。

 

私はかなり便座はかなりキツイです!!!!!

 

ここでは泊りで遠出したときの私なりの便座の使い方をご紹介します。

 

私よりトイレに嫌悪感を感じてる方は参考にならないかもしれませんが、私が考
えた代替策も取り上げてみたいと思います。

 

 

 

・排泄は生理的現象なのでどこかで折り合いをつけなければいけない!!

 

当たり前の話なのですが、ヒトを含む動物は排泄をします。

排泄することをなぜ?と真剣に考える人はあまりいないでしょう!

 

喉が渇けば水を飲みます、お腹がへれば何か食べます。
飲んで食べた物どこに溜まりますか?

 

水は膀胱に、食品として食べた物は基本的に小腸から大腸に溜まるようにできて
いますね。

 

これら排泄物を我慢できると仮定した場合にずっと出さないままにしていると
どうなるでしょうか?

 

言うまでもありませんが、バーストしてしまいます。

 

風船恐怖の私が風船の例をあげたくないのですが、空気を取り込み膨らむ風船
が空気を取り入れるキャパ(ゴムの強度)を超えて空気を取り入れたら破裂しま
すよね!?

 

カラダも同じことが言えます。

 

なので、潔癖傾向がありトイレに嫌悪感を感じる場合遠出した時にはお手洗い
の際は個々で工夫が必要なのです。

 

 

・便座シート単品で使わない方がいいワケとは?除菌シートも併用しよう!

 

便座シート、もちろんここで言っているのは使い捨ての便座シートのことですが、
これだけだと実に汚らしく感じるのは私だけでしょうか?

 

女性の方にはわかないこともあるかも知れませんが…

 

私は男性で小便のときは外出先ではもちろん立って用を足すのですが、泊りで出か
けるとき大便の際は宿泊先のホテルの部屋内のトイレで座って用を足すことになり
ます。

 

男性の場合自宅では小便の場合座って用をたしても外出先でわざわざ座って用を
たす人はほとんど皆無じゃないかと思われます。

 

となると男性が外出先で便座シートを使う場合は大便のときのみということになる
はずです。

 

で、これ何が問題かと言えばトイレに流せるぐらいの便座シートですから、水分に
弱いのです。大便のときは小便のときより長く便座に座ってる時間も長くなります。

 

お尻が少しでも汗ばんでくると便座シートが破けたり、破けないまでもお尻張り付
いて排泄物を拭き取りの際には拭きにくくなるということがあります。

 

特に普段使っている自分の家のトイレではないので汚いという思考が働き、勝手が
違い、環境も違うので緊張して汗をかきやすかったりするのです。

 

個人差もあり、性差もあるので何とも言えませんが、一般的に女性より汗腺が多い
と思われる男性はこの点気を付けたいところです。

 

なので、除菌シートを用意した方が絶対少しは安心できるのではずです!!

 

また、どうしても自宅の便座以外には座れないという場合はアウトドアや防災
グッズ用品である段ボールの組み立て式の簡易トイレです。

 

持ち運びには少し嵩張りますが安心できるはずです。

 

 

・外出先ではウォシュレットは使わない方がいい!?

私は外出先のホテルのトイレではどんなに掃除が行き届いているホテルであっても
ウォシュレットは使いません。

 

ハッキリ言って気持ちが悪いからです!!

 

私なりの思考ですが、大便しながらウォシュレットをしてる人がいるとすると
このノズルは肛門の下辺りで水を出してることになります。

 

ここで、勢いよく下痢をした人がいたらどうなるでしょうか?ノズルに排泄物が直撃
することになります。

 

ゾッとしますよね………

 

ホテルの中にはウォシュレットのノズルまで丁寧に清掃してるというところももしか
するとあるかも知れません!?あったとしても気持ち悪いですが…

 

なのでお尻ふきシートを持参するのが望ましいです。

 

そして、女性の場合ビデを使う場合気を付けていただきたいのは膀胱炎などに罹患しや
すいということです。

 

これは男性とは性器の外形上の違いにより尿道が短いため細菌、大腸菌などが膣内に入
りに感染しやすいからです。

 

 

 

・そもそも自宅のトイレでもお尻をあげて用を足してる人はどうすの?

