潔癖気味の人がスーパーやコンビニで買い物をして家に持ち帰った後に買って来た 食品、日用品を消毒するときのメンタル的負担の少ない方法

・潔癖のあなたは買い物して帰宅して消毒行為で疲れませんか?

スーパーやコンビニには家から出れない重度の潔癖の人以外はほとんどの人が利用
しているのではないでしょうか?

 

 

そして、買い物したすべての物を(もちろん新品)除菌しないと気が済まないという
タイプの潔癖の特性がある場合家に帰ってからも大変です。

 

 

買い物をから帰ってきたら大仕事ですから。真っ先にシャワーを浴びに行く人から
買い物してきた商品を消毒してシャワーを浴びたり各々方法があると思います。

 

 

この記事では外から持ち帰った商品の除菌などの扱いなどに関してまとめていき
たいと思います。

 

・外から持ち帰った物は気持ち悪いから徹底的に除菌しましょう!

買い物してきた商品に関して神経質気質の私たちは嫌悪感を覚えるのはいったて
普通だと思います。それだけ感受性とイマジネーションが豊だからこそのなせる
ものだと思います。

 

 

トイレで大便しても手を洗わずに陳列されてる商品を触る人もいますから。
店員が陳列するときに床に落とすとうこともよくあることです。

 

 

特にコンビニではレジと商品の陳列を客の流れを見ながらやっていたり、または
トイレ掃除をしながら客が来たらレジに走ってくるということもあり得ます。

 

 

ときにゴミ出しをしたりコンビニの外にあるたまった灰皿を替えてレジに戻って
くることもありますね。

 

 

レジカウンターにあるエタノールで手をパッと消毒していますが、かなりいい加減
です。

 

 

こんなスタッフにレジ打ちしてもらいたくないですね。おでんやホットスナックの
注文なんてもってのほかだと思います。

 

 

このように、いろんなケースをつぶさに観察すると世の中は如何に汚いということ
です。

 

 

なので、今除菌をするのをどうにかしたいという場合以外は、あなたがスッキリする
まで除菌すればいいと思います。そして、本当に除菌する時間や労力がつらいという
ときに許容範囲を見つければいいと思います。

 

・除菌で用意するものは透明ビニール袋45ℓ、70ℓ、キッチン用など物によって替える

買ってきた商品のパッケージを消毒するときには物の大きさ、形状によりいつも工夫
を求められますね。

 

 

というのも両手がふさがるもの、大きい物だと消毒をしながら消毒をしてない箇所に
触れた手も消毒をしながら商品の消毒をしないと汚染が広がってしまうからです。

 

 

もちろん、ビニール手袋をするなりしていると思いますが当たり前の話ですが関係
ないですよね。後々素手でさわらなければいけないですから。

 

私の場合は大きい物、例えば12ロール入りのトイレットペーパーとかは45リットル
ぐらいの透明袋に入れてエタノールをめい一杯噴霧しています。

 

 

エタノールまみれになった袋の中でシェイクするように、正確にはパッケージ6面を満
遍なく手でこするように消毒しています。

 

 

そして自分で納得するレベルになったときに、自分の中の家の中の聖域の一部で透明袋
の外側が聖域の他の部分に触れないように細心の注意を払って取り出します。

 

 

こうすることで手を消毒しながらパッケージを消毒しなくて済むので負担が少しラクに
なります。

・食品パッケージと割りばし、スプーン、フォークの消毒方法

私は惣菜や弁当のパッケージもこのような方法でエタノール消毒しています。
食品の場合は食品保存袋やジブロック、ダイソーに売ってるレジ袋に入れ替
えて前述のトイレットペーパー同様のやり方です。

 

 

ここで、問題が発生です。

 

デパ地下弁当や総菜だとパッケージが簡易的な物が多いと思いませんか?

 

そう!コンビニやスーパーの惣菜のようにラッピングされていないので、思いっきり
消毒すると食品にエタノールが染み込んでしまいますので…

 

 

わかりやすい例でいうと紙パッケージのサンドイッチとかですね。
化粧箱に上蓋をシールで留められて、蓋を開けるとサンドイッチの
断面の上にペラペラのセロファンが乗ってるだけですから。

 

 

こういうのは私はほとんど買いませんが、買うことがあれば家には持ち込まず、現場
処理です。(私は家の中で食品で汚れるのがイヤなので)

 

と少し話がずれましたが、簡易パッケージの消毒ですがこの場合私は消毒しません!
但しシンク内や調理台で食べます。汚れを最小にするための工夫です。

 

 

基本立ち食いの私なので苦になりませんが、さすがにシンク内に入れっぱなしは中腰
状態になることが多いので腰を痛めたり、肩を凝ることが多くなるので私のような方
法で食べる場合は気を付けてください。

 

 

またデパ地下でもらう割りばしは紙包装の物が結構あるので私はこれは捨てます。
スーパーで多めにもらっときます。

 

例えば

・納豆3パック入り1個を購入すると個数分の箸、
・ポテトチップスなどスナック菓子類は3膳(ほとんど買いませんが)
・缶詰も個数分など

何かにつけて箸やスプーン、フォークをもらう癖をつけておくといいでしょう。
おしぼりも置いてあるところでは積極的にもらうと役に立ちます。

 

スーパーやコンビニの箸類などは90%以上がセロファンなので前述のように食毒しやす
いです。

 

・家の聖域でも使うスマホってトイレより汚い!私のやってるスマホの除菌

潔癖じゃない人でもおそらく知ってると思いますが、スマホはトイレより汚いです!

 

 

だって買い物するときにメモアプリなどを見てその日買う物をショッピングカートに
入れて誰が触ったかもわからないカートを素手で押して、お金を触ったりしてスマホ
を触ったり…

 

 

電子機器の消毒ってなかなかしづらいと思いますが、毎日しないと雑巾よりに汚い
かも知れませんね。

 

 

汚れがどんどん蓄積されてきますので。

 

 

潔癖の人でも少しは安心できるスマホの除菌グッズ2アイテムをご案内します。

 

買い物に持って行ったスマホも帰ってきたらこれも消毒しないと私は気持ちが悪く
ておちつきません。

 

 

なので私は毎日除菌しております。

 

 

こんなときに役立つ除菌グッズアイテムですが、

 

①スマホ用赤外線除菌機器

目に見えて効果がわかるものではありませんが、なんとなく気分的には遠赤外線に
かけるとキレイに除菌された気がします。

 

 

ちなみにこれを使うときは食品や日用品のように袋に入れて大胆な消毒はできない
ので、スマホを赤外線消毒したら、この機器自体も消毒しています。

 

 

私のやり方としてはキッチンペーパーを自分の聖域外のところに敷いてからスマホ
を置いてその上から機器を被せます。

 

赤外線消毒が終わったらこの機器全体をエタノール消毒します。

 

②除菌スプレー「A2care」

スマホのケースに入れてる人が多いと思いますが、レザーの物はどうやって消毒をしたら
いいのか色々調べていた時期がありました。

 

無香料でエタノールの臭いがしないので、消毒した気がしないと感じるかも知れませんが、
除菌前と後の菌のグラフの検査結果があるのである程度いいと思います。

 

万能除菌、消臭スプレー「A2Care」を私は使っています。皮革製品も使えるのでレザー
ケースにも使っています。(気になる方は目立たないとこに少しつけてみて試してください。)

 

ANAの機内でも使われているようです。ひとつあるといろいろと重宝します。