過剰な確認行為、不潔に対する恐怖、縁起を担ぐためにするための行為や感情を持って疲労と戦いながら仕事と両立することはできるのか?

・神経過敏な敏感タイプのあなたは仕事でご自身の特性を生かせずに悩んでいませんか?

朝から取引先に渡す資料の確認や縁起を担ぐために4、9、13階でのエレベーター
での乗降ができない、トイレに行くと手洗いで時間がかかりすぎる…

 

 

また、これらが複合しているこれら以外にも様々なことにエネルギーを消耗してしまい、
いつも朝からぐたぐたになって、朝というより慢性化していて極度の疲労でずっと悩ま
されているということはないでしょうか?

 

 

もちろん個々によって反応するものがまったく違うのですが。

 

神経質気質の傾向が強いと就労はハードルが高いのは確かですが、働いている人もいる
のは真実です。

 

 

また極度の神経質であっても職種によっては支障がない物のありますが、結局のところ何
にあなたが反応して生活に支障があるのかをよく把握してその上でどんな職種なら出来そ
うかを精査すれば探しやすくなるでしょう。

 

 

例えば、営業職に就こうと思っているけど、車で轢いてしまったのではないかという危害
を他者に加えてしまったのではないかという観念が強いタイプの人は今の段階では、車を
使っての営業は不可能と言えると思います。

 

ただ、最終的には本人の問題であり危害を加えたのではないか?という観念がありながら
も轢いたり、事故を起こしてないかの確認の行為をしないようにトレーニングして働いて
いる人もいます。

 

 

これには自分の目的や目標があり、今後どうなりたいのかというイメージをしっかり描か
れなければ挫折する人も多いです。

 

 

仕事と自分の気質とをうまく折り合いをつけることが仕事と両立ができると言えるでしょう!

事項からはこれらの神経質における仕事の付き合い方を詳しく述べます。

 

・なんで?神経過敏タイプで生きづさを抱えていても働ける人と休職する人がいるのか?

神経質な気質があり働ける人と働くことができない人がいるのは個々の抱えてる症状と
職種が合うか合わないかによるからです。

 

 

前項では車での例をあげましたので、イメージしていただけたかと思いますが、
よりわかりやすくするために更にこの例を掘り下げてみましょう。

 

 

営業職で車の運転で轢いたのではないかという観念で悩まされている場合は基本的
にはこの車を使った営業は向きませんが、不潔に対する恐れの人だと会社の車で自
分が乗るときはハンドルを消毒したり、シートをファブリーズすることがあるかも
知れませんがその一連の行為をすれば車での営業は成立するでしょう。

 

 

逆も然りです。

 

 

不潔に嫌悪感のある場合トイレの清掃員はできないですが、車での轢いてしっまた
のではという観念のみ人だとこの職種は適応になるはずです。

 

 

しかし、今陥ってる状態で抗って今抱えてる問題をなおざりにしてる場合、つまり
自分の状態と職種が求めているもがマッチしない場合は休職、療養が必要になると
思います。

・第三者の客観的な視点と各々の状態の程度で労働適応の可否は決まってくる

いくら自分自身が働けると思っていても職場が求めてるスキルに自分の神経質が
起因することで業務に支障が出る場合は本人がマッチしていると思っていても第
三者の視点によっては不適応になるケースもありますね。

 

 

これは自分の特性をしっかりと理解して社会と自分の交じ合いすり合わせできる
ところを探すことで思い違いを解決することはある程度できます。

 

 

自己探求の意味も込めて紙に好きなことや嫌いなことなどを書き留めてみて
トレーニングしてみると出てくると思います。

・神経過敏な私がPCテクニカルのコールセンターオペレーターで感じたこと

私は物事の確認、汚いと思う物への嫌悪感などはじめいろんなところで神経質
な気質を発揮してしまいます。そういう意味で神経質の総合商社?とでも言っ
たところだと思います。

 