自宅のトイレで自分しか使う人がいないのに、個人の理論で便座に座れないという潔癖
の方もいらっっしゃいます。

 

こういう場合の対策としてトイレシート(ペット用、大型犬用)や介護用品、防災用品を
で使いやすいものを利用するというのがいいでしょう。

 

そこで予め100円ショップなどえ桶と厚手のゴミ袋を用意しておき、ゴミ袋にかぶせ
てその中にトイレシートを敷用を足すという方法です。用を足したら凝固脱臭剤を入れ
て処分するという流れです。

 

 

この方法だと和式便所のようでお尻は触れることはないので自宅で用をするのに近い
ものが再現できます。

 

処分する場合はホテルの清掃員に不審なゴミ袋は渡しにくいでしょう?!
ホテルの共用トイレのゴミ箱にオムツなどにくるみ捨てるのが望まし
いと思います。

 

 

ここで、危害を他人に加えたのではという?傾向のある方は自分の排泄物で他人に何か
を感染させてしまうのではという考えが頭をよぎるかもしれませんが、トイレにはオム
ツ交換台があるところもありますね。主に女性のトイレになると思いますが…

 

 

そう考えると、少し乱暴な言い方になりますがオムツ交換をしてそれを捨てた親御さん
はあなたに感染させてしまうかも知れないということについて思ってもいないし、思考
すらしていないのです。

 

 

逆に純粋に潔癖傾向が強いのみで自分の排泄物を持ち歩くこともできないという場合は
ホテルを出る日の朝まで部屋の隅に置いておくのが現実的でしょう。

 

このへんは工夫次第ですね。袋に閉じて部屋の隅に汚物の袋を移動することもダメな
場合は必然的に部屋の隅で用を足すということになります。

 

 

・私がホテルに泊まったときのトレイの掃除手順と方法

私がホテルに泊まる際には、先ずトイレ以前に人が多く触れるドアノブやエアコン
のスイッチ類などはじめ、人が触れるだろうと思うところを除菌します。

他、引き出しの取ってや冷蔵庫の指をかけるためのくぼんだ取って口、そして
テーブルと椅子除菌します。椅子はエタノールでスプレーします。

 

そして、トイレも同様に先ずは洗面所のドアノブを消毒して、続いて電気の
スイッチ類を消毒してます。

 

次に洗面台の水の蛇口、ハンドソープ、トイレットペーパーは何回か回して自分
しか触れてない状態にしてから、ペーパーホルダーのステンレス部分裏→表の順
に消毒していきます。

 

そして、ペーパーホルダーのステンレスの裏側は自分で消毒しましたが、トイレット
ペーパーはステンレスを消毒する前に触れてしまっているので、再度キレイな状態の
ペーパーを表面に出るようにするためもう一度巻き取ります。

 

で、ここから更に神経を使うところです。

 

トイレ本体です。

①水栓レバーを消毒します。

②トレイの便座の蓋の表を消毒します。

③トイレの便座の蓋の裏を消毒します。

④トイレの便座の表をエタノールをたっぷりと浸して2回丁寧に除菌します。

⑤トイレの便器の外側のフロント部分の陶器の部位(自分が着座したときに触れる
 可能性のある部位)

⑥床を除菌します。

⑦一度手を洗います。(このとき水は出しっぱなしにしておく)

⑧再度トイレの便座を丁寧に除菌します。

⑨また手を洗います。

⑩この流れでアメニティー類など自分が使いそうな物を消毒して手を洗って終了です。

 

人によって嫌悪感を感じるところ、こだわるポイントは全く違ってくるのであなた自身
でリスト化しておくのがいいと思います。

 

チェック項目が増えれば増えるほどに神経を使い、疲れて気も抜けてしまいますので、
リスト化して見ながら掃除することをおすすめします。

 

潔癖症の人がホテルなど外の環境で泊まらなければいけないときは自身が嫌悪感を感じるところを洗い出し持ち物をリスト化!メンタルに負担がかかりにくい方法をお伝えします

・潔癖がひどくホテルや旅館に泊まるときは部屋内を把握しましょう!

