コロナで潔癖気味!アルコール消毒が止められなくなった!もともとの几帳面な性格が原因なのか?

・コロナでアルコール消毒をする機会が増えた!神経質に拍車をかけている!ちょっと周りの人を俯瞰してみましょう!

世界的に蔓延しているコロナウイルスですが、手指の消毒用アルコールの設置
が個人経営の飲食店でも多く見られています。

 

まだ未知のウイルスとして有効な新薬の開発や治療法が確立されていないので
誰もが不安に支配されるのはおかしいことではないでしょう!

 

普通の人でも神経質になるのは至って普通のことと思います。

 

しかし、

 

もともと神経質気質で強く潔癖傾向があり几帳面な人であればあるほどこの消毒
行為はより強くなると思います。

 

でも、それぐらい意識が高い方がいいと私は思います!

 

こういうとき大雑把な人が気づきにくいとこまで潔癖で几帳面な人はもともと気
づけている部分の方が多いのでメンタル的にはいつもより大変ですが、実は大雑
把な人の方があたふたしているかも知れません?!

 

だってWHOとか厚生労働省とか公的機関は生活様式を変えることを推奨していた
りするのですから。

 

コロナ禍で私も含めてメンタルは落ち着かないと思いますが、今の状態のまま
少しでもラクに生きる方法をご紹介したいと思います。

 

・神経質な性格、気質の人が世界的なパンデミックでは強くなると思う!

前項でも触れましたが大変失礼な話で偏見も含むかも知れませんが、大雑把な
人や大雑把すぎる人は平時では生きる分にはほとんどストレスがないのではな
いかと思います。

 

しかし、

 

このようにコロナ禍で世界的なパンデミックという脅威にさらせれる状況下では
神経が図太いというか鈍感というか、小さいことにもともと意識がいきにくい人
たちは私たち神経質な人より感染者が増えると思うのです。

 

手洗いうがいの習慣がなかったり、手指の消毒をしたことがないなんて人も気に
しない人には珍しくないかも知れません?!

 

そして普段からマスクを着用するという習慣は多くの人は風邪をひいいたときや
インフルエンザが流行する時期などが一般的です。

 

もともとこのようなことが習慣化できてない上に、大雑把な神経を持ち合わせて
生活しているとこのパンデミックに合わせた※生活様式を強いられるからです。

 

いや強いられるというのは語弊があるかも知れませんが、世界的にコロナ対策に
ついて周知されているのでさすがに未知のウイルスに感染したくない大雑把は人
でも同調圧力によってこのような周知通りの行動を取るはずです。

 


厚生労働省が推奨している生活様式は

・ソーシャルディスタンス(人との距離)を2メートル、最低1メートル確保

・マスクの着用

・手洗いは30秒以上(水とせっけん)

まだまだありますが、もっとも身近なものだと以上のようなものです。

 

逆に私たち神経質気質で特に潔癖症の人は多くの人はWHO厚生労働省や推奨
する以上のことを平時からしている人が多いと思います。

 

また、手洗い、手指の消毒もひとつとっても潔癖症の人なりのやり方が各々
身についているのでパンデミックに強いと思っています。

 

不安や心配で過度に囚われてしまうのは私たち性ですが、この自粛期間中
少しでもホットできることに目を向けてみることをしてみるのもメンタル
ヘルスの問題としていいはずです。

 

・30秒?厚生労働省の手洗いの推奨時間が甘い

厚生労働省の推奨する手洗いの時間は30秒で水とせっけんをつけて洗うと
いうことを挙げてますがこれは短い気がします。

 

手洗いなしで残存ウイルス数が約1,000,000個と
15秒流水のみでウイルス数が約10,000個
ハンドソープで10秒で流水15秒で残存ウイルス数が約数百個

というように手洗いに関するデータがあります。

 

コロナウイルスはまだ治療法も確立されていない未知のウイルスなのでもっ
と長い方が個人的に安心できる気がします。

 

神経質気質の人はこの時間人によってさまざまですが、少なくても私たちは
30秒ということはないと思います。

 

また、厚労省が感染として挙げてる一例として手紙や荷物の表面では長時間
ウイルスが生存できないようです。

 

しかし、物種類によっては24~72時間ウイルスは生存できるようです。
ボール紙が最大24時間でプラスチックの表面では最大72時間と公表し
ています。

 

手紙や荷物がプラ製品素材で郵送されてきたら最大72時間ウイルスは生存
してる可能性があるということですよね?

 

防水加工?を施したようなツルっとしたパッケージもありますね。

 

また、お菓子のパッケージはプラマーク表示されているものが多いです。
自炊する人にとっては野菜のパッケージプラマークのついたものあると
思うのですが、自炊しないでわかりませんが…

 

だったら、最終的にそれを食べる人だってもしウイルスがついていたら感染を
拡大する気がします。

 

このようなことから食品(プラスチックパッケージ)の食毒もした方がいい
と思っています。私はなんでもかんでも食毒していますが。

 

私は外から持ち帰った物は消毒していますが、アベノマスクもプラパッケージ
でポストに入っていました。これももちろん消毒しています。

 

・免疫力を上げるのも大事な3点

ウイルスに対抗するための免疫力をあげるのにもっとも簡単なことは睡眠です。
これはちょっと調べていただければすぐ出てきますが科学的なデータもありま
す。

 

成長ホルモンの分泌促進や自律神経を整えることでメンタルヘルスに寄与する
などいろんなことが言われていますが、神経質的な気質があると普通に生活し
ていてもメンタルが乱れることも多いと思うのでその意味でも睡眠はいいと思
っています。

 

更に言えば良質な睡眠です。時間のあるこの時期に睡眠環境を整えてことを
してみるのもいいでしょう。

そして

 

2点目はありきたりですが、運動です。これは何もハードな運動でなくても
20~30分程度のウォーキングでいいと個人的には思っています。

 

散歩がてらという気分にはなかなかなれないものですが、天気がよければちょ
っと歩いてみるかというぐらいのノリでスーパーなどに行ってみるのもいいで
しょう。

 

3点目はビタミンCの摂取です。ビタミンCは抗酸化作用があります。
がん治療で高濃度のビタミンC点滴をしてるクリニックがあります。

 

代替医療としてもビタミンCは見直されているのでこれを生活に取り入れてみ
てみてはいかがでしょうか?

 

ちなみに私は1日4000gのビタミンCを摂取しています。

 

これに加えて抗菌作用があると言われているオリーブ葉のサプリも摂取してい
ます。

 

参考にしてみてください。

 

・あまり考えない、悩まないようにするのが私たち神経質な人間には実は一番大事かも知れない?!

どうも悩みグセがついていたり、特に意味のないことに意味を求め抽象的に考
えてしまうクセがあるのとその思考は色んなところに派生してしまいます。

 

考えるれば考えるほどネガティブ思考になるのは人間の性なので考えずに目の
前のことに意識を向けるようにすることをやってみるのが大事です。

 

すごく難しいですが、今にフォーカスしましょう!

それは、呼吸をしているということに例を挙げると

①鼻から10秒かけてゆっくりと空気を鼻腔を流れて行くのを感じ取る

②空気を取り入れると同時に肺が空気満たされるのを感じる

③口から15秒かけて吐き出されているのを感じる

このように五感に意識を向けるということです。

 

意識するのは難しいですが、こいうことをなおざりにせずに丁寧にすることは
今という瞬間にフォーカスすることができるので悩みだす前に朝起きたら意識
した呼吸を1分だけするというこから初めてもいいと思います。