昔PCテクニカルサポートのオペレーターをしていたのですが、朝出勤すれば
キーボード、マウスの消毒からはじまり、オペレターなので顧客とのやりとり
の履歴をPCで入力する際にちゃんと書けたのかという確認に結構時間を費や
していました。

 

 

結局6カ月働きましたが、振り返るとストレスで悪化したのではないかと感じ
ています。

 

 

先述したことに強く反応するあまりに生きずらさを抱えてさらに電話対応のた
めストレスを抱えやすいという環境が神経質気質全般を助長したと思います。

 

 

因みに膨大な数の顧客情報を扱っているような通信会社だとセキュリティは厳
しくカードキーで入退室はもちろん、財布などの貴重品はクリアケースに入れ
て入退室時に委託の警備員にチェックされます。

 

 

このような環境なので、マイキーボードやマイマウス何てのはここの職場では
持ち込むことはできませんでした。

・自分の気質をどのように捉えられるかの素地を養う方がいいワケとは?

自分がどのような種の観念、気質が派生することで何に囚われているのかは客
観的に観るトレーニングも必要です。

 

 

しかし、観念などの渦中にいる本人にとってはそんな余裕はないのである種の不安
とパニックに陥り神経質モードに入ってることを見抜けないことが多いと思います。

 

そして見抜くことが非常に難しく、見抜けても確認などの行動を止めるということも
未だに難しく感じています。

 

 

しかし、このような状況でもなんかおかしいと頭の片隅では感じているはずです。
このわずかな感じを感じ取って行動をしないということを意識することはできる
はずです。もちろんイヤな思いはしますが。

 

 

でも続けていくと自分自身が現在抱えてることにフォーカスしてトライ&エラーを
重ねて行くことで時間はかかりますが、自分の本質をわかってくるでしょう。

 

 

そうすることで自分がどんな仕事に向いているか分析することもできるよう
になると思っています。

建設的な営みで没頭、執着できるものがない神経質気質の人は何を生業にすればいいのか?

・あなたは自分に合うような仕事に巡り合わなくて諦めていませんか?

日々次々に思い浮かぶイヤなイメージや観念、さらにそこからイヤ観念に派生することで
不安や心配が多くなり自分の特性も把握することも難しいということもあると思います。

 

 

しかし、このような感受性が高くて生きづらさを抱えてる場合でも経済活動は多くの場合
せざる得ないということになると思います。今のところは資本主義で生活をしているから
です。

 

 

多くの場合競争社会で生きているので、高い感受性を持ち合わせていると人間社会や組織
で他者との共存うまくできない場合が多々あると思います。

 

 

一見うまくやっているように見えても、ほとんど他者に迎合している状態だと思うので
心身共に疲弊してきてしまいます。

 

 

この記事では感受性が高く、組織で仕事をするのが難しく職を転々としてる方をメインに
まとめていきたいと思います。

・自分の適性と社会が求める物をすり合わせるとそれは仕事に成り得るかも知れない

職場の環境、職場での人間関係のストレス、仕事の内容など組織の歯車の一部になって
働いているとさまざまな問題がつきまといます。

 

 

それでも文句を言いながらでも大半の人は継続できているようです。鈍感なタイプの
人は気にも留めないので、心身の疲労なんてほとんどないと思います。

 

 

しかし、繊細な敏感タイプの人はほんの少しのことでもクヨクヨしてそこにエネルギー
を消耗させてしまいます。非常に疲れるのでもったいなのですが、それをコントロール
できないから苦しむこととなります。

 

 

それは例えば挨拶したけど返してもらえなかった、嫌われてるのか?逆に自分も朝挨拶
をされたけど仕事のことでいっぱいになっていて挨拶がおろそかになっていたのではな
いか?ちゃんと挨拶したかははっきりと覚えてない…

 

 

今後の人間関係が不安になるというようなことに、悶々と悩むのでそれだけで疲れて
しまいます。

この場合主観的に見てしまうので、客観的に捉える癖をつけるたいところですが。

 

 

こういうことを繰り返していると、仕事もなかなか続かないで自尊心を下げてしまい、
自分に自信をもつことも難しくなります。

 

 

だったら、自分の特性を見極めてフリーランスなどでも生計を立てれるようにするこ
もひとつの方法です。

 

 

じゃあ、どうやってフリーランスになるか?