出張などでホテルに泊まらなければいけないようなときにに潔癖があると環境が変わる
上に神経を使うのでメンタル的に疲労しやすいですね。

 

先ず、出かける日程が決まり可能であれば自分で宿泊先を決めるようにしましょう。

 

自分で決めることでHPの部屋内の画像で勝手をおおよそですが把握しやすいからです。

 

また、自分で決めることもできないこともあるでしょう。そういう場合でもHPがあれば
画像等で部屋内を確認してみましょう。

 

こういうことを知ることで宿泊すると多少なりとも気持ち的に挑みやすくなります。

 

あなた自身が外のまったく知らない環境で外泊するということで何に嫌悪感を感じるか、
何にトリガーを感じるかを再認識もできると思います。

 

先ず、ご自身を思い浮かべていただければと思います。

 

事項からは外の環境で宿泊する際の心得や、あなたに必要な持ち物を認識するための
方法をお伝えします。

 

・平時から気になる汚い物に対する嫌悪感よりも最悪の物事を想定していた方が気が楽になります。

あなたが日々の生活で汚いと嫌悪感を感じるところはいくらでも即答できると思います。

 

しかし、環境が変わり勝手が替わるとそれ自体がストレス要因になることにもつな
がります。特に神経質気質の人は寝れないなどということはよくあることですね。

 

勝手が替わり環境が替わることで、自身が決めている手順やマイルールや深層心理にある
ものにも影響されてしまいます。

 

このようなことからも先述したように宿泊先のホテルや旅館のHPで部屋の画像を把握して
おくことは大切です。

 

そして、画像で確認することでいろんことがイメージしやすくなります。

 

画像で確認することで日頃から嫌悪感を感じること以上に使い勝手の悪さからストレスに
よる確認行為や気持ちを安定させるための繰り返し行動なども増える可能性もあります。

 

そして、普段感じないところに嫌悪感を派生させてしまい、更に出張先から帰宅した際
にも新たなトリガーが作られることもあるのです。

 

後述しますが、帰宅してからの洗濯の手順や消毒などでも神経を使うこともあるかも知れ
ません。

 

しかし、

 

あなたにとって考えられるケースを洗い出すことで、帰宅するまで、帰宅してからの精神
にかかる負荷をできる限り少なくすることもできます。

 

・宿泊先では持ち物をリスト化すべし!

あらかじめHPで宿泊先の部屋内の画像を確認できたら、持ち物をリスト化することをおすす
めします。

 

それは前項からお伝えしてるように、あなたにとって嫌悪感を感じる物やトリガーになる物
を基準に、更に欲を言えば新たなトリガーを作り出してしまう可能性がある物に対する対策
のためです。持ち物をリスト化するのが賢明です。

 

例えば、潔癖の人にわかりやすい例として少し長くなりますがお付き合いいただけると
有難いです。

 

普段からトイレに嫌悪感を感じる場合(私もですが)ですが家で大便をするのと、外の環境で
大便をせざる得ないのでは全く環境が変わることで全く気分も変わり、ストレスや緊張も強
いものとなります。

 

不特定多数の人が使うホテルです。清掃は清掃員によって毎日されていますが、掃除の仕方
も実際に自分で見てないので清掃員がどのような手順でどうやって掃除をしているのかわか
りません。

 

ホテルの規模にもよりますが、客室数が多ければ清掃員も多いと思いますが、清掃員1人に
割り当てられる客室も多くなると思います。

 

清掃員はだいたい地元主婦のパートタイマーなど多いと考えられ、決められた時間で清掃を
するということになるはずです。

 

そうすると、一部屋あたりにかける時間や掃除箇所は研修などで決められマニュアル化され
ていると推測されます。

 

率直に言うと手抜き掃除と言わざるえない状況です!!

 

ポイントを押えた手抜き掃除なので、見た目重視とならざる得ないでしょう。

 

トイレ本体をどのように掃除しているかなんてわかったものではないのです。
トイレ本体を掃除する場合多くの人は簡略化しますが、

①便座

②タンク

③便器

などおおまかですがキレイなところから、汚いところという手順を踏むはずです。

 

清掃員もわざわざ汚いところから、キレイなところというような掃除の仕方はしないと
思いますが、時間効率の点からそのような場合もあるかも知れません。

 

もし、便器からタンク、最後に便座という場合には便座もばい菌だらけということになります。

 

