「戸締りを気が済むまでしなければいけない!」という厳格なマイルールに設定してみよう!人間自分で課したことでも強制するとイヤになる!

・過剰な確認で苦しんでいるなら限界か?!倒れるぐらい徹底的にやってみる!

あなたも鍵の施錠確認はじめ日常で起こる様々な確認行為に日々追われていると
思いますが…

 

ここでは逆説的に捉えて徹底的にやってみるのもひとつの方法だと思います。
もちろんケースバイケースですが、敢えてしなければいけないという風に強
制的に義務付けてみる方法のご提案です。

 

なぜ、したくないのに脳の飛躍しすぎた思考のせいでせざる得ないのか?
ではこれを逆説的にとってみましょうということです。

 

これを逆説的に捉えると「確認をしたいから、しなければいけない!」
と無理矢理こじつけてみましたが、語尾を「しなければいけない!」
にすることです。

 

この「しなければいけない!」を徹底的なルーティンのように組み込むことです。
「はぁ?オマエは何をおかしなこと言ってるんだ?」と聞こえてきそうですが…

 

事項からはこの逆説的な理論などをお伝えしたいと思います。

 

・人間強制された途端好きな事だとしてもイヤになる!だったら困ってる過剰な確認も強制してみよう!

人間は強制されると好きなことだとしてみ気が滅入るものです。小学生や中学生
に「マンガやゲームをするな!」と言ってもこそこそと隠れてでも自発的にする
と思いますが、「勉強をしろ!」と言ってもする人は少ないでしょう。

 

好きなことは隠れてでもしますが、好きじゃないこと、興味がないことをするため
には重い腰を上げて挑まなければいけません。

 

だから、やりたくないことこそ細分化して綿密に目標を立てる必要があるのですが。

 

じゃあ、

 

「今日はゲームを12時間とマンガを6時間で100冊読まなければいけない」
とノルマを課した途端に好きなことでも強制力が働きイヤになるものです。

 

そこで過剰な確認に於いても

 

「毎回鍵の施錠確認で2時間ガチャガチャと確認し続けなければいけない!」
「10日に一回鍵のシリンダーが壊れて交換するのを目安に施錠確認をしなければいけない!」
「帰宅したら毎日シャワーを5時間必ず浴びなければいけない!」
「毎朝必ず1時間かけて歯を磨かなければいけない!」

…etc

各々いろいろ出てくると思いますが、強制してしばりつけてみることで逆にイヤに
なるはずです。

 

・「〇〇しなければいけない!」というハードなノルマの組み込んだ方がいい!

「○○しなければいけない!」というのをToDoリストように細かく日常生活に
組み込んで且つ敢えてハードな設定にしてみましょう!

 

なぜハードな設定の方がいいかというと人間「ホメオスタシス」という機能が
あります。これは早く言うと寒くても暑くても体温が乱降下しないためのよう
な機能です。

 

これがあるから、私たちは生命を維持することができます。
そしてホメオスタシスは急激な変化を嫌います。反発しようとするのです。
だから、寒くても暑くても体温をなるべく一定に保とうとしてくれます。

 

だったら、ホメオスタシスもうまく活用するのがいいと考えています。

 

あなたが今鍵の施錠確認に30分かかっていたらこれをいきなり2時間施錠
確認をしなければいけないに4倍に増やすのです。

 

そうすとホメオスタシスとしては、辛くなってくるのです。4倍の時間をかけ
て、しかもノルマとして強制しているので。

 

無理と思うぐらいの設定に気合と根性で挑んでみましょう!
ストイックにどこまでできるか試してみるといいでしょう。

 

・「〇〇をしなければいけない!」を利用して挫折や自己嫌悪に陥ることはない!

「○○しなければいけない!」と過剰なまでの確認や手洗いなどを時間や回数で
事細かくノルマとして且つハードなメニューを強制することに気合と根性を入れ
てやっても失敗しても挫折することはありませんね。

 

あぁ、自分はなんてダメなヤツなんだとクヨクヨと悩みだして自己嫌悪に陥る
こともないはずです。

 

むしろこの方法を取り入れて確認や手洗いにかかる時間が少なくなるかも知れま
せん。

 

時間が短くなると「あぁ、よかった少しラクになった」と思うかもしれません。

 

事細かく紙に書いたり、ハードなノルマを壁に貼ったりすることで余計にイヤ
になるので逆説的やってみてはいかがでしょうか?

・知識をつけると神経質気質も扱いやすくなる!

私は物心ついたときから、外のトイレを使えない(便座)などに始まり成長と共に
菌など気にしたりしなが生きてきました。

 

根本は今でも変わらないのですが、それでも何か学んで自分の中に落とし込むと
いうことは大事だと思っています。

 

こういうときはこうするなどデータの蓄積もありますが、何か学んでいるとそれ
をどうやってその知識を生かして応用するかなどを考えようとするからです。

 

神経質の人は考えすぎなどと言いますが、この考えるは主に悩んで先に進まない
状態で私がここで言っているのは前進するために考えるという意味です。

 

八方ふさがりでも少しでも前進しながら生き方を模索する姿勢を持つことは大事
だと思っています。

 

このようなことを書くと上から目線のように聞こえてしまいそうですが、その
ような意図は全くございません。誤解を与えてしまったら申し訳ありません。

 

あなたなりに何かひとつでもヒントをつかんでいただければ幸いです。

 

「確認行為がイヤ!」<「普通の生活をしたい!」この気持ちが勝っているなら覚悟を持って挑むのもあり!

・苦しい確認行為から解放されて、ゆったりとラクに生きませんか?

日々日常のルーティンの中でも繰り返し起こる確認しないと気が済まない衝動の
せいで生活の質が低下するのは

 

「もうイヤだ!!」

 

と感じていたら覚悟を持って快適な生活を取り戻すことも必要です。

 

これにはリハビリ的?な要素もありかなり辛いのですが、あなたはこれから先も
日々生き地獄の中で生きて行きたいですか?

 

もしこれから自分らしく快適な人生を送りたい、または取り戻したいとお思いなら
あなたの改善させたいと思うことに挑んでみてはいかがでしょうか?

 

もちろん、挫折するかも知れませんが、そのときはまたチャレンジすればいいのです。

 

しかし、今はまだその段階ではないとご自身が思われる場合はこの記事ではなく気の
持ち方に関する記事
をお読みいただいた方がいいです。

・脳が誤作動を起こしている!そのときは気持ち悪いけど先をイメージして!時間の経過で緩和される!

日常のストレスや生活環境などから確認等の行為で悩まさられるようなり現在に
至っているのであれば、普通に生活していたときの記憶を忘れていたとしても何
度も確認しないことを再学習すれば6カ月ぐらいあれば何とかなると思います。

 

一方もともと神経質傾向のある場合で物心ついたときから確認などをしていると
なかなか確認しないということは難しいです。1年かかるかもしれませんが、あ
きらめずにトライ&エラーをしながらも続けることです。

 

しかし、何度も何度もトレーニングすることで確認回数も減っていくはずです。

 

両者はともに言えることですが、時間の経過によって「あ、大丈夫かも?!」と
思えてくることがあるものです。

 

一進一退、一進二退ときには一進三退するようなこともあると思いますが、この
「あ、大丈夫かも?」という感情を少しでも持てると波はあっても良いサイクル
に乗りやすくなります。

 

また、ストレスや強いときや急いでいるとき、場合によっては天気などの影響でも
確認をせずにはいられないという衝動に駆られると思いますが。

 

確認してしまってもクヨクヨせずに、

 

「今日はイライラしてるしいいか!」

 

と自分を認めることも大事です。

 

そして、先述したように「あ、大丈夫かも?」という感情を持てる時間を多く持てる
とじゃあ、次はもう少しハードルを上げてみようと負荷をかけることもできるように
なってくると思います。

 

少し先の光景をイメージできるようになるとあなたは確実に前進しています。

 

・道半ば心が折れそうになるのはあなたのせいではない!「ホメオスタシス」という生理的機能がそうなっている!

確認をしない覚悟決めても確認したくなるものです。特に疲れやストレスが溜まると
確認行為がこれらを解決しようという思いがあるからか止まらないという現象に悩ま
されることもあるでしょう。

 

でもこれは人間に備わっている機能です。「ホメオスタシス」という人間が生きていく
上でも生理機能を維持するようなものです。

 

それは暑くなれば発汗させて熱を逃したり、寒くなれば血管を収縮させたり、血圧も
状況に応じて刻々と変化しますね。心臓だってそうです。

 

ホメオスタシスが機能してるから私たち人間は気候の変化にも一応は対応できるように
なってるのです。

 

このようなことから、何か今までに習慣にないことを習慣化させることは身体は抵抗
を覚えるのです。

 

なので、

 

今まで過剰な確認という行為が習慣されてきているので、確認しないという習慣を作る
ためにはやはり時間がかかるのです。

 

一気にすべてを変えようとするとその反動で逆戻りしてしまうことがほとんどです。
おそらく99%ぐらいは一気にすべて変えようとすると逆戻りします。

 

これは生理的な機能の問題であなたには全く非はありません。こういうものだと思って
挑んでいただくのがコツです。

 

覚悟を持ちつつも1クール3週間ぐらいの単位でハードルを少しづつあげていくのが
続けやすいはずです。

 

・「ホメオスタシス」に流されないようにするためにはリスト化する

前項でお伝えしたホメオスタシスですが、あなたが日常の確認で一番困っていることや
トリガーになることは細分化してリスト化して計画的に挑むのがいいです。

 

人間具体的な目標じゃないと動けないからです。具体的にしないと曖昧になりまた元の
過剰の確認という状態にすぐに戻ってしまうからです。

 

例えば

 

鍵の確認で今まで30分かかっていたなら3週間かけて25分にします。
次の3週間で20分という風に少しづつハードルを上げていきます。

 

ここで気分の変化や体調で失敗することもあるでしょう。でも自分を責めずに続けて
行くこと少しでも短縮できたということが自信にもなります。

 

紙に書いて玄関のドアの内側に貼っておき、あなた自身もお守りとして同じものを持っ
て見ることも自己暗示にもつながります。

 

受験生の英単語のようにどこでも見られれるようにしていくのがいいでしょう。

 

・ホメオスタシス機能を使って私が手を洗わない、消毒しないということに成功した例

私は昔は買い物してきた物を冷蔵庫に入れるのに食毒していたことがありました。
これに関しては時間が膨大にかかるのと極度の疲労に陥るためしなくなりましたが…

 

その代わり買ってきた商品や冷蔵庫に入ってる物を手にしたときは手を洗い消毒を
するということを徹底していました。

 

ペットボトルの水を冷蔵庫から取り出して水をコップに入れる度にコップの外側を
消毒して手を洗い、手を消毒するというのが一連の流れでした。

 

梅雨時なんかは汗もかく量も多く、熱中症予防にも水分を多くとるので、必然的に
手を洗う回数と消毒する回数が増えるのです。

 

1セットだいたい10分ぐらいかかっていたのでで面倒なのです。

 

なので、私はここでホメオスタシスを利用してリスト可してハードルを上げていき
ました。

 

先ず、最初の3週間でコップの外側を消毒しないということをしました。
これもメモ帳を印刷して目につくところに貼っておきました。

 

やはり、最初は気持ちが悪いのですが失敗したときもありましたが、続けていき
「大丈夫汚くないと思う!」という何となく曖昧な感覚を持つことと時間の経過
で大丈夫と思えるようになりました。

 

 

次の3週間も同じように印刷した物を紙に貼りました。
「手を洗うけど消毒はしない」こんな感じの文言だったと思います。

 

そしてこれもなんとかクリアしました。

 

で、ここからなんですが冷蔵庫とペットボトルを触れる度にしばらく手は洗って
いましたがこれも洗わずに過ごせるともっとラクではないかと思い挑戦してみま
した。

 

このときも3週間で再度同じように
「冷蔵庫とペットボトルを触っても手を洗わない」というような文言を壁に貼り
挑戦しました。

 

ここまできてもやはり気持ち悪いのですが、細分化した2回の成功体験があるので
この先もなんとなくイメージができたのでついにクリアすることができました。

 

一度成功体験を積むとこれも、これにうまくいったということがあるのでこの点
に於いてもホメオスタシスの影響でまたいいサイクルができます。