 

それはあなたがなるべく好きなことを探して、社会が求める物にすり合わせて変換
することで仕事として成り立つでしょう。

フリーランスになるための予行練習として副業にするためのタネを撒いてみるのに
最適なのがココナラです。

 

ここで、あなたに好きな事、向いていることをトライ&エラーで試してみると
何らかの傾向が見えてくると思います。

・ストレスに対する免疫機能は長くても3カ月ぐらい

今は世界中コロナ禍ですから、自粛のストレスというので多くの人が不安や心配を
抱えて生活していると思います。

 

 

そして、ストレスを感じやすいタイプの人はだいたい3カ月ぐらいたった頃から
うつのような状態がずっとつづいて慢性化していると思います。

 

 

今この文章を書いてる時点でとっくに自粛期間から3カ月以上経っていますので、
うつっぽくなってる人は今年は例年より多いと思います。

 

 

ストレスに対抗するためのホルモンが枯渇するといつもストレスから守られてない
状態になるので自律神経が乱れたり昼夜逆転したりするようになって生活が乱れて
苦しんでる人が多いのではとおもいます。

 

 

私たち神経質気質の人も脳と心のマネジメントがうまくできなければ、いつでもこの
ような状況に追いやられてしまいますので注意が必要です。

 

 

敏感タイプで職を転々とするのも、3カ月周期ならやはり自分自身の問題を洗い出
して見つめなおす作業も重要だと思います。

・仕事や人間関係のストレスを減らすのにも運動がいい!

神経質で敏感タイプで気が滅入りやすいという場合でもストレスを下げる方法もあり
ます。

 

 

運動です!週1回でも2回でも30~1時間ぐらい運動をするという習慣を生活の
中に組み込めば脳と心のマネジメントをすることができます。

 

 

最初はウォーキングをすことから初めてみたりして、少しづつご自身に合わせて負荷
をかけていくのがいいと思います。3カ月ウォーキングを習慣にしたら、ジムに通っ
てスタジオプログラムでダンスやエアロビクスなどを受けてもいいと思います。

 

 

運動することで、夜は入眠しやすくなりますし、リズムが整ってくると朝も起きやす
くなるはずです。

・やはり動物は何かにすがりたい、依存したい、信じたい生き物なのだと思う

私たちのように神経質気質の人たちは何もないところから神経が昂っていることが
多いので、何かやりたいことや好きなことがあっても疲労が蓄積しやすくさらにそ
の疲労が慢性化しやすいのでなかなか自分自身と向き合うのが難しいですね。

 

 

で何か心の拠り所になるようなものがないから不安や心配におののきそれを打ち消し
て安心するために確認や繰り返しなどの行動をとることでしょう。

 

 

そしてそれが過剰になります。

「過ぎたるは猶及ばざるが如し」

という諺がありますが、不安、心配、恐れ、焦りなどが拍車をかけているんだと
と思います。ほどほどにすることは非常に難しですから。

 

 

結局人間はすがるものがなければ生きていけないんだと思います。

 

 

多くの人は神経が昂る前に何かすがれるものや息抜きになるものを探せるのだと
思います。

 

 

なぜ神経が昂るか昂らないかは脳の神経伝達物質などの化学反応によるものだと思い
ます。

 

 

神経質気質の人たちはこれがなかなか難しいからすがるものが探しにくいと思うの
ですが、自分自身モヤモヤしたときはなんとなくでも直観を信じることに意識を向
けるのもマイルールから離脱する方法でもあると考えています。