しかし、問題なのは見た目はキレイなのです。私たち神経質気質の潔癖な人たちはこのような
ことをとかく気にします。

 

このようにイメージすると、

 

必要な物をリスト化すると

 

・便座クリーナー、更に言えば無水エタノール
・便座シート
・トイレの床に敷くタオル
・ウォシュレットも気持ち悪い→おしり拭き
・ペーパーホルダーを触りたくない→トイレットペーパー
・バストイレに触れるのが気持ち悪い→消毒ウエット
・使い捨てビニール手袋

 

人それぞれ持ち物は変わってきますが、このようにイメージしてあなたに必要な物をリスト化
すると必要な物がわかりやすくなります。

 

持ち物は、ドラッグストアを探しておくか、予めホテルに備品を送るなどですると気持ちに
余裕が生まれるはずです。

 

ホテル客室内でもマイルールで掃除の手順をリスト化するのもおすすめです。

 

・帰宅してからの雑用を減らすためには宅配クリーニングサービスを利用して疲労軽減

出先で出して、指定先で受け取れる宅配クリーニングサービスに関してもしあなたがこれに
嫌悪感を感じないのであれば利用するのがいいでしょう。

 

汚いと思われる洗濯物を持って帰宅するというのは後で処理するのに手間や時間、労力も
かかります。

 

先述の例のようにトイレで大便をする際に尻を浮かさない限り、便座に座らざる得ないの
で滞在日数が長ければ長いほど必然的に大便をする回数は増えることでしょう。

 

ちなみに余談ですが、肌着は使い捨てのパンツ(トランクス)でいいと思います。

 

ダイソーなどでも売っています。私はどこかに泊まるときのためにダイソーの使い捨て
肌着をコスメポーチと一緒にセットしてあります。

 

ただ、ダイソーの肌着はM、Lあるはずなのですが、店舗によってはLしかないということも
あります。私の場合Lを使うとゆるいです。サイズはできるだけご自身に合う物を選んだ方
がいいです。

 

話が少しそれましたが、

 

帰路につく際に洗濯物を持つなり、自宅に送るなりしても自宅での処理が大変になります。

 

そこでもしあなたがクリーニングに抵抗がなければこれを利用するのがおすすめです。
出先で汚れ物を出して自宅などで受け取ることができます。

 

詳しくは⇒【ネクシー】宅配クリーニング

 

・ホテルの寝具交換について思うこと

この記事でも書いていますが、ホテルの清掃員の仕事はだいたい地元の主婦のパートタイム
の人が清掃の仕事をしています。

 

ハッキリ申し上げて失礼ですが、生活のために時給○○円という雇用形態でやっている仕事
ですから見た目が何となくキレイだった寝具の交換もないのではないか?と思ってしまうこ
ともあります。

 

寝具の交換ですが、だいたいホテルの寝具はパリっとアイロンがかかっているので、使用
すればすぐにシワが出るので交換するとは思うのですが…

 

その交換するときにどうやって交換してるかまではわからないですね。

 

シーツを交換するときにはどうするのでしょう?
布団を床に置いてるかも知れません。

 

ツインなら交換中に空いてるベッドに布団を置くことができますが、シングルの時にはそう
もいきませんね。清掃員も忙しく時間勝負で回しているところも多いようなのでデスクや椅
子があっても床に置かずそこにわざわざ一時的にかけるなんて時間にロスがでるようなこと
はしないと思うのです。

 

バスタオルなども清掃の過程で便座付近に置いてるかも知れないのです?!

 

グラスにしても、清掃員の清掃中のばい菌だらけの手でささっと洗って水滴だけ拭き取って
るかも知れないのです。だけど見た目はきれいに見えるのが問題なところです。

 

電気ケトルだって、自分の前に宿泊している人がいたずらして尿など入れてるかも知れない
のです。

 

もし汚れていたとしてもフロントはしっかり清掃しています。ということを言うでしょう!
でも清掃員のやってることなんて各々忙しく見ることもないでしょう!

 

こういうことを考えてしまうのでホテルに泊まるときはホントに大変なのです。

 

やはり前述したように自分自身が必要な物をしっかりとリスト化して必要な物を持参するのが
衛生を保ちメンタル的な負担軽減することができる唯一の方法だと思